初めてのカエンタケ(火炎茸)

ビーグル号の航海日誌 2011年08月06日 16:17

110723カエンタケ@エコカフェ.JPG先月開催の「芦生公開講座」では天然的森林の植生や新陳代謝の様を十二分に観察することができた。カシノナガククイムシによるミズナラコナラなどの「ナラ枯れ」が進行しており、対策や学術研究も取り組まれていた。カシノナガキクイムシはユニークな生活をする昆虫であるが、そのことは別の機会に触れよう。ここでは大きなミズナラの倒木の苔のマットから顔をだしたキノコを紹介しよう。
初め遠目に何だろうと思ったが、近づくとすぐにカエンタケだと確信した。近年、ニュースで中毒事故が報じられているからである。[2011年7月23日撮影:芦生研究林杉尾峠付近@山崎]

カエンタケ(火炎茸・火焔茸、Podostroma cornu-damae(Pat.) Boedijin)は子嚢菌でニクザキン科ポドストロマ属の腐生性キノコ。分布は日本、中国、ジャワに及び、広葉樹林の地上や倒木に自生。発生時期は夏から秋頃。高さ3から10cmほど、円柱形か扁平形でしばしば分岐。表面は赤橙色で光沢があり、内部は白色で固いという。名前の由来もその容姿からきている。
毒性が強く致死量は3gという。その毒成分はマイコトキシン(mycotoxin)として知られるトリコテセン類6種が含まれていることが確認されている。

この毒は皮膚刺激性が強いため、潰したり突いたりして汁がついた手で目をこすったり、口を拭いたりすることは危険です。くれぐれも気をつけましょう!

関連記事(芦生公開講座最終日)⇒人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ

posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

南三陸のガレキ・がれき・瓦礫

110725_1216~01.jpg先週末に宮城県南三陸町に行った時、町内の一次仮置き場には分別されたガレキが整然と積み上げられていた。なんと几帳面なことか。
河北新報(8月6日)によると推計64万トンの瓦礫のうち29万トンが一時置き場に運び込まれ、飽和状態になったため、青森県三戸町の民間最終処分場で一部を処理することになったという。
鉄骨がむき出しになったビルの残骸や無音の重機が点在し、そこにはひとっ子ひとりいない無気力な光景が続き海岸線にとけ込んでいる。
110725_1211~01.jpg110725_1209~01.jpg先々週訪れた時と何も変わっていない。時間さえ止まってしまったかのようだ。自衛隊が去り、避難所や仮設住宅から若者の一部は仕事を求め都会を目指しているという。
残された住民はお年寄りが多い。

町民の命と町の復興を預かる町長の佐藤仁さんの身を粉にして東奔西走する姿と前向きな表情が救いだった。それにしても被災地の多くは自力で対応するにはあまりに甚大すぎる被害を被っているのが事実である。

生きるということ、未来を希望するということ、それは....。

関連記事(南三陸町ベイサイドアリーナにて)⇒人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ

posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

HIROSHIMA&PEACE

IMGP6830.JPGIMGP6827.JPG深い悲しみを超えて
私たちは立ち上がる
深い怒りを抑えて
私たちは進む
心をひとつにし
手を取り合って
前へ前へと突き進む
子供たちの未来と
人類の平和のために

by トノサマガエル

関連記事(時代を超えて、黙祷)⇒人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ

posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

今年も満開

ビーグル号の航海日誌 2011年08月05日 16:14

F1000128.jpgF1000129.jpg宮城県の伊豆沼では、ハスの花が満開をむかえていた。
1985年にラムサール条約登録湿地の自然湖沼である。
冬は、ハクチョウやガン、カモなどの渡り鳥が越冬のために集まり、夏は、ハスやアサザなどに彩られ、トンボなどが飛び交っているのが見られる。

今の時期は、一面ハスの花が咲きそろい、船にのり間近で観ることができる。
特に、朝早くに行くと朝露が光り清々しい。

関連記事(森里海学びツアーin志津川・気仙沼(初日))⇒

posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

味噌煮込みうどんみゃ〜

ビーグル号の航海日誌 2011年08月04日 05:44

味噌煮込みうどん@エコカフェ.JPG名古屋の名物の一つに「味噌煮込みうどん」がありますね。
八丁味噌を使うことで有名ですよね。

味噌の味や色に特徴あるわけですが、
私が一番ビックリしたのは、「うどんを茹でずにそのまま煮込むこと」です。
少し硬めな麺なのはそのせいだったのですね。
性格がゆるい私には、硬めな麺は少し苦手かな?
とはいえ、伊勢うどんとはまた別ですけどね。

郷土料理は、その土地の人の性格も表すのかな?
味噌煮込みうどんは派手ではないな?
みゃ〜

コタより

関連記事(伊勢うどんの食文化)⇒人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ

posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

相模湾クルーズ

ビーグル号の航海日誌 2011年08月03日 22:21

IMG_0682.jpgIMG_0684.jpgIMG_0686.jpgIMG_1757.JPG




写真は式根島野伏港、古くは室町時代から天然の港として使われていた泊海水浴場、
式根島平床から右端に神津島、最後は葉山マリーナ



ヨットと関わるようになって25年になるが、クルージングは初めてだった。

 

7月24日朝、葉山マリーナから最初の寄港地稲取迄40マイル(約8時間)、二日目は式根島迄30マイル(約6時間)、三日目は大島迄30マイル(約6時間)、最終日は葉山迄45マイル(約8時間)へと総航行約145マイル(290km)の船旅になった。ヨットレースでは数え切れない程のロングディスタンスレース経験していたが、正直船酔いをするのでクルージングを楽しむなんて事は一度も考えたことはなかった。しかし今回は、ある大変お世話になっている方が、どうしても「死ぬ前に一度クルージングをしたい!」とのたっての希望であり、奥様からも「もし何かあっても、あなたが一緒で事が起きてしまっても、諦めがつく」とまで言われたら、もう行くしかないと決心した。たかがクルージング、と簡単には済ませられない。相手は自然、常に何が起こるかわからない。まして相模湾は、一度機嫌を悪くすると世界でも有数なタフな環境になるのことは、海仲間の間では知られている。この方に万が一の事を起こしてしまったら、想像しただけでも気が滅入ってしまう。

 

人の命を預かる、人に命を預ける。

今回ほど信頼関係というものを考えたことはなかった。

 

これから私は、また新しい道を進もうとしている。一つでも多くの信頼関係の構築ができるようにしていこう。この信頼関係の積み重ねが養分となり、大地にしっかり根をはった事業が構築できると信じて進もう。

 

雑感

 

ヤマより

 

 



posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(1) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

侵入者、セイロンベンケイソウ

110730_0821~01.jpg小笠原父島の海岸から山頂まで日当たりよい道端など至る所で見かけます。
小笠原の固有植物相を圧迫しており侵略的外来種としてギンネムなどとともに問題視されています。
9月16日からのエコカフェ小笠原諸島エコツアーで訪ねたら観察してみてくださいね。

セイロンベンケイソウ(学名:Kalanchoe pinnata (Lam.) Pers.))はベンケイソウ科リュウキュウベンケイ属の多年草。原産は南アフリカですが熱帯地方各地に帰化し、日本では沖縄、小笠原諸島に移入、野生化しています。
草丈は70cmほど、茎は直立し、肉厚の葉は対生。葉は短い柄があり葉身は楕円形から卵形、はじめは単葉だがやがて三出から単羽状複葉となる

葉から芽が出る無性生殖性の植物であるため、通称「はからめ(葉から芽)」とも呼ばれていますよ。びっくりでしょう!

関連記事(侵入者、ニューギニアヤリガタリクウズムシ)⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ


続きを読む
posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

本州最南端串本駅と奇石

串本駅@エコカフェ.JPG本州の最南端の駅は、紀伊半島の南端の「串本駅」です。
特には考えずに下車をしたのですが、観光案内版を見ると「橋杭岩」という景勝地がありました。

尖った岩が1km近くも海岸からやや垂直に連なっています。
この陸地側の付け根には「弘法の湯」なるものがありました。
伝説によると弘法大師様と天の邪鬼が橋を架ける競争をした橋脚とか。
紀伊半島の海岸には、ゴツゴツした岩がゴロゴロとたくさんあります。
景勝橋杭岩@エコカフェ.JPGこれは、宝永地震や南海地震のときに海面が隆起し、津波によって大きな岩が運ばれたというのが科学的に証明されています。
橋杭岩は1500万年以上も前にマグマが地下から堆積岩の熊野層群に貫入してできた固い岩脈板なのですよ。
紀伊半島にも大きな津波が何度かありました。
お寺はほとんどが高台にあるようです。
昔からの避難所になってくたのですね。


コタより人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ

posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

那智の滝と碁石

ビーグル号の航海日誌 2011年08月02日 23:34

熊野古道@エコカフェ.jpg那智勝浦駅からバスに乗り、大門坂入口で下車しました。
大門坂」は、熊野古道の趣を感じれる杉の木に囲まれた石段が続きます。
1kmほど上るとお土産屋さん街に出ます。
ここは「黒あめ那智黒」が有名なお土産です。
熊野大社おみくじ@エコカフェ.jpg黒あめ那智黒@エコカフェ.JPG江戸時代末期から奄美大島の黒糖を使い、碁石に見立てた飴お菓子として親しまれています。
その先に那智大社はあります。
朱の柱に白壁の本殿には、1mを越える大きなおみくじがありました。
振るのも大変!番号札を出すのはもっと大変!

五重塔と那智の滝.JPG脇には五重塔那智の滝があります。
写真の角度は、NHKのお天気カメラを設置してあるので、見たことがある人もいらっしゃるのではないでしょうか。
訪れたのが雨上がりだったので、水量もよく、綺麗な滝が出来ていました。

マイナスイオンに包まれて、体は内から外からミネラルで満たされます。


コタより

関連記事(伊勢神宮のおかげ横丁)⇒人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ

posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(1) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

高山植物の魅力(26)/ミヤマクロスゲ

ビーグル号の航海日誌 2011年08月01日 23:28

ミヤマクロスゲ@エコカフェ.JPG高山を歩いていて気になるのは黒っぽい花をつけている高山植物の存在であろう。クロトウヒレンタテヤマウツボグサクロユリのほかミヤマクロスゲ、タカネクロスゲなど高山性のカヤツリグサの仲間がそうです。[2008年7月11日撮影:立山室堂平ミクリガ池周辺@山崎]

ミヤマクロスゲ(深山黒菅、学名:Carex flavocuspis Franch. et Sav)は単子葉植物でカヤツリグサ科スゲ属の多年草。分布は本州中部地方以北から北海道、南千島に及び、高山帯の礫地や草地に自生。
草丈は10から30cmほど、根茎は短く横に這い、葉は幅が約5mm、葉身は約10cm。中肋の先には短いといって、へら状の突起ができるのが特徴である。
花期は7月から8月頃、小穂は2から5個が近接して付き、頂小穂は雄性、側小穂は長い柄の先に付き全て雌性、それらの鱗片は黒褐色の倒長卵型で果胞と同じ長さだそうです。

前にこのブログで触れましたが、二十四節気の九節にあたる芒種(ぼうしゅ)とは、芒(のぎ)を持つ植物、つまりイネ科の植物の種を蒔く時期を意味しましたよね。イネ科の芒はミヤマクロスゲのものとは違って針状になっているそうです。

関連記事(高山植物の魅力(25)/ニッコウキスゲ)⇒人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ

posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

増水前の長閑な北上川

ビーグル号の航海日誌 2011年07月31日 23:00

110725_1015~01.jpg先の集中豪雨は新潟県中越や福島県会津地方などで河川の決壊、避難勧告などの大きな被害をもたらしているようだ。
昨日のブログで北上川の増水の様子を紹介しましたが、週初め25日月曜日に同じ道を辿り南三陸町を目指した時に同じ場所を撮影した写真があったので比較していただきたい。

写真上[2011年7月25日10時15分撮影@北上川]
110730_0941~02.jpg写真下[2011年7月30日9時41分撮影@北上川]

三条市長の国定さんもブログを書く暇がないほど対応で忙しくしているようだ。陣頭指揮をしているのでしょう。

海水温が上昇すればそれだけ湿った大規模な気流が陸地に向かって入りやすくなり、上昇気流による積乱雲の規模も大きくなるだろう。しかも、次から次へと送り込まれ、上空で冷やされ、長期化する傾向にあるようにも思える。都心のゲリラ豪雨とも異なり広範囲に影響が及ぶので注意が必要だ。

人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ

posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

ローソン南三陸エムズ店

ビーグル号の航海日誌 2011年07月30日 10:20

110730_1015~02.jpg110730_1015~01.jpg本吉街道を東に走り、入谷から津波で破壊された南三陸町の市街地跡を見渡す。
ガレキは整理され少しずつではあるが撤去も始まっているように思えた。
しかしながら、あちらこちらにある重機はエンジン音を落としたままであった。
整理をしているのは個別建物に取り掛かっているわずかな人にすぎない。
ガレキが材質ごとに整理され積み上げられている几帳面さには驚く。
倉庫を改造してオープンした「ローソン南三陸エムズ」に立ち寄ってみた。
地域の人びとが入れ替わり立ち替わり訪れ買い物をしていた。
エコカフェ理事の新浪さんはローソンの社長でもある。
商売は消費者である地域の人びとに喜んでもらえることが基本である。
笑顔がこぼれている、そんな品揃えであった。

最後の休憩、さあ、細浦にある徳性寺に向かおう。

by トノサマガエル

関連記事(合掌地蔵菩薩の開眼法要に)⇒人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ

posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

北上川は増水中

110730_0941~02.jpg110730_0941~01.jpg東北道を若柳金成で一般道に下りる。
途中、石ノ森章太郎の生家の前を通過し、東へ東へと進む。
北上川に差し掛かると先週来た時は河畔の砂地が見えていたが、ここ数日の雨ですっかり増水している。
流れも速いようで泥濁した色をしていて近づきがたい。
太公望が糸を垂らしている景色とは全く異なった景観が広がっている。
なんとも、自然は不思議だ。

おお、空はまだ涙を落とさずに耐えてくれているが....。

by トノサマガエル

関連記事(JR仙石線の復旧・再開)⇒人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ

posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

東北道を北上

110730_0817~01.jpg一夜明け、7時半に仙台を出発。
東北自動車道を一気に北上し、鶴巣SAで朝食のため休憩。
昨夜は雨が大部降ったようで路面が濡れている。
空にはずっしりと厚い雲が覆っている。
雨は降っていないが何時降り出してもおかしくない。
ニュースでは新潟地方では大雨のため避難勧告30万人とか。
会津エコ・ステーションの弓田さんに電話したら、河川が決壊しそうなため夜通しパトロールをしていたそうだ。疲れ切った声をしていた。
会津地方では原発の避難勧告地からの避難民を受け入れておりいろいろと心配されてやまない。
南三陸町も土砂降りにならなければよいのだが。

by トノサマガエル
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ

posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

八咫烏に導かれて

ビーグル号の航海日誌 2011年07月29日 20:00

熊野本宮大社3@エコカフェ.JPG2004年7月、「紀伊山地の霊場と参詣道」は世界文化遺産に登録されました。
熊野三山(熊野本宮大社、熊野速玉大社、熊野那智大社)への参道です。
今から千年前の白河上皇のころ、天皇皇后をはじめ宮中の皆様方が「熊野詣で」と称し、続々とお参りなさいました。
途中に参拝記念としての皇子の石像がたくさんありますよ。
また、今でも山伏の修行の地でもあり、女人立入禁止地区もあるとか。
熊野本宮大社2@エコカフェ.JPG熊野本宮大社1@エコカフェ.JPGルートは大阪から奈良から伊勢からとたくさんあります。

写真の熊野本宮大社は、紀伊山地の山奥にあり、大きな鳥居に向かいいれられ、八咫烏(やたがらす)に導かれての参拝です。
八咫烏は3本足のカラスです。
といえば、日本代表サッカーチームのエンブレムの鳥ですね。
神話の世界では、神武天皇の元に遣わされ、熊野国から大和国への道案内をした鳥とされています。
このたび、なでしこジャパンも八咫烏に導かれて世界一になったのかな?

甦る日本!


コタより人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ

posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

仙台駅に降り立つと

110729_1941~02.jpg19時37分、仙台駅で多くの乗客とともに降り立つ。
駅ビル構内のエントランスには高い天井から七夕飾りが迎えてくれていた。
外はすっかり夜の帳が下りているようだ。
大好きなマンゴーをはじめとする果物かごとキキョウでアレンジした花かごをピックアップだ。
110729_1941~01.jpg足取りがやや重く、一行はすっかりお腹をすかせてしまっているようだ。
ホテルで荷物を下ろし、夕食としよう。
今宵は東北大学の友人を交えてエコカフェのメンバーとの会食が待っている。
上野さんは医師として東日本大震災直後に各被災地を訪ねている。
さあ、急ごう!

by トノサマガエル

関連記事(仙台七夕祭りは)⇒人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ

posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

車窓からの景色

110729_1851~01.jpg17時40分東京駅発の東北新幹線に乗り込んだ。
南三陸町志津川をゴールに今夜は仙台で一夜を明かすことにしている。
真保さんに準備をしていただいた。
車窓からは山々に低く垂れかかった白雲の動く様子を楽しむことができた。
雲はとどまることなく風に流れ、形を変えてくれる。
その変化の様子がなんだか嬉しい。
郡山に着くころには夕陽がほんのり赤く空を染めてくれた。
日没前後に仙台に到着するだろうか。

by トノサマガエル

関連記事(はぐれ雲は変幻自在に)⇒人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ

posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

韓国のカニカマ

ビーグル号の航海日誌 2011年07月28日 23:00

DSC01175.JPG韓国のスーパーに行きましたら、長さ30センチもあるカニカマを見つけました。
日本では100円程度の小分けで売られているのに、韓国ではキロ売りをしていますよ。
韓国は海を挟んだお隣の国なのですぐにリカバリーしたんでしょうね。
また、赤・黄・青が韓国の国民色なので、ストライクな食べ物となったんだろうね。

カニカマとは、色や形と食感までもカニの身に似せて作ったかまぼこです。
JAS法の品質表示基準によると「風味かまぼこ」「風味かまぼこ(かに風味)」と記載することになっています。
1970年代に、石川県の水産加工メーカーが開発し、広島の水産加工メーカーがフィッシュスティックに改良しました。
当時の(本物の)蟹は輸入もされてなかったので、高級だったんでしょう。
お弁当に入れると彩り鮮やかで便利ですね。

日本人の知恵の詰まった加工食品ですね。


コタより人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ

posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

日本で一番長い路線バス

ビーグル号の航海日誌 2011年07月27日 01:58

DSC01123.JPG日本で一番長い路線バスは、和歌山県新宮駅〜奈良県大和八木駅です。
168km・6時間30分かかります。
乗る人(私たち)は、暇人ですね〜
バスは、のんびりゆっくりと紀伊山脈を縫うように北へ北へと進みます。
乗客はローカルでおなじみの老人と子供たちです。
車内でおばあちゃんに手作りビーズアクセサリーを貰いました。
今も大切に私の旅行カバンについていますよ。

DSC01128.JPG途中、上野地でバスの会社も運転手も交代します。
乗客も下車し、一休みです。
ダム湖の畔には足湯があり、エメラルドグリーンが綺麗です。
また、谷瀬吊橋があります。
長さ297m・高さ54m、住民が生活道路橋としてカンパをして作ったつり橋とか。

次は紅葉の頃に乗りたいですね。


コタより人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ

posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

伊勢神宮のおかげ横丁

ビーグル号の航海日誌 2011年07月26日 06:20

DSC00957.jpgDSC00964.JPG伊勢神宮内宮の門前には「おかげ横丁」という町並み保存された50軒弱のお土産屋さん街があります。
妻入の建物や伊勢河崎の蔵、桑名の洋館を再現し、江戸時代の庶民に浸透していた「伊勢参り」の再現を目指した地域活性化のプロジェクトです。
赤福餅の店主の呼びかけで始まり、今や観光客でごった返しをしています。
DSC00961.jpgしかし残念なことに、数年前に赤福の賞味期限偽装が発覚し曇り空が続いていました。
このプロジェクトによる地域の活性化に繋げた功績は大きく、街のみならず伊勢を上げての赤福餅への再建が行われてきています。
(赤福ファンの私としては新大阪で京都で名古屋でプチ下車をしてまで買っていたのでとても残念な偽装でした。確かに硬い餅の時もありました。季節によりけりなのかな?思っていましたが。検討を祈ります。)

DSC00990.JPG伊勢神宮は、天照大御神が祭られています。
古事記によると日本国を造ったイザナギノミコトイザナミノミコトの娘にあたります。
伊勢神宮は20年に一度の遷宮をし、様々な伝統を継承しています。
次回は平成25年です。出雲大社遷移と同じ年ですね。
平成25年は全国の神様は大忙しなので、私たち庶民のお願いを聞いてくれないかもしれないですね。


コタより人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ

posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ