裏磐梯エコツアー

⇒寺子屋/学びツアー 2016年01月18日 23:59

1453128126863.jpg1453128140824.jpg全てが凍てつく銀世界のトレッキングは、通常の登山にはない楽しさが満載です!日頃歩けない沼の上や登山道以外のルートを歩き回れるのは、雪山ならではの愉しみです♪

posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

イエローフォール

⇒寺子屋/学びツアー 2016年01月17日 18:41

1453019565364.jpg風もなく穏やかに静かな散策。
念願のイエローフォールに到着。
硫黄の成分が凍結してできたもの。
記念にみんなで。

posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

素材から製品へ

⇒寺子屋/学びツアー 2016年01月16日 16:18

IMG_20160116_135638.jpg2泊3日で、裏磐梯へ。
目的は、からむし織り体験とスノーシューでの散策。
からむし織りの原料は、赤苧(あかそ)という植物から繊維をとり糸にして織っていきます。
植物採集と繊維までは、宿のオーナー鈴木さんが夏に準備してくださっていました!
今回は、糸撚から織りまでを体験。
2回目の参加者は、しおり作り、初めての人はコースターに挑戦。
みんな思い思いの出来上がり。
明日は、スノーシューでの散策。
雪が例年よりも少ないので予定のイエローフォールまでいけるだろうか?

posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

深い雪と戯れて

⇒寺子屋/学びツアー 2015年01月18日 16:28

ecocafe-2015-01-18T16_27_58-2[1].jpgecocafe-2015-01-18T16_27_58-1[1].jpgecocafe-2015-01-18T16_27_58-3[1].jpgecocafe-2015-01-18T16_27_58-4[1].jpg強風のため、予定していたイエローフォールはあきらめ、宿のご近所をスノーシューで散策。
雪の滑り台を颯爽?と滑り落ち、1メートル以上降り積もる雪の中へダイブしたりと普段できないことを無邪気に遊ぶ!
心も体もすっきりした感じ。
非日常は、明日への活力だ!

posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

一夜にしてつららの柱

ecocafe-2015-01-18T07_29_53-1[1].jpgecocafe-2015-01-18T07_29_53-2[1].jpg一晩中、風の音がなりやまず…朝起きると雪がふりつもり、軒下にはつららの柱ができていた。
今日も一日雪かな?

posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

厳冬の裏磐梯

⇒寺子屋/学びツアー 2015年01月17日 18:05

ecocafe-2015-01-17T18_05_22-2[1].jpgecocafe-2015-01-17T18_05_22-1[1].jpg雪が降りしきる中、防寒着に身を包みいざ雪遊び!
新雪は、ソリがうまく滑らないのでしっかりと地ならしをしているうちに、いい感じに滑るように。
しかし、雪は降り止まずにホワイトアウト状態。
わずか一時間程度でしたが、大人ハシャギをして楽しい時間。

posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

中瀬沼には

⇒寺子屋/学びツアー 2014年07月13日 14:53

DSC_1314.jpgDSC_1316.jpgあいにくの雨模様でしたか、涼しいなかを散策。
冬にお尻すべりをした中瀬沼は、緑に囲まれてまるで違う世界。
エゾアジサイが雨に濡れて、より美しくキラキラしていた。

posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

朝さんぽ

DSC_1304.jpgDSC_1305.jpg今日の朝さんぽは、レンゲ沼付近です!
鳥の声がさわやかに聞こえる。
ニッコウキスゲが、もう終わりをむかえていた。

posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

さっそく…

DSC_1302.jpgそれぞれが作ったコースターにグラスをおき、乾杯!
達成感と共に、喜びも膨らむ。
昔の人々の知恵や手間暇を実感し、布づくりに対する敬意もわいてくる。
今回、遅くまでご指導いただいたみゆき先生に感謝です!

posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

完成!

⇒寺子屋/学びツアー 2014年07月12日 22:26

DSC_1294.jpg試行錯誤を終え、ようやく完成!
我ながら、上出来!

posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(1) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

もうすぐ

DSC_1292.jpg 完成間近!
がんばるぞ♪

posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

だんだん

DSC_1284.jpg 織物途中。
徐々にできてきた!

posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

こよりが…

DSC_1280.jpgDSC_1282.jpg午前中は、植物の繊維を糸にするためにこより作りです。
なかなか難しく…みんな必死!

posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

朝の散歩

DSC_1271.jpg 熊の好物、桑の実発見!
朝露がキラキラしている。

posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

夕食には

⇒寺子屋/学びツアー 2014年07月11日 23:46

DSC_1265.jpgDSC_1267.jpgDSC_1269.jpgエコカフェで行う体験やツアーでは、地元の食材や食文化なども取り入れて企画しています。
今回のお宿は、何度もお世話になっている森のゴリラさん!
夕食は、地元食材を使ったものばかり!
苦しいと言いながら、しっかりデザートまでいただいた!
これも旅の楽しみの一つです!

※写真は、コースの一部です。

posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

糸の手前まで

DSC_1264.jpgDSC_1261.jpg糸になる材料を加工しました。
もくもくと作業をしていたら、夕飯前に終わり露天風呂へ。
明日は、いよいよ織物体験!

posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

糸づくりから

DSC_1258.jpgDSC_1259.jpgDSC_1260.jpg アカソを刈り取り、糸づくりをしてます。
みんな地味ながら楽しそう♪

posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

猪苗代到着

DSC_1256.jpgDSC_1257.jpg 手打ち蕎麦でお腹いっぱいになり、これからいよいよ作業へ!

posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

猪苗代に向かう

DSC_1255.jpg途中休憩。阿武隈パーキングは青空になりつつある!

posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

糸づくりから布づくり

⇒寺子屋/学びツアー 2014年05月23日 14:32

051.JPG自然の植物から糸を作り、それを織って布にする。
そんなことができたら面白いと思いませんか?
元々糸は植物からもできていて会津には「からむし織り」という文化があります。 
からむし織りの原料は本来自然にも生えている植物です。
それを使って糸を作り布を作ってみては・・・?
からむし織りの元織り姫が講師を務めます。


日程:7月11日〜13日(2泊3日) 

11日 午後1時までに宿に集合して下さい
   (猪苗代駅、12時30分に送迎が出ます)
   到着後、オリエンテーションを行い植物採取へ
   繊維作り

12日 布を織る
   夕方に終了(出来上がらなかった場合、夕食後に作業)

13日 フリー (前日までに終わらない場合は残った作業)
   ご希望で午前中、中瀬沼のガイドウォーク
   (猪苗代駅に向けて13時30分に送迎が出ます(それ以前の場合は都合によります)


定員: 8名(6月16日現在:残り3名)
費用: 26000円 (2泊分宿泊代と講師料を含みます)
    ※お一人で参加の場合、合い室になる場合があります。

posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(1) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ