下草刈り開始

⇒森林づくり+α 2014年08月30日 12:24

140830_1021~01.jpg140830_1020~02.jpg140830_1020~01.jpgこの春に植林した場所は急斜面で水が出ています。
そこで一昨年に植林した比較的平らな場所で下草刈りをしています。
ススキが鬱蒼として隠れています。でもみな青々と元気です。

posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

三宅島の風に起こされる

140830_0828~01.jpg140830_0830~01.jpg140830_0829~01.jpg雨は上がり好天に。風がひたすら吹いています。
綺麗な朝です。
アコウが実をつけています。小鳥たちの食糧になります。

posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

三宅島に着きました

140830_0504~03.jpg140830_0504~02.jpg140830_0504~01.jpg雨です。気持ちよいです。
まだ暗いです。
恵みの雨なのです。きっと。

posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

三宅島に向け出港

⇒森林づくり+α 2014年08月29日 22:24

140829_2210~01.jpg140829_2209~01.jpg小雨模様です。
竹芝桟橋は乗船客でごった返しています。
今回から新しい船です。橘丸と申します。
では暫しさいなら!

posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

三宅島の形成史

⇒森林づくり+α 2014年08月18日 20:00

120831メガネ岩@エコカフェ.JPG三宅島はフィリピン海プレートに乗っていて、水深300mから400mの海底からそびえる最高点の814m、直径約8qの円形の火山島です。[2013年8月31日撮影:メガネ岩@中村]

三宅島は伊豆-小笠原海嶺に乗っていて、火山体の基盤は前期一中期中新世(2000万年前頃)にできたと推定。後期更新世(約15万年前から1万年前頃)になると、海嶺で火山活動が活発化し、火山砕屑物や溶岩流を噴出、成層火山を形成し、やがて海上に姿を現す。7000年前から4000年前頃は、火山活動が不活発な時期とされる。その後、3000年前頃、大規模な噴火があり、山頂部が陥没して直径約4qのカルデラ(旧期カルデラ:標高300mから400m付近にその縁)を形成。その後の旧カルデラ内での噴火により再び成層火山に成長、さらに山頂付近に直径約1.8qの小カルデラ(新期カルデラ)を生じ、その南側に中央火口丘(雄山)が形成され、現在に至ります。

氷河期の最寒期であっても、三宅島周辺海底の水深からして伊豆半島と陸続きであったとは考えられません。むろん、対馬海峡、津軽海峡も閉鎖することはなかったという。


関連記事(第9回みんなの森づくりin三宅島)⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ

posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

三宅島沖合の三本岳は

⇒森林づくり+α 2014年08月17日 16:30

120527三本岳@エコカフェ.JPG三宅島の西方約9qの沖合に通称「三本岳」が切り立ちます。いつみても波間に霞んで見えるのですが。正式名称は「大野原島」というらしい。[2012年5月27日撮影:第4回エコカフェみんなの森づくり@阿部]

水深300mの海底から富士山型の海底火山の頂上のほんの一部が海面に顔を出しているに過ぎない。高い三つの突岩(子安根、海老根、大根)とノコギリ根、間の根、青根、文蔵ね、カサゴ根、マカド根、平根など数個の小岩からなる溶岩円頂丘。いずれも安山岩という。最高は子安根の約114mで、IUCNレッドリスト絶滅危惧U類、国指定天然記念物に指定のカンムリウミスズメの繁殖地でもあるそうです。また、周辺の海域ではカンパチ、ヒラマサ、メジ、ハンマーヘッドシャークなどの回遊魚が見られるそうです。

伊豆諸島には、海底火山の一部が海面に顔を出している銭洲、藺灘波、ベヨネーズ列岩(ハロース)、須美寿、鳥島、孀婦岩など多くの岩礁が連なります。また、小笠原諸島には西之島や海形海山、海徳海山、噴火浅根、海勢西ノ場、福徳岡ノ場、南日吉海山、日光海山などの海底火山が控えています。


関連記事(第9回みんなの森づくりin三宅島)⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ

posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

伊豆諸島の植生の特徴を斬る

⇒森林づくり+α 2014年08月15日 07:08

111126オオムラサキシキブ果実@エコカフェ.JPG8月下旬、エコカフェでは恒例になった三宅島での植林地の下草刈りを実施します。温暖な気候のため降水量も多くハチジョウススキなどの下草が植樹した幼木を覆い隠し、日光を遮ってしまうことが多いからです。日照不足による立ち枯れを防いであげる必要があるのです。人の手によるものの弱さがそこに潜んでいるのですね。

さて、三宅島や大島など伊豆諸島に特徴的な植物として、オオシマカンスゲオオバヤシャブシガクアジサイハチジョウキブシハチジョウイタドリハチジョウイボタオオムラサキシキブ、ハチジョウススキなど70種が、うち伊豆諸島固有種も知られます。共通する特徴は、葉が大きく、根には根粒菌を共生させ荒地でも積極的に進出することが可能ということです。環境適応しようとする植物たちの本質がそこにはあります。最終氷期(7万年前から1万年前頃まで)、伊豆諸島は本州と陸続きであり、気候も寒冷なため、一帯はブナ帯であったと考えられています。現在、伊豆諸島に徴的な植物の近縁種は、本州の標高800m以上のブナ帯で見出すことができるのです。ヒメカンスゲ、ヤシャブシ、ヤマアジサイキブシ、ムラサキシキブがそうです。

エコカフェの草花教室や自然観察会は、そんな植物たちの環境に適応しようとする生命力のすごさを理解したり、気づいたりする良い機会ともなっているのですよ。美しさや逞しさの奥にある本質こそ本物です。


関連記事(第9回みんなの森づくりin三宅島)⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ

posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

三宅島伊ヶ谷の獅子舞に礼讃

⇒森林づくり+α 2014年08月14日 20:21

101127和気あいあい@エコカフェ_.jpgこの月末に三宅島を訪ねることになっている。エコカフェが継続する森づくり、植林活動のお手伝いである。今年で5年目、9回を数える。三宅島を何とか元気にしたいという島出身の村上さんとの出逢いから、協力ができることがあればと始まった。初めての訪島、歓迎の獅子舞が忘れられない。本来は火伏せ祈願のため稲荷神社に奉納したものという。

2000年の雄山噴火から14年歳月が流れ、4年5ヶ月に及ぶ全島民避難を経て、人口は3/4と減少したものの、島民の暮らしは平穏さを取り戻しつつある。しかし、今日でも火山性ガス対策には万全の注意が払われている。自然との向き合う人びとの健気な生活がそこにはある。脅威である火山を唯一絶対の資源として命を吹き込み、三宅島の価値を高めるけん命の取組が役場や観光協会を中心に進められている。

エコカフェの活動の基本は「組合せによる創意工夫」と「継続」である。三宅島の森が自然の摂理に従って、順序良く再生するように、島の人びとの生きる力に、エコカフェのメンバー一人ひとりが素直に向き合っていくことを願うばかりである。


関連記事(第9回みんなの森づくりin三宅島)⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ

posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

三宅島民謡「島ずくし」の心意気は

⇒森林づくり+α 2014年08月13日 20:00

120831御蔵島@エコカフェ.JPG島のはじめは大島よ 利島つまんで新島よ
神は式根のとまり島 親はなけれど神津島
親の行方を訪ねんと 三本岳をば杖にして
御蔵島をば脚絆たび
おんばせ指して行きたいが 銭州、銭州でゆかれない
こんな所にゃいなんば島 行く先暗い青ヶ島
私の訪ねる父島よ 母を訪ねて母島よ
姉と妹の泣き別れ 八丈丹後をついに着て
めでたくおさまる三宅島


三宅島で唄われている「島ずくし」、発祥の地もいつの頃かも不詳という。
今日、唄うことのできる人も少なく、聞くことのできる機会もめったないいう。
島を愛し、島で暮らすおじいやおばあ、唄には何世もの魂が宿っている。


関連記事(第9回みんなの森づくりin三宅島)⇒人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ

posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

第9回みんなの森づくりin三宅島

⇒森林づくり+α 2014年07月24日 19:56

109.JPG
今年の6月に行なわれた三宅島での植林活動は、小雨が降りしきる中200本を植えてきました。
急な斜面のところでしたので、ちゃんと根付いているか心配です。
今回は、8月の草刈に行きます。
自分達が植えたところは、しっかりメンテナンスしていきます。
逞しく育っていることを期待して!

・日 程:2014年8月29日(金)〜8月31日(日)
・定 員:8名
・参加費:【エコカフェ会員価格】30,000円、【一般価格】35,000円
     (往復船[特2等船室、2等船室]、宿泊、仮眠朝食)
・行 程:8月29日 21:45 竹芝桟橋集合 受付(第一待合所)
           22:20 竹芝発(さるびあ丸)【特2等船室】
     8月30日  5:00 三宅島着
                 仮眠休憩朝食
           10:00 草刈(今まで植林したところの草を刈る)
           12:00 昼食
                 海水浴や釣りなど
           16:00 温泉:「ふるさとの湯」(500円別料金)、その後宿にて夕食
     8月31日 午前中  フリー
           (オプション:釣り、アカコッコ館、長太郎池、大路池等で鳥や魚、植物の観察)
           14:20 三宅島発(さるびあ丸)【2等船室】
           20:30 竹芝着

・持ち物:軍手、長袖、長ズホン、帽子、歩きやすい靴、洗面用具

申込締切日:8月20日(水)まで

【主催】NPO法人エコロジー・カフェ
【協力】三宅島森林組合、三宅村役場、三宅島観光協会

posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(3) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

伊豆灯台にて

⇒森林づくり+α 2014年06月08日 22:25

DSC_1223.jpgお天気とともに晴れやかな笑顔!

posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

三宅島にさよならを

DSC_1249.jpgDSC_1248.jpgお天気にめぐまれた今日は、島内一周観光を終え、三宅島を後にします!
また、次回を楽しみに一時のお別れです。

posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

梅雨空一変

DSC_1214.jpg快晴!
島一周中です。

posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

無事完了

⇒森林づくり+α 2014年06月07日 21:38

DSC_1205.jpgDSC_1206.jpgDSC_1211.jpg午後に植林に行きました!
なんとか晴れ間もみえ、雨に降られずに終わるかと思われましたが…やはり梅雨の勢いにはかなわず、小雨が降りしきる中200本を植えました!
ツバキ、サカキ、タブの三種類をわずか1時間足らずに植えるという早業?を成し遂げました!
みなさん、ずぶぬれ泥だらけでしたが、無事怪我もなく任務完了できました!
お疲れさまでした。&三宅村森林組合、三宅村役場のご担当者の皆様ありがとうございました♪

posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(1) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

つかの間のお休み

DSC_1203.jpg雨と風が強いので、植林活動は午後にすることにしました。
少しでも晴れることを祈ってください!

posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(1) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

到着〜

DSC_1201.jpg 雨が…強くなってきた!
今日の植林はどうしたものか(@_@)
ご飯食べてから相談だ!

posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

三宅島に向けて

⇒森林づくり+α 2014年06月06日 23:53

DSC_1200.jpg今回は、7名での植林活動になりました。
大雨ですが、負けずにがんばります!
いってきます!

posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(1) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

第8回エコカフェみんなの森づくり

⇒森林づくり+α 2014年05月12日 18:12

R0014292.JPG今年で6年目となる三宅島での植林活動。
毎年、わずかな本数ですがコツコツと植林してきました。
5年前に植えた木々も夏の草刈の成果もあり、だいぶ大きくなり嬉しい限りです。
今回も少しずつですが三宅島の緑の回復にお手伝いしたいと思います。
また、バードアイランドとして有名な三宅島ですので、鳥の声をシャワーのように浴びながら植林を体験してみましょう!

・日 程:2014年6月6日(金)〜8日(日)
・定 員:8名(5月28日現在:残り1名)
・参加費:【エコカフェ会員価格】30,000円、【一般価格】35,000円
     (往復船[特2等船室、2等船室]、宿泊、仮眠朝食込み)
・行 程:6月6日 21:45 竹芝桟橋集合 受付(第一待合所)
          22:20 竹芝発(さるびあ丸)【特2等船室】
     6月7日  5:00 三宅島着
                仮眠休憩朝食
          10:00 植林(ヤブツバキ、ヒサカキ、ハチジョウイボタなど地元の植物を植える)
          12:00 昼食
                溶岩遊歩道や桟橋での釣り、島内散策など
          16:00 温泉:「ふるさとの湯」(500円別料金)、その後宿にて夕食
     6月8日 午前中  フリー
          (オプション:釣り、長太郎池、大路池等で鳥や魚、植物の観察)
          14:20 三宅島発(さるびあ丸)【2等船室】
          20:30 竹芝着

申込締め切り:5月30日(金)

【主催】NPO法人エコロジー・カフェ
【協力】三宅島森林組合、三宅村役場(申請中)

posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(2) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

一次隊は一足先に離島!

⇒森林づくり+α 2013年09月01日 12:46

130901また来るね@エコカフェ(三宅島).JPG130901かめりあ丸@エコカフェ(三宅島).JPG
草取り作業後のご褒美を
冷たいシャワーが全身に美味しかった
身体中の毒素が汗とともに流れ落とされてゆくようだ
生まれ変わったような清々しい気分に包まれる
130901神々の降臨@エコカフェ(三宅島).JPG充実のひと時を過ごし一次隊は一足先に東京へ向けて出港する
波立つ船上からの三宅島の光景は印象的であった
私たちの自然への奉仕に天から来光が降り注ぐ

島全体が神々の感謝の来光に包まれているかのようだった


関連記事(第7回みんなの森づくりin三宅島)⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ


posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

無事救済した苗木たちin三宅島

130831滴る汗に@エコカフェ(三宅島).JPG130831ヤブツバキ@エコカフェ(三宅島).JPG汗だくになりながら、
三宅島をおおう雲に救われながら、
深く生い茂るススキに悩まされながら、
生ぬるく湿った風に悩まさせながら、
救済活動に集中
130831弱っていた苗木@エコカフェ(三宅島).JPG130831応援に駆け付けた三宅村役場の鎌田さん@エコカフェ(三宅島).JPG
元気な苗木はわずか、
虫に葉を喰われ、日光不足で、
青色吐息の多くの苗木たち

途中、応援に駆け付けてくれた三宅村役場の鎌田一家、
130831どこまでも愛らしく@エコカフェ(三宅島).JPG130831大きくなった@エコカフェ(三宅島).JPG喉を潤すことができ、
愛くるしいぼっちゃんたち、
元気をいただき無事終了

再会の喜びとともに、みなさんご苦労様でした


関連記事(第7回みんなの森づくりin三宅島)⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ


posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ