スイバ(酸い葉)は仏料理にも

⇒自然観察会 2014年03月18日 22:18

140316スイバ@エコカフェ.JPG丘陵を抱える地域にはかつて数多くの谷津田があり、雑木林と田んぼが多様な生き物を育んできた。今日では都市化が進み多くの谷津田が住宅地となってしまった。大草谷津田は今に残る貴重な谷津田のひとつです。ここでは畦道沿いでみたスイバを紹介します。地域によってはギシギシ、スカンポとも呼ばれます。[2014年3月16日撮影:第19回自然観察会@山崎]

スイバ(蓚・酸い葉、学名:Rumex acetosa L.)はタデ科ギシギシ属の多年草。分布は北海道、東北、四国、九州、国外ではアジア、ヨーロッパに広く、田畑の畔道や土手などに自生。草丈は50pから80pほど、茎は直立し縦筋が入り帯紅色、根茎は太く木質化し黒褐色、根生葉は有柄、葉身10pほどの長楕円状披針形で基部が矢尻型、茎葉は互生し無柄で茎を抱く。冬期には帯紅色の根生葉が残ります。花期は5月から8月頃、雌雄異株、茎頂に円錐状の花穂をだし、淡緑色の小花をたくさん咲かせます。萼片6枚、雄花は雄蕊6本、雌花は赤紫色の糸状の雌蕊がつく。果実は痩果で帯紅色で萼片3片が翼状につきます。

若い芽をあく抜きしてほうれん草代わりに食します。葉にはシュウ酸を多く含むので大量摂取は進めません。また、春の根茎を洗って干したものは、生薬「酸模(さんも)」として利尿剤として使われるという。ヨーロッパでもソレルといい、仏料理ではポタージュやオムレツなどによく使いますよ。


関連記事(ペンペン草こと、ナズナ(薺)は)⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ


続きを読む
posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

第19回自然観察会を終えて

⇒自然観察会 2014年03月17日 00:15

140316雪被害の説明@エコカフェ.JPG暑くもなく寒くもない一日、自然観察会(リーダー:寺中)には絶好の日和となりました。今回は千葉市主催の観察会に参加する形式で実施しました。指導員の山岸さんは里地植物に詳しく、テンポよく説明をしてくださりました。

ご説明いただいた植物は、ヤナギ、ノビルキヅタツワブキアオキ、マダケ、ナガバジャノヒゲ、ヤブラン、ムラサキケマンナンテンヤツデスギスイバヨモギ、カントウタンポポ、センニンソウ、ハハコグサ、ニワトコなどです。140316ハハコグサを観察風景@エコカフェ(寺中、玉木).JPGなお、イラガ、ルリタテハ、アカタテハ、ニホンアカガエル(卵とおたまじゃくし)、ウスタビガ(繭)、シュレーゲルガエルについても観察をしました。観察会終了後には、実際にノビル、ヨモギなどの試食もしました。個別の成果については各植物のコーナーで追記していきます。

エコカフェでも私たちの暮らしに役にたつものをテーマに「森の教室」を開催したりしています。私たちの祖先は自然の植物を食べられるもの、薬として役にたつもの、危険なもの、に選別して暮しに役立ててきたのです。深い知恵が隠されています。


関連記事(日本植物分類学の父)⇒人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ


posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

第19回自然観察会

⇒自然観察会 2014年03月05日 17:34

DSC_0930.jpg
今年は、梅の開花も遅れているようで満開にはもう少し時間がかかりそうだ。
今回の自然観察会では、いろいろな植物から食べられるもの、薬として使われるものなどを見分ける力を養うための観察会になります。

テーマ :食用、薬用、見分けよう!
開催概要:食用と薬用の草花を見分ける目利き力を高めよう
日時  :2014年3月16日(日)
場所  :千葉市大草谷津田いきものの里
アクセス:JR千葉駅から京成バス「千城台車庫」行きで「終点」下車、徒歩約400m
日程  :10:30 現地到着、観察開始 ※指導員の方にお願いします
     12:00 観察会終了    
     13:00 昼食〜解散

※雨天の場合は、中止になります。

参加ご希望の方は、3月14日までに事務局までご連絡ください。

posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(1) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

岩殿山尾根筋の山躑躅は狂い咲き?

⇒自然観察会 2013年12月08日 17:42

131207ヤマツツジ花@エコカフェ.JPG山梨大月の岩殿山(標高634m)から稚児落としへの尾根筋でヤマツツジ(山躑躅)がたくさんの花を咲かせているのに出会いました。地球温暖化だからといって、春咲くはずの花がこの寒空の下で咲いているとは何事が起こっているのでしょうか。花は2カ所、3株が枯葉をつけたまま、または、葉を全て落としたまま、花を満開に咲かせていたのでした。[2013年12月7日撮影:第18回自然観察会@阿部]

調べてみるとツツジの仲間には春と秋との二季咲きのものもあるようです。ただし、岩殿山のヤマツツジが毎年のように春、晩秋または初冬に咲くものかは確認しておりませんが。131207ヤマツツジ花@エコカフェ.JPG

枯葉と花、落葉と花、とは何故かと好奇心を誘われます。花言葉に「燃える思い」とあるように、時間をかけてなぜこの時期に花を咲かせるのかしっかり調査していきたいと思います。


関連記事(ヤマツツジ(山躑躅)は鮮やか)⇒
posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

岩殿山尾根筋には落葉広葉樹林が

131207コナラ大量の落葉@エコカフェ.JPG131207モミ幼樹@エコカフェ(岩殿山).JPG岩殿山(標高634m)から天神山、稚児落としへの続く尾根筋から斜面地には、コナラを筆頭にウリカエデ、リョウブ、シラキ、アカシデ、ヤマザクラヤマツツジ、マルバアオダモ、マルバウツギヤマフジなどの落葉広葉樹がほとんどを占めているのが見られます。[2013年12月7日撮影:第18回自然観察会@阿部]

この季節の尾根筋や林内トラバースのコースではおびただしい落葉が登山道を蔽っているので、下りなどは足元のスリップに注意が必要です。

そんな中に尾根筋ではアカマツモミアラカシなどの常緑樹が点在しているが、数が少ないため冬季には全体としては枯れ山に映ってしまいます。アカマツは松くい虫の被害が拡がっているようです。ただし、先に報告したようにわずかながら幼樹や若木が育っています。モミはもともと生育域を狭められ苦しい立場であるようですが、尾根筋でわずかに種を紡いでいるようです。

また、鹿の食害がどれくらい深刻なのか夏場を観察しないとはっきりしたことは言えませんが、林縁などには鹿が嫌う常緑低木樹のアセビも目立っています。


関連記事(モミ(樅)は受難の中に)⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ



posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

岩殿山山頂からの富士山と

⇒自然観察会 2013年12月07日 21:37

131207富士山@エコカフェ(岩殿山).JPG山梨大月にある岩殿山(標高634m)山頂から眺望した富士山です。
日光が左側から射していて上空に寒気が入り込んでいるため左半分にのみ雲をまとっています。
山頂には戦国時代には岩殿城が築かれていたそうです。

今日では山城も夢の後であって大月市街が一望できます。
131207大月市街一望@エコカフェ.JPG礫岩でできた山塊であって所どころ大きく絶壁が形成されています。
稚児落としまで伸びる尾根沿いには鎖場やロープ場などがあって低山のわりには変化に富んだコースが用意されています。


関連記事(瑞牆山山頂からの富士山)⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ



posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

岩殿山から稚児落としへの尾根筋で

131207松枯れ立ち枯れ@エコカフェ.JPG131207松枯れ倒木@エコカフェ.JPG岩殿山は戦国時代の山城があったところです。眺望がよいので小休憩場所としました。今回は岩殿山から天神山を通過し、稚児落しに至る尾根筋の森林植生についての観察しました。[2013年12月7日撮影:第18回自然観察会@阿部]

131207アカマツ@エコカフェ(岩殿山尾根).JPG尾根筋付近にあったアカマツの大きな成木の多くがマツノザイセンチュウにやられたようで立ち枯れしていたり、枯れて倒木していたりしていました。特に、尾根筋の東側はほぼ全滅、西側に行くほど影響は少なくなっていくようです。ただし、幼樹もあちことで見られたので安心です。幼樹は松枯れを起こさないのです。
また、この尾根筋には落葉樹であるコナラが多く、林内に所どころ常緑低木のアセビなどが青々としているくらいであり、周囲の視界は十二分に確保されていて、とても爽快です。
足元にはたくさんの落葉のほかに、たくさんのどんぐりが固まって転がっていました。


関連記事(公式HP寄稿「岩殿山の魅力に挑戦!」)⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ


続きを読む
posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

初冬の岩殿山へ

131207_1007~01.jpgこれから登ります。
背中越しには富士山が見えます。
いざ、

posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

第18回自然観察会in岩殿山

⇒自然観察会 2013年11月12日 15:07

070924岩殿山 055.jpgスカイツリーと同じ高さを体験できる岩殿山。標高634m。
武田氏の臣、小山田信茂公がこの要害の地に築いた岩殿城は、関東の三名城のひとつに数えられていました。山頂からの眺めは雄大で素晴らしく、ここからの富士の眺めは「秀麗富嶽十二景」に選定されています。
今回は、富士山から流れ出た溶岩流を見ることができます。鎖場なども体験できる場所もありますので、冬の山を散策しながら少し汗を流しましょう。

集合日時:平成25年12月7日(土)10時
集合場所:JR大月駅

行程
大月駅→ふれあい館→岩殿山山頂→兜岩→稚児落し→大月駅

※天候によりコースなど変更する場合があります。
posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(2) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

会津磐梯山山頂で

⇒自然観察会 2013年10月11日 06:52

1380743_520575264697815_2024791396_n.jpg先週末の自然観察会。
会津磐梯山の山麓は紅葉が始まっていました。
残念ながら雲中行軍となりすっかり濡れてしまいました。
秋晴れの山が本当はよいのですが。
自然の本当の姿を厳しさを垣間見るよい機会となりました。
しっとりと葉を濡らす植物も美しいです。


posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

五色沼の神秘、自然の神秘

⇒自然観察会 2013年10月10日 22:51

1375012_520575561364452_1746432518_n.jpg先週末は磐梯で一足先の秋を堪能してきました。明治の大噴火で河川や渓谷がせき止められて作られた五色沼も神秘的なたたずまいで、なんとも奥深い自然にため息ばかりでした。ただ、ブナアオシャチホコという蛾の食害でブナは丸坊主状態。10年から20年周期の自然現象だそうで、これまた自然の神秘に驚きました。

by 中村敏之
posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

高台から

⇒自然観察会 2013年10月06日 16:23

DSC_0660.jpg昨日は、見られなかった猪苗代湖。

posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

五色沼を散策

DSC_0658.jpg 汗ばむ陽気のなか、五色沼を散策。
沼の性質により、色も違うので巡る楽しみ。
季節をかえて、花や果実、葉の青さなど楽しめそうだ。

posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

自然観察会は雲の中

⇒自然観察会 2013年10月05日 20:31

DSC_0652.jpgDSC_0653.jpg雨が心配されるなか、磐梯山への自然観察会がスタート。
ガイドは、ペンション森のゴリラオーナー鈴木さんです。
山は紅葉がきれいでしたが、あいにくの霧の中。
磐梯山の頂上からの景色は楽しめませんでした。
しかし、下りる頃には雲の隙間から噴火口もみられ、垣間見られたら雄大な景色。

posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

第17回自然観察会in会津

⇒自然観察会 2013年09月27日 16:26

061209企業環境研修(裏磐梯) 008s-.jpg初秋の磐梯山と五色沼周辺を散策しながら、冬に備える動植物を観察します。
磐梯山は、会津富士とも呼ばれる日本百名山の一つです。
1888年の磐梯山の噴火により、裏磐梯が生まれました。裏磐梯には、大小さまざまな湖沼がありその周りに生える草花や樹木、渡り鳥などを観察する予定です。

〇日 程:2013年10月5日(土)〜6日(日)
〇場 所:会津磐梯山と五色沼周辺の動植物を観察
〇宿 泊:ペンション「森のゴリラ」(福島県耶麻郡北塩原村)
〇参加費:往復交通費、宿泊費及びガイド料込み12800円(各自負担)
〇対 象:会員
〇協 力:株式会社ベネフィット・ワン、森のゴリラ

〇行 程
 10月5日(土)
    9時15分 猪苗代駅集合
   10時00分 磐梯山八方台登山口出発
   12時30分 磐梯山山頂到着(昼食)
   13時00分 出発
   15時30分 磐梯山八方台登山口到着
   17時30分 カントリーイン 森のゴリラ到着
 10月6日(日)
   五色沼周辺を散策
   16時00分 会津若松駅 解散

※天候により、コース変更がある場合がありますのでご了承ください。

(参考)8190円(片道)
往路:東京(6:40)→郡山(8:18)/(8:32)→猪苗代(9:11)
復路:猪苗代(15:36)→郡山(16:17)/(16:37)→東京(17:56)


posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(1) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

雨のコマクサ

⇒自然観察会 2013年07月07日 11:54

DSC_0561.jpg 雲のなか、五竜植物園を散策。
雨に濡れた高山植物たちが、迎えてくれました。
コマクサも雨粒で重たそう。

posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

朝の散歩でバイカモを

DSC_0559.jpgお天気はいまひとつだが、朝早く起きて散歩にでかけた。
姫川源流には、バイカモがひっそりと咲いていた。

posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

小日向のコルは神様のプレゼント

⇒自然観察会 2013年07月06日 17:22

130706ミズバショウ@エコカフェ.jpg130706小日向のコル@エコカフェ(白馬).jpg小日向山は標高1908mほどですが、まだ谷間にはまだまだ多くの残雪があります。
西側の山腹に白馬鑓温泉に向かう登山道が走っていて、途中に「小日向のコル」という所があります。
コルとは鞍部といって峰と峰を結ぶ窪みになっている所です。
130706小日向のコル2@エコカフェ(白馬).jpg130706小日向のコル上部@エコカフェ(白馬).jpg標高にして1824m、残雪が消えると小さな池が出現します。
池の周囲にはミズバショウが群生しています。
池上をおおう枝にはモリアオガエルの産卵塊が垂れています。そこは生き物たちの小さな楽園のようです。
まさに神様からのプレゼントです。
私たち以外に登山者のいない自然と一体そのものです。

posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

都会にはない森の朝

130706_0601~01.jpg130706_0601~02.jpg130706_0602~01.jpg小鳥たちの歌声で目覚める爽やかな朝です。
白馬に来てます。
これから小日向山に登ります。
高山植物たちにごあいさつです。

posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

長野はながいの!

⇒自然観察会 2013年07月05日 21:05

130705_1919~01.jpg130705_1918~01.jpg夕暮れです。
夜のとばりがおり別の世界が広がります。
長野はエコカフェの活動対象がたくさんあります。
素敵物語の始まりです。

posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ