枕状溶岩(ボニナイト)露岩に太古を

⇒エコツアー 2014年05月04日 14:20

140428ボニナイト@エコカフェ.JPG小笠原諸島父島の小港海岸では枕状溶岩の巨大な露岩が見られます。これをボニナイト(無人岩)と呼んでします。枕の大きさが径約1mもある巨大なもので、次から次へと流れ出たため上下に押し潰されています。[2014年4月28日撮影:未開の森と南島をめぐる父島満喫の旅@山崎]

今から4800 万年前から数百万年かけて海面下3000mの海底でその事件は起こったとされる。太平洋プレートがフィリピンプレートへの沈み込に伴い、140428枕状溶岩と砂浜@エコカフェ(小港海岸).JPGフィリピン海プレート上に海溝に沿って孤状に海底火山の噴火が続き、マントル上層部の熱いマグマ(マグネシウムを多く含むマントルカンラン岩)が噴火により海水に触れ急速に冷やされ生じたものだそうです。枕の表層数pはガラス質で黒色化、内側には単斜エンスタタイト、かんらん石、オージャイト、古銅輝石が結晶化しています。単斜エンスタタイトは地球上ではボニナイトのみに含まれ、一般に隕石によく含まれる輝石といわれています。

ボニナイトは聟島列島及び父島列島の形成初期の段階につくられた岩石基盤であって、その後の地殻変動によって形状を保存されたまま押し上げられ現在の位置で見られると考えられます。


関連記事(風渡る絶海の孤島に悠久の時の流れを)⇒
関連記事(貨幣石は巨大な単細胞生物)⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ



タグ:小笠原 父島
posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

父島とのお別れ

⇒エコツアー 2014年04月30日 14:14

140430_1402~01.jpg140430_1407~01.jpg140430_1407~02.jpgしばしお別れです。
京子さん、宿でのおもてなしありがとう!
鳴島さん.森元さん、カメ引き続きよろしくです。
松原さん、森の案内ありがとう!
たけしくん、海の案内ありがとう!

posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(1) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

絶海の孤島の意味は

140430_1309~01.jpg140430_1314~01.jpg140430_1316~01.jpg父島、最終日です。
乗船待合い所は多くのツアー客が行儀よく列をつくっています。
検疫コーナーではアフリカマイマイ、アリモドキゾウム、シイモゾウムシなどの発生があるため、サツマイモなどの持ち出しが禁止されています。
絶海の孤島の意味するところは?

posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

小笠原原産コーヒーに

140430_1122~01.jpg140430_1122~02.jpg140430_1123~01.jpgついにコーヒー豆ゲットです。勿論無農薬です。

posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

父島中央山山頂から

140430_1051~01.jpg風が強く海は時化ってます。
台風が父島の方向に向かっているそうです。
3日後くらいでしょうか。

posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

父島巽崎を眺望

⇒エコツアー 2014年04月29日 07:00

140428_1521~01.jpg140428_1521~02.jpg昨日15時半頃、西海岸からの帰りです。名残惜しい景色です。
亜熱帯の森の植生の話は別の機会に紹介します。
今日は南島に渡り、海を堪能します。

posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

父島西海岸は鶯砂

⇒エコツアー 2014年04月28日 18:07

140428_1442~01.jpg140428_1444~01.jpg140428_1445~01.jpg6時間前。西海岸を訪れる人はまずいないそうです。
西海岸の砂浜は古銅輝石の砂でできているため、鶯色でしかも輝いています。
父島でもこんなにも鶯色が美しいのはこの海岸だけです。
漂着ゴミが多いのは残念です。

posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

父島山中に入る

140428_0953~01.jpg140428_0953~02.jpg140428_0954~01.jpg巽湾側から西海岸へ向かいます。
蛸足のよいなイチビです。一日花です。

posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

父島ナイト観察会

⇒エコツアー 2014年04月27日 20:39

140427_2016~01.jpg140427_2028~01.jpgムラサキオカヤドカリとツノメガニです。
オガサワラオオコウモリもたくさん見ました。

posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

サンセット

140427_1758~01.jpg140427_1758~02.jpg140427_1759~01.jpg三日月山ウェザーステーションからの眺めです。
この季節は雲がでやすのです。

posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

アオウミガメの放流!

140427_1506~01.jpg140427_1506~02.jpg140427_1508~01.jpgコぺベ海岸にいます。
エコカフェ会員が名前をつけた子カメたちです。
30年後に戻っておいて!

posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

タイマイもいます

140427_1426~01.jpg140427_1426~02.jpg140427_1428~01.jpg16才です。
小笠原ではめったに産卵はないそうです。

posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

アオウミガメを保護飼育中です

140427_1418~01.jpg140427_1419~01.jpg140427_1419~02.jpg玉川小学校の飼育アオウミガメは美人です。
紫外線を浴びていないからです。

posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

アカウミガメのなっちゃん

140427_1411~01.jpg140427_1412~01.jpg140427_1411~02.jpg顔がごついです。
なっちゃんは24才です。
餌は甲殻類、贅沢です。

posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

アオウミガメのこうたくん

140427_1403~01.jpg140427_1404~02.jpg140427_1404~01.jpg鳴島さんからの説明を受けています。
アルピーノ固体です。自然界では外敵に狙われやすく生きてゆけません。

posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

父島で行動開始!

140427_1230~01.jpg140427_1231~01.jpg140427_1232~01.jpg腹ごしらえが終わりました。
これから小笠原海洋センターで打ち合わせです。

posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

タコノキにアノールほいほい

140427_1131~01.jpg140427_1131~02.jpg140427_1132~01.jpg外来種グリーンアノールを捕獲します。
効果のほどは?

posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

父島二見港着岸

140427_1125~01.jpg140427_1125~02.jpg140427_1126~01.jpg長い船旅でした。
すごくよい天気です。
わくわくします。

posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

連休で船荷捌きも閑散

⇒エコツアー 2014年04月26日 10:40

140426_1029~01.jpg140426_1029~02.jpg140426_1030~01.jpg連休の過ごし方は人それぞれですよね。
今回は山と海に挑戦します。

posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

東京湾を南下中

140426_1016~01.jpg140426_1016~02.jpg140426_1019~01.jpgゆったりした船旅です。
エコカフェ談義です。

posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ