ウラジロ(裏白)は古い形態の持ち主

⇒寺子屋/学びツアー 2011年12月24日 14:24

111218ウラジロ(上賀茂試験地)@エコカフェ.JPG第6回エコの寺子屋、上賀茂試験地の森を散策中に山道脇の崖地にシダ植物の群落を見かけました。コシダウラジロがその主役ですが、どちらも生育環境が近いことによるのでしょう。ウラジロはシダ植物の中でもカニクサ属と同じように葉先に成長点をもっている維管束植物の古い形態を維持していると考えられています

ウラジロ(裏白、学名:Gleichenia japonica Spr.)はウラジロ科ウラジロ属の暖地性の薄嚢シダ植物。分布は本州中部以西、四国、九州、南西諸島から広くアジアの熱帯地域に及び、低山の照葉樹林の林縁や疎林の日当たりのよい場所に自生。時として群落をつくります。
111218ウラジロ群落(上賀茂試験地)@エコカフェ.JPG草丈は国内では2mほど、熱帯地域ではつる性で10mにも成長。地下茎は硬くよく這って、よく葉柄を1mほども立ち上げ伸ばします。その先端は2つの羽片に分かれ、それぞれが2回羽状複葉になり、その小羽片は細長楕円形で裏側は白っぽく、薄茶色の丸い胞子嚢が並びます。2つの羽片の間の葉柄の先端には苞葉に包まれた休止芽があり、翌年に目覚め葉柄を伸ばしその先端が2つの羽片に分かれ、その間に休止芽ができる。国内ではこれを3回ほど繰り返し枯れることになるそうです。(熱帯地域では10mになるまでに繰り返すといいますが生育環境の違いによるものでしょう。)葉も茎の集合体であるという古い形態を残しているんですね。

ウラジロの葉はお正月の注連縄飾りや鏡餅の下敷きに利用するほか、マツタケを包む葉としても利用されますね。栽培は難しいそうですが、野生化では一度群生すると枯葉が厚く堆積し、他の植物の侵入を拒むといいます。なんとも。

関連記事(ジュウモンジシダ)⇒人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ



続きを読む
posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

カナメモチ(要黐)は照葉樹林低木層の主役

111218カナメモチ果実@エコカフェ.JPG第6回エコの寺子屋、京都大学上賀茂試験地の森で見つけたもう一つの赤い実。カナメモチの実です。ソヨゴの赤い実が女性的なのに対してこちらは男性的な感じのする実ですね。リース作りのアクセントに持って来いです。[2011年12月18日撮影:カナメモチ@阿部、オオカナメモチ@阿部]

カナメモチ(要黐、学名:Photinia glabra(Thunb.) Franch. & Sav.)はバラ目バラ科カナメモチ属の常緑小高木。111218オオカメノキ@エコカフェ.JPG分布は本州東海地方以西、四国、九州と中国に及び暖地の山地などに自生。照葉樹林低木層の構成樹種のひとつです。
樹高は3mから5mほど、古木では10mにもなり樹皮は灰黒色で縦横に割れ目が入り剥落。葉は互生し、葉身は7cmから12pで長楕円形、革質で光沢があり、葉縁に細かな鋸歯がある。乾燥に強い。
花期は5月から6月頃で、枝先に集散花序をつけ多くの白色の小さな花をつける。花は径約10o、5弁花で花弁が平開し、多数の雄蕊が目立つ。果実は果肉が厚く球形で冬に真っ赤に熟す。

カナメモチの仲間は東南アジアを中心に約60種が知られ、試験地内の講義室脇には岡山・愛媛以西から南西諸島、中国などに分布するオオカナメモチ(大要黐)が植えられていました。生け垣などにされるレッドロビン(アカメとも)は新芽が真っ赤で美しいですが、カナメモチとオオカナメモチの交配種だそうですよ。へえですね。

関連記事(魅力たっぷりのソヨゴ(冬青))⇒人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ


posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

魅力たっぷりのソヨゴ(冬青)

⇒寺子屋/学びツアー 2011年12月23日 22:45

111218ソヨゴ果実@エコカフェ.JPG第6回エコの寺子屋、京都大学上賀茂試験地内を散策しながらリース作りのための素材集めもしました。柴田昌三先生によると、試験地の森はかつては近隣の住民らの里山であってアカマツコナラの山であったと考えられているそうです。ソヨゴはアカマツの二次林の構成樹種としてよく出現するそうで、試験地内にもソヨゴがよく見られちょうど赤い実を長い柄の先につけていました。[2011年12月18日撮影:上賀茂試験地@阿部]

111218ソヨゴ2@エコカフェ.JPGソヨゴ(冬青、学名:Ilex pedunculosa Miq.)はニシキギ目モチノキ科モチノキ属の常緑小高木。分布は本州関東・甲信越以西、四国、九州、中国、台湾、韓国東部に及び、山地の痩せた林内などに自生。宮城県に隔離分布している個体が確認されているそうです。
樹高は3mから8mほど、根は浅く横に走り、樹幹は傾きやすく、匍匐した茎などからは根を出して増えます。葉は互生し、葉柄は長く卵状楕円形で革質、葉身は4cmから8p、全縁で波打ちます。乾燥に強い葉であることが分かりますね。
花期は6月から7月頃、雌雄異株で、雌花は葉腋に単生、雄花は集散花序に数個つく。花は径約4oの白色の4、5弁花、長さ7cmもの花柄の中間には小さな苞葉がつく。果実は核果で径約8o、秋に苞葉は落下し赤く熟します。生育地は痩せた土壌の場合も多く、種子発芽が簡単には起こらないらしく、匍匐した茎から根を出して増やしていく戦略をとっていると考えられています。[参考:アシウスギの戦略]

名前の由来は葉が風にそよぐと擦れる音を出したことによります。かつては良質の薪炭としても利用されたようです。葉は革質でクチクラ層が丈夫なため、火にくべると葉内部の水蒸気で皮が膨れてパチンとはじけるという。このため「フクラシバ(膨ら柴)」の別名があるほどです。たき火のときに細い生木をくべるとパチパチ音がするのと同じですね。何れにしても魅力たっぷりの木ですね。

関連記事(カリン(花梨)の果実を)⇒人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ


posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

カリン(花梨)の果実を

⇒寺子屋/学びツアー 2011年12月21日 00:00

111218カリン(上賀茂試験地)@エコカフェ.JPG第6回エコの寺子屋、京都大学上賀茂試験地の標本館の前にカリンの木があります。細い枝にこぶし大の薄黄色い果実がなっていました。なんと足元にも落下した果実が1個、ごろんと転がっていました。
柴田先生から「もち帰っていいよ」との声。カリン酒でもつくろうかと、ジャンプしてもぎ取ったが、完熟らしく表皮はろう質でねばねばしていましたよ。

カリン(花梨、榠樝、学名:Chaenomeles sinensis Dum.-Cours.)はバラ科ボケ属の落葉高木。分布は中国東部、日本には古く移入し耐寒性があり広く栽培。
樹高は12m、樹肌は緑褐色で鱗片状にはがれ、枝は四方に広がり棘状の小枝がつく。葉は互生し、有柄で倒卵形から楕円形、葉身は3pから8pで先が尖り、葉縁に鋸歯がある。若葉の裏面には綿毛があるが、やがて脱落し堅い葉に変わる。
花期は3月から5月頃で、枝先に径約3p、淡紅色の5弁の花が1個咲く。果実は未熟頃には表面に綿毛が密生するが、10月から11月頃に黄色く熟すと脱落し、表皮にろう質が分泌、トリテルペン化合物の芳香がする。果実は果糖、ビタミンC、タンニン、アミグダリン、リンゴ酸、クエン酸などが含まれ、果実酒にしたり、咳止めや喉の炎症を抑える効能があることから古くから民間療法に使われたり、近年ではのど飴などに配合されたりしている。

カリン木は茶室の床柱として利用されたり、材が緻密で堅く色調が辺材で淡紅色、中心材で暗紅色であることから家具や装飾部材などとして利用されるという。


関連記事(足元にクサボケの赤い花)⇒
関連記事(クサボケの果実)⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ



続きを読む
posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

チャンチンモドキ(香椿擬)は珍しい

⇒寺子屋/学びツアー 2011年12月20日 14:15

111218チャンチンモドキ@エコカフェ.JPG第6回エコの寺子屋、上賀茂試験地の森には珍しいチャンチャンモドキの大木がある。かつて移植したものだ。たくさんの果実を枝につけていて、樹下にも落葉とともに幾つか落下していました。柴田昌三先生から食べられるよと、お誘いの言葉。口に含んでみると、果肉は粘り気があり酸味のある梨のような味がしました。美味しい?

チャンチンモドキ(香椿擬、学名: Choerospondias axillaris (Roxb.) B.L. Burtt & A.W. Hill var. japonica (Ohwi) Ohwi )はムクロジ目ウルシ科チャンチンモドキ属の落葉高木。111218チャンチンモドキ果実@エコカフェ.JPG分布は中国南部から東南アジア北部、ヒマラヤ周辺にかけてと日本国内では熊本県と鹿児島県の一部のみ、暖地に自生。1属1種。絶滅危惧TB類。雌雄異株。
樹高は約25m、樹皮は赤褐色で縦に細かく裂け、葉はウルシやハゼに似て奇数複数羽状で4から6対の小葉が対生、葉縁に粗い鋸歯があります。
花期は5月頃、枝先に円錐花序をつけ小さな赤褐色の花を咲かせる。果実は核果、径約2cmで秋に汚黄色に熟します。

名前は中国中部から北部にかけて自生するセンダン科のチャンチンに似ていることに由来するそうですが、残念なことに肝心のチャンチンを知りません。


関連報告書(第 2 回エコの寺子屋 @ 元立誠小学校)⇒
関連記事(都市近郊の二次林=里山)⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ


posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

リース作りの成果=作品

⇒寺子屋/学びツアー 2011年12月18日 18:20

111218リース作品7@エコカフェ.JPG111218リース作品2@エコカフェ.JPG今回のエコの寺子屋は12月の開催ということで季節にちなんだものとしてリース作りに挑戦していただきました。しかも、上賀茂試験地の森で採取できる天然の素材を利用することにしました。
皆さんなかなかの出来栄えだったようです。
関西事務所の田中さんも大石さんもお見事です。
制作したリースはもちろん皆さま自宅に持ち帰っていただきました。
ご家族の方々にもよいプレゼントができたのではないでしょうか。

リース作品1@エ111218コカフェ.JPG111218リース作品3@エコカフェ.JPG111218リース作品6@エコカフェ.JPG

@第6回エコの寺子屋      関連記事(リース作りに挑戦)⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ


posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

リース作りに挑戦

111218リース作り説明@エコカフェ.JPG柴田先生に上賀茂試験地を案内していただいた後、参加者は初めてのリース作りに挑戦です。子どもたちは直ぐに飽きてしまい、戸外に遊びに行ってしまいました。

材料は試験地の森で集めた、いろんな種類のどんぐりや松笠、いろんな種類の松の葉や杉の葉、ソヨゴやカナメモチなどの赤い実、アオモジの青い花芽、ツル植物の枝などと100円ショップで買ったリボン、ベルなど。子ども以外は夢中になっていましたよ。

111218リース作り中@エコカフェ.JPG111218リース作り中2@エコカフェ.JPG111218リース作り材料@エコカフェ.JPG 

@第6回エコの寺子屋
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ


posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

都市近郊の二次林=里山

111218比叡山2@エコカフェ.JPG午前中の柴田先生の講義に続いて、午後は上賀茂試験地(京都市北区上賀茂本山)内の森の散策です。
ここはかつてはアカマツコナラなどの広葉樹を主とする森林であって、近隣の住民が里山として薪を取ったりキノコ、山菜を取って利用してきた山であったそうです。[2011年12月18日撮影:比叡山を眺望(上)、ナラ枯れ対策(下)@上賀茂試験地]

柴田先生の講義にもあったように、里山は伐採や柴刈り、火入れなど人の手が入ること、つまり人的撹乱が加えられることで多様な生物が生息する環境が維持されてきたのです。放置されることで森は極相林へと遷移が進行し、生物多様性も低下していきます。現在、京都周辺の森でもマツ枯れに加えて、ナラ枯れが脅威となっているそうです。111218松枯れ対策@エコカフェ.JPGこのため、2000年から試験地内では人工的なギャップを創出し、植生変化を調査しているそうです。今回は残念ながら時間の関係で足を運ぶことができませんでした。次回以降に期待したいですね。

フィールド散策では京都大学が誇るマツ属、タケなどのコレクションやナラ枯れ対策の取組みを説明を受けたり、チャンチンモドキの果実を試食したり、リース作りのためのソヨゴ、カナメモチの赤い実、松の葉などを集めたりしました。また、比叡山の山頂が前夜に降った雪のため薄ら白く化粧していたのが印象的でした。

@第6回エコの寺子屋     関連記事(アカマツ林の憂鬱)⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ


posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(2) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

第6回エコの寺子屋の始まり

⇒寺子屋/学びツアー 2011年12月17日 11:49

IMGP0865.JPG昨夜はこの冬一番の冷え込みで比叡山などでは雪が積もりました。第6回エコの寺子屋は比叡山も見渡せる京都大学の上賀茂試験地で始まりました。講師は柴田先生です。

上賀茂試験地は世界中の90種の松のうち現在でも77種が生存しているそうです。
戦後に日本の山がはげ山になっていたのを緑に戻そうと考え、「どの松が一番いいのか」とのテーマで実験をしていたそうです。
マツカサ標本@エコカフェ.JPGしかし、日本の森の再生はスギの植林のほか気候が湿潤でありほおっておいても緑に戻っていったそうです。同時にマツノザイセンチュウが外材輸入とともに侵入し、マツノマダラカミキリが媒介し、松枯れを起こし、マツ山は深刻な状況になっているそうです。
したがって、今は「どの松が強いのか、弱いのか」が研究テーマになってしまっているそうですよ。

講義は進み、鞍馬の火祭、五山の送り火に及んでいます。何れも松が重要な役割を果たしているそうですよ。
さらに、ナラ枯れの話に進んで....五条通にまで、さらにさらに南下しているそうで....。
あらあら、里山の代名詞、アカマツコナラが深刻になっているんだそうです。

関連記事(第6回エコの寺子屋のご案内)⇒
posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

第6回エコの寺子屋のご案内

⇒寺子屋/学びツアー 2011年12月11日 17:02

05090009.jpg身近なテーマから環境を考えるエコの寺子屋。今回は京都市内に近い上賀茂試験地で講義と森の散策を行います。冬の芽など植物たちの来春にむけた準備も観察できそうですね。

〇日 時:平成23年12月17日(土)11時〜15時
・11:00 講義(講師:京都大学フィールド科学教育研究センター長 柴田昌三教授)
・11:30 昼食(各自持参のこと)
・12:00 散策
・13:30 リース作り
081108フィールド学習011(調整池).JPG〇会 場:京都大学フィールド科学教育研究センター里域ステーション上賀茂試験地
・住所 〒603-8047 京都市北区上賀茂本山2(地図はこちら⇒)
〇定 員:10名(小学生以上)
〇参加費:300円(教材費:リース作り)


[お申込・お問合せ先]
〇NPO法人エコロジー・カフェ 関西事務所(пF075-344-8067、Mail:kansai@ecology-cafe.net)

主 催:NPO法人エコロジー・カフェ/京都大学フィールド科学教育研究センター
後 援:京都府/京都市
特別協力:潟Wェイ・エス・ビー   協力:潟xネフィット・ワン

関連記事(芦生の森から新たな価値創造を)⇒人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ



posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(1) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

うつぼの迫力

⇒寺子屋/学びツアー 2010年09月29日 17:07

1009226IlwуcA[ 063.jpg京大の水族館(瀬戸臨海実験所)には、様々な魚たちが泳いでいる。
紀伊半島沖で見られるものから、そうでないものまでいろいろ。
水族館には、10年近く生きている魚もいて大きな体になっている。魚には、はっきりとした寿命はないそう。

その大きな体の魚のなかにウツボも。
圧倒されるほどの大きさ。
顔が怖い。歯も鋭い。
その隣で、食べると美味しいよねという声が。
見た目と中身は違うようだ。
posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

水族館の裏側には

⇒寺子屋/学びツアー 2010年09月23日 16:58

1009226IlwуcA[ 073.jpg1009226IlwуcA[ 051.jpg
京大には、国立大学で唯一の水族館がある。
年間6万人が入るという。
休日の本日も、家族連れで賑わっている。
今回は、表の展示されているところも楽しみながら見て歩き、その後水族館の裏側も見ることができた。
どのような仕組みになっているのか、魚を飼育するための工夫や餌など贅沢にも白山先生の案内で見ることができた。

posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

イカとタコの違いは?

⇒寺子屋/学びツアー 2010年09月22日 16:56

20100922152120.jpg20100922152307.jpgイカの解剖を体験した。
腎臓はどこにある?
心臓は?
と、なれない手つきで進めていく。
白山先生よりイカとタコの違いは何かという質問。
足の数との答えが多いが、実は足の吸盤に爪がついているかどうかが、大きな違いなのだそうだ。
いつも、美味しく食べているが体の特徴を詳しくみることがない。
こうした体験は、非常に勉強になった。

posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

海に浮かぶ円月島

20100922130844.jpg青空輝く秋の空。
しかし、日差しは強く暑い。
実験所の正面に円月島が見える。
青の中に浮かんでいるようだ。

posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

南紀白浜に到着

20100922123548.jpg駅では、パンダのお出迎え。
これから、学びツアーが始まります。

posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

唐桑湾のマガキの魅力は

⇒寺子屋/学びツアー 2010年09月16日 12:35

100821XCwуcA[ 111.jpg畠山重篤さんの話によると1960年代、70年代にフランスの養殖カキ(ブロン種)が冷害や病気で絶滅の危機に瀕した際に、援助の求めに応え、宮城県からマガキを輸出し、危機を救ったという。唐桑湾のカキもそんな逞しいカキの子孫たちなのである。しかも、唐桑湾は海底から一年を通じて淡水が湧き、清らかな汽水域であるのため、夏場であってもカキを生食できるのが魅力的である。

100821XCwуcA[ 097.jpg兎も角、カキは「海のミルク」とも呼ばれ、私たち身体をつくるのに必要とされる良質なたんぱく質、タウリン、グリコーゲン、体内で合成できない必須アミノ酸9種、亜鉛、カルシウムなどのミネラル類やビタミン類など多様な栄養素を多く含む優れた食べ物なのである。
注)必須アミノ酸9種:トリプトファン、リシン、メチオニン、フェニルアラニン、トレオニン、バリン、ロイシン、イソロイシン、ヒスチジン

しかしながら、カキは、二枚貝の仲間であるため他の二枚貝と同様に、水質など生育環境によっては、食中毒症状を引き起こす貝毒、大腸菌などの細菌、ノロウイルスなどを体内に取り込むことがある。念には念をということで、鍋物やフライなど加熱処理することで無毒化でき、美味しく食することができるのです。

関連記事(志津川湾で天然マガキを)⇒人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ


posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

志津川湾で天然マガキを

IMGP8958.JPG志津川湾の岩礁域の潮間帯で数個のマガキを見つけた。群生しているでもなくポツンポツンと離散点在し、各個体は小さい。これらの個体は湾内の養殖筏から流れてきたマガキの幼生が着床したものではないだろうか。

マガキ(真牡蠣、学名:Crassostrea gigas(Thunberg))はウグイスガイ目イボタガキ科に属する二枚貝であって、北海道から九州、朝鮮半島、中国大陸の沿岸、汽水域の岩場に棲息し、植物プランクトンを餌としている。牡蠣の名前は、岩礁から掻き落とすことに由来するという。

今日、私たちが口にするのは広島、宮城、岡山などで養殖されたものが殆どであるが、日本では縄文時代からハマグリなどとともに食され、室町時代には広島などでは養殖が始まったとされている。一方、世界各地の沿岸地域でもカキは食され、かのカエサルも好み、古代ローマ期には養殖がされていたという。

生食を嫌う欧米の食文化にあって、カキは生で食する例外の代物である。それほどに旨いということだろう。日本では古くから産地でのみ生食をしていた。恐るべし。

関連記事(森里海学びツアーin気仙沼・志津川)⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ


posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(3) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

第6回南紀白浜学びツアーのご案内

⇒寺子屋/学びツアー 2010年09月07日 18:30

081123@010.JPG今年も南紀白浜エコツアーを開催いたします。
京都大学フィールド科学教育研究センター瀬戸臨界実験所にて、海の生物の解剖やNaGISAのサンプリングを実施する予定です。なお、本プログラムは、京都大学教養学部1年生のポケゼミと合同で実施されます。なお、現地集合、現地解散で、日程の一部に参加することも可能です。

1 テーマ:「なぎさの生き物から海洋生態系を学ぼう」
2 日 時:平成22年9月21日(火)〜24日(金)
3 場 所:京都大学大学院理学研究科附属瀬戸臨海実験所(地図はこちら⇒
      (〒649-2211 和歌山県西牟婁郡白浜町459)
4 対 象:エコカフェ会員、サポーター会員
5 講 師:白山義久所長・教授
6 主 催:特定非営利活動法人エコロジー・カフェ、京都大学フィールド科学教育研究センター
7 申込み・問い合せ先
特定非営利活動法人エコロジー・カフェ関西事務所 (大石・助野)
TEL:075-344-8067 (平日9:00〜18:00)、FAX:075-341-2817
E-mail:kansai@ecology-cafe.net

関連記事(第5回南紀白浜学びツアー開催)⇒
posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

唐桑湾の風景を

⇒寺子屋/学びツアー 2010年09月05日 19:49

IMGP8999.JPGIMGP8998.JPGIMGP8997.JPG和舟でゆっくりと唐桑湾を遊覧しました。
漕ぎ手の人は必死だったようですが。順番に漕いだので漕いでいない時に湾内の風景を写真に収めました。
漁船も大きな波を立てないようにとゆっくり過ぎてゆきました。
和舟は静かでのどかで風景にぴったりですね。

関連記事(和舟漕ぎに挑戦!)⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ


posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

和舟漕ぎに挑戦!

100821XCwуcA[ 054.jpg唐桑湾に到着後、畠山重篤さんの簡単な講義を受けた後に昼食までの小一時間あった。

畠山さんのプログラムの流れは変幻自在である。四人漕ぎの和舟「あずさ丸」の手漕ぎに挑戦である。和舟は櫂で漕ぐがボートのオールと違って、押す時も引く時も推進力を得ることができるようになっている。極めて効率的な漕ぎ方であるという。しかもエコロジーで、優れものである。かつては和舟でクジラ漁していたという。

100821XCwуcA[ 046.jpg実際に漕いで見て向かい風の時はきついが追い風ならばラクラクである。潮の流れも同様である。右ターンをする場合は右方は引く手を強く、左方は押し手を強くすればよい。左ターンをする場合はその逆である。

白山先生は若い頃、和舟漕ぎの実習で一人で沖に出て帰れなくなり、救助された体験もあるという。和舟は自分の体力、風の向きや潮の流れの時間変化を理解して操る必要があることを学ぶ機会でもあった。己と自然が一体となる乗り物なんですね。

関連記事(意外なつながり)⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ


posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ