祇園枝垂桜は永き時を

ビーグル号の航海日誌 2009年04月08日 23:58

P1000674.JPG花見客で賑わう公園の中、幽玄かつ優美に佇む一本の桜木があります。
京都市 円山公園のシンボル・樹齢約80年の「祇園枝垂桜」は今が満開(4/5撮影)です。
今回撮影したこの写真は、夕風になびく姿ですが、朝昼晩と違う顔を見るのも各々の風情を感じられます。
今の桜は2代目で初代(樹齢200年余 昭和22年枯死)の種子を育成した、初代の子供となる桜だそうです。
ここ最近弱った枝を切り落としたり、と姿が少しずつ変わってきておりますが、春になると変わらず鮮やかに華を咲かせ、都の春を彩ってくれます。
寿命が短いといわれる桜の中でも「しだれ桜」は長命で樹齢200年程度といわれます。
この祇園桜もこれから100年余りの永き時を、京の街を見守っていってくれることでしょう。
この桜を中心に、知恩院・八坂神社といった名所が隣接する円山公園は、公園全体が薄紅色に染まり、まさに今桜の旬の時期を迎えております。

by エコカフェ関西事務所

ランキング参加中、ポチッと押してね↓
にほんブログ村 環境ブログへ
にほんブログ村

posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(1) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

まだまだ続く

20090407074525.jpg 今週は、お花見日和が続いている。
四ッ谷の土手を歩いてみたら、ブルーシートが所狭しと並び場所とりが行われていた。
わからないでもないが、ゆっくり歩きながらお花見ができず、そそくさと後にした。
今週いっぱいは、お花見が楽しめそうかな?


ランキング参加中、ポチッと押してね↓
にほんブログ村 環境ブログへ
にほんブログ村

posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

クロモジ(黒文字)は生活の中に

ビーグル号の航海日誌 2009年04月07日 17:33

クロモジの花も今が見ごろである。
この木は本州岩手県以南、四国、九州などの低山に分布するクスノキ科クロモジ属の落葉低木。
枝や葉に含まれる芳香性の精油(クロモジ油)は、殺菌作用や健胃効果がある。枝から樹皮を残して作られる爪楊枝「黒文字」は、香りがよく上品で、和菓子には欠かせない。
また、昔は、クロモジ油は香料として化粧品に使われたそうだ。現在でも枝(烏樟)や根(釣樟)は薬用として養命酒などに使われている。
和名の「黒文字」は若枝の表面に顕れる黒い斑紋を文字に見立てたことに由来するという。90421.JPG

学名:Lindera umbellata
原産地:日本
花期:3〜4月
樹高:2〜5m
特徴:
@ 花は小さな花が10個ほど集まり、葉脇から散形花序を形成。雌雄異株であり、花弁は半透明で雄花は緑色がかり、雌花では黄色みが強いのが特徴。
A 果実は液果で秋に黒熟する。
B 葉は単葉で互生し、枝先に集中。葉身は長楕円形で、長さ5〜9cm。葉の表面は濃緑色で無毛、裏面はやや白っぽく、葉縁は全縁。
C 若枝には微毛があるが次第になくなり、緑色のつるっとした肌に黒い斑紋がでる。

【付録】
・クロモジ属は東南アジアなどの旧世界熱帯から温帯にかけて100種ほど、北米大陸に数種が分布。
・日本にもダンコウバイ、アブラチャン、ヤマコウバシ、シロモジなど数種が自生。
・この属は江戸時代に移入された中国原産のテンダイウヤクのように健医薬とされるほか香料や食用とされるものも多い。

ランキング参加中、ポチッと押してね↓
にほんブログ村 環境ブログへ
にほんブログ村

続きを読む
posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

イロハモミジの小花

ビーグル号の航海日誌 2009年04月05日 23:18

90427.JPG北の丸公園を代官町出口からでて千鳥ヶ淵沿いの歩道をゆったりと歩く。
歩道・車道の左右の桜の古木はもちろん満開である。
左側の一角に「イロハモミジ」が新緑の若葉とともに、紅色の小花を幾つも震えるようにぶら下げているのが愛らしい。
あまりの美しさにパチリと収めさせていただいた。
エコカフェでは自然観察会や子ども自然体験プログラムでもお馴染みのカエデ科の落葉高木である。
オオモミジ、ヤマモミジなどとても似ていて素人目には判別が難しいようだが。
秋の頃に「紅葉狩り」に訪れてみたいと思う。

ランキング参加中、ポチッと押してね↓
にほんブログ村 環境ブログへ
にほんブログ村



posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

しずかなるかな、しずかなるかな

90438.JPG90439.JPG本当に静かな一日であった
桜田濠の土手斜面には植物たちには生存競争がある
菜の花畑のほかに帰化植物のオオアラセイトウ(中国原産、別名ショカッサイ、ムラサキハナナ、ハナダイコンとも)の白っぽい絨毯などが広がる
それらの間からもイネ科、スゲ科などの植物も背を伸ばしている90443.JPG
植物たちの静かな生存競争が広がっている
微風が静かに緑の波紋を起こしている

しずかなるかな、しずかなるかな
ああ、しずかなるかな


ランキング参加中、ポチッと押してね↓
にほんブログ村 環境ブログへ
にほんブログ村



posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

のどかなるかな、のどかなるかな

90448.JPG90447.JPG本当にのどかな一日であった
締めくくりは桜田濠斜面に広がる菜の花畑と水面の静けさである
菜の花畑は時折の南風に揺れている
水面にはこの御濠を棲みかとしているカルガモがのんびりと泳いでいる

のどかなるかな、のどかなるかな
ああ、のどかなるかな

ランキング参加中、ポチッと押してね↓
にほんブログ村 環境ブログへ
にほんブログ村
posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

千鳥ヶ淵をのんびりと歩く

90436.JPGお花見の帰りに千鳥ヶ淵を沿いをのんびりと歩いた。
半蔵門を左手奥に見ながら半蔵濠の土手には菜の花が咲き誇っているではないか。
かつては日本中の河川敷や土手などではよくみられた光景だが、最近は河川改修工事や護岸工事で珍しくなりつつあるようだ。
右手には千鳥ヶ淵沿いの桜が満開、ずーっと奥のほうには国会議事堂の塔も見える。
地下鉄の駅からウンカのごとく花見客が湧いていたのに驚かされたが、土手沿いにたくさんの植物が観察でき楽しい散歩となった。

ランキング参加中、ポチッと押してね↓
にほんブログ村 環境ブログへ
にほんブログ村

posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

江戸はお花見日和

ビーグル号の航海日誌 2009年04月04日 23:28

90424.JPG今日は絶好のお花見日和であった。
江戸中期、第8代将軍徳川吉宗が江戸の各地に桜を植えさせたことから庶民の間にも「お花見」が広まったとされる。
起源は、奈良時代に貴族の間で中国から移入した「梅」を観賞する行事が、平安時代に桜花観賞の行事となり、室町時代初めには地方武士階級にも風習化していったようだ。
江戸城内、現北の丸公園の桜は満開で絶品、青空も高かった。
ふと、茨城県桜川市の方から「一度、桜川の桜を見に来てほしい。」とお誘いを受けたままになっているのを思い出した。今回も「ごめんなさい。」となりそうだ。
桜川は、謡曲「桜川」で有名である。九州日向国から関東常陸国の桜咲く桜川まで身売りしたわが子(桜子)を偲び探し旅する母の異常なまでの愛情をテーマにしている。
これは、櫻川磯部稲村神社に伝わる花見噺「桜児物語」をもとに、世阿弥がつくったと自慢そうに言っていた。。。。
今も昔も日本人は、たった2週間の寿命、その桜の花びらの妖しいまでの美しさに深く心ひかれているのかもしれない。

ランキング参加中、ポチッと押してね↓
にほんブログ村 環境ブログへ
にほんブログ村


⇒謡曲「桜川」あらすじ
posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

おぼろ月夜の桜

ビーグル号の航海日誌 2009年04月03日 23:05

090403.JPG夕方、しばらくぶりに佐賀さんが事務所を訪ねてくれた。
エコカフェの活動を楽しくしよう、週末農家体験をしよう、との話で盛り上がった。
帰り道、暗がりの路地裏から見た西の空に美しい光景が広がっている。
空の低い所に敷き詰めた「むら雲」が上弦の七日月に照らし出され、おぼろ月夜が演出されている。残念ながら写真ではうろこのような雲が規則正しく敷き詰められた世界が確認できない。
手前頭上には、満開の吉野桜の花びらが無数に夜空を飾っている。
月、むら雲、夜桜の距離感がなんとも言えない。
春のおぼろ月夜の桜は心に沁みる。

ランキング参加中、ポチッと押してね↓
にほんブログ村 環境ブログへ
にほんブログ村

posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

アオキ(青木)の不思議は

アオキ(青木)は、ミズキ科の日本固有植物で森林内に自生する常緑低木である。(アオキ科として独立させる考えもある。)陰樹のため日陰でもよく育ち、耐寒性が強いことから、昔から好んで庭木として植栽され、果実の色、斑入りなど園芸品種も多い。和名は、葉も枝も常時緑色(青いこと)に由来する。茎が緑なのはコルクを形成する組織が数年間も発達しないためである。
全体にアウクビン(アウクビゲニンとブドウ糖の配糖体)成分が含まれ、枝、茎、葉のいずれも切り取ったり、圧迫したりすると、酸化し黒くなる。昔から弱火であぶり、柔らかく黒色に変化した葉を、火傷、はれもの、凍傷などの患部にはり、包帯などで軽く押さえなどしたという。また、この成分には、苦味健胃作用があり、胃腸薬「陀羅尼助(だらにすけ)」「百草(ひゃくそう)」に配合されたりもする90404.JPG

学名:Aucuba japonica
別名:アウクバ、アオキバ
原産地:日本(北海道南部から沖縄)
花期:3〜5月
樹高:2〜3m
特徴:
@ 雌雄異株で、花は褐色または緑色で、花弁4枚、子房下位、単性花である。
A 果実は、卵形の液果で種子を1個含み、大きさは約2cm、秋頃から赤く熟し、翌年春先までついていたりする。
B 葉縁は、粗い鋸歯状で、やや厚みがあり、大きさは10〜15センチ、形は長楕円形をしている。

【付録】
・亜種ヒメアオキは北海道、本州の日本海側の雪の多い地域に分布。アオキに比べ丈が低く、葉が小型で葉柄や葉の下面、芽、枝などに微毛が生ずる特徴がある。
・同属にはA. chinensis、A. himalaicaなど3種ほどがあり、ヒマラヤ、中国南部から日本の照葉樹林帯に分布する。

ランキング参加中、ポチッと押してね↓
にほんブログ村 環境ブログへ
にほんブログ村

続きを読む
posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

ユキヤナギの戯れ

ビーグル号の航海日誌 2009年04月02日 01:29

03280005.jpgユキヤナギはバラ科シモツケ属の双子葉植物離弁花で耐寒性落葉低木である。
和名は、花の咲く姿が、柳が雪を被ったように美しいてことに由来する。
中国が原産とされ、日本には古く大陸からの人の移入とともに持込まれたものが野生化したと考えられる。自生地は川沿いの岩場など洪水時には水が洗うような場所であるが、近年はダム建設などで洪水が減少し生育地が減少し、石川県では絶滅危惧種T類に指定などされている。
一方、栽培しやすいため庭先や公園によく植栽され、花卉としても好まれているようだ。

学名:Spiraea thunbergii Sieb. ex Blume
別名:コゴメバナ(小米花)、コゴメヤナギ(小米柳)
原産地:日本(本州以西・四国・九州)、中国
花期:3〜4月
樹高:1〜1.5m
特徴:
@ 花は、両性花で、花径1cm、花弁は白色5枚、がく片5枚、雌蕊5本、雄蕊20本(5×4)。
A 雌蕊の基部に黄色い子房があり、その外側に薄黄緑色の俵状の蜜腺が10本あることから虫媒花であることが分かる。

付録:ユキヤナギの草姿は、同科同属で、白い小花が密集して枝につくコデマリ(小手毬)や、シジミバナ(蜆花) と似ています。

ランキング参加中、ポチッと押してね↓
にほんブログ村 環境ブログへ
にほんブログ村

続きを読む
タグ:帰化植物
posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

金時山

ビーグル号の航海日誌 2009年03月29日 14:11

20090329105900.jpg20090329090124.jpg曇り空のなか、金時山にでかけた。
公時(きんとき)神社でお参りをして、いざ登り始めたがすぐにバテバテ。
日頃の運動不足が…
ゆっくりとしたペースで登り、なんとか頂上へ到着。富士山に雲がかかっていたが、雄大な姿に見とれてしまった。
四時間の行程を終えて、帰途についた。

ランキング参加中、ポチッと押してね↓
にほんブログ村 環境ブログへ
にほんブログ村


posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(1) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

陽だまりと桜とメジロ

002.JPG穏やかな日差しに誘われて近所を散歩してみた。
陽光は明るく陽だまりに誘われると一筋ごとの暖かい光線を感じられるほどだ。ソメイヨシノも満開に近く、気の早い幾ひらかの花びらが地上にアクセントをつけはじめている。
頭上から「チーチュルチーチュル」と鳴き声が聞こえてくるではないか。
視線の向こうに桜の小枝の間を飛び交いながら花の蜜を吸っている小鳥の姿が。単独で行動しているメジロのようだ。
繁殖期ともなるとつがいで仲良しで、「目白押し」の言葉まであるが、まだ繁殖前のようだ。
江戸時代よりウグイスとともにこの鳥の鳴き声を人びとは「風流」と楽しんだようだ。
現在はIUCNレッドリストで軽度懸念に指定され、国内では鳥獣保護法により禁猟対象で保護されている。
警戒心の比較的少ない小鳥で小笠原でも普通に見られますよ!
皆さんも身近な春を感じてみてはいかがでしょうか!

ランキング参加中、ポチッと押してね↓
にほんブログ村 環境ブログへ
にほんブログ村


posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(1) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

欧米ではカメリアとも

ビーグル号の航海日誌 2009年03月28日 14:42

03270001.jpg先週半ば、昨年の小笠原での海洋生物調査ツアーに参加された鈴木さんが訪ねてこられた。
氏は国内外の植物、特に観賞用植物のことにはやたら詳しい。
今回は、日本ツバキ協会理事で国際ツバキ協会日本&アジア地区事務局長でもある堤徹志さんを紹介された。
堤さんは2010年開催予定の「国際ツバキ会議」と「全国椿サミット」の企画運営などに関わっていらっしゃるそうだ。
いろいろ意見交換をし、エコカフェとして若い人たちが楽しめるようなIT時代にふさわしいアドバイスをさせていただいた。
ツバキは園芸品種も多く、欧米ではカメリアとも言い、クリスマスの時期に購入し、日本人がシクラメンの花を楽しむようにツバキの花を愛でる習慣があるそうだ。
古今東西、人びとは何かと珍しい外国ものを好む性質がありそうですね。

ランキング参加中、ポチッと押してね↓
にほんブログ村 環境ブログへ
にほんブログ村

posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

移り変わりゆく自然の中で

ビーグル号の航海日誌 2009年03月26日 23:23

03210006.jpgこの季節は週単位で花々の主役が移り変わってゆく。
桜の開花宣言があると、それまでのハクモクレン、モクレン、コブシなどのマグノリア(モクレン属)の花々は命を終える。
花は散るが果実が成長し、秋には袋果が裂け種が露出する。
夏の日差しのもとで葉っぱは光合成をし、栄養分をつくり、その栄養で果実は成熟するわけだ。
種が落ちるが、数年若しくは20年近くも、発芽環境が整うのを待つという。
それまでは落ち葉や土の中で休眠することができるのである。
発芽はだいたいが初夏のころだ。
なんとも不思議だよね!!

ランキング参加中、ポチッと押してね↓
にほんブログ村 環境ブログへ
にほんブログ村

posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(1) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

つくしとスギナ

先日「ひっそりとつくし」をアップしたが、つくしについて調べずに掲載してしまった。
改めて、つくしって?と、思い調べてみた。
本来は、「スギナ」という和名。トクサ科トクサ属だ。
スギナは、つくしと呼ばれる胞子茎または胞子体をだし、胞子を放出する。
春の終わり頃には、栄養茎と言われる緑の茎と葉っぱがでて、光合成を行う。
根でつくしとスギナは繋がっており、時期を変えて出てくるようだ。
先月、「ふきのとう」を草花教室で取り上げたが、なんだか似ていた。


スギナは、杉の樹形に似ているからその名がついているようだ。


ランキング参加中、ポチッと押してね↓
にほんブログ村 環境ブログへ
にほんブログ村


posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

身近な自然の変化を感じよう!

IMGP5714.JPGこのところ天候は落ち着きませんが、気持のよい季節となりましたね。
朝の散歩や休日の散策に出かけるのもよいですね。
身近な木々は芽吹き新緑の準備を日に日に進めています。
もちろんスダジイ(写真)、タブノキなどの照葉樹は一年中葉をつけていますが、それでも古い葉がおち新しい葉に装いをかえます。
若木も古木もいろんな表情を見せてくれます。
大きな老木にそーっと触れてみるのもよいですね。
生きているエネルギーを感じさせてくれるでしょう。
多くの虫たちもそろそろ活動を始めます。
そろそろ山や森に出掛けてみたいと思います!

ランキング参加中、ポチッと押してね↓

にほんブログ村 環境ブログへ
にほんブログ村


posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

庚申塚って知ってる?

ビーグル号の航海日誌 2009年03月25日 12:30

03170006.jpg03170004.jpg千駄ヶ谷の鳩森八幡神社の近くに庚申塚があります。
庚申塚や庚申塔は江戸時代寛永年間の頃から広く建造されるようになったようです。
道教の『人の体内に「三尸(さんし)」という3種類の悪い虫が棲み、睡眠中にその人の悪事をすべて天帝に報告する』という教えが、民間信仰の中で独自に発展したものです。
「庚申待ち」といって、庚申の日(60日に一度)、この日に眠ってはならないとされ、夜に人びとが集まり徹夜でしたようです。
明治時代に入り、政府は迷信として撤去を勧めたが、徹底されなかったようで各地に多く残っています。
小塚には小堂があり中には青面金剛像が祀られ、一面三眼六臂で手足に蛇が巻き付くと言われていますがどうも違うようです。台座正面に「見ざる、言わざる、聞かざる」の三猿像が表現されているが面白いですね。
ランキング参加中、ポチッと押してね↓
にほんブログ村 環境ブログへ
にほんブログ村

posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

ひっそりとつくし

ビーグル号の航海日誌 2009年03月24日 16:46

20090310145601.jpg
桜も咲き上を向いて歩きたくなりますが、少し目を落とすと「つくし」が顔を出していますよ!
気づいてあげてくださいね。

ランキング参加中、ポチッと押してね↓
にほんブログ村 環境ブログへ
にほんブログ村
posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

江戸城外堀の石垣は

ビーグル号の航海日誌 2009年03月23日 20:09

03170002.jpg江戸城虎御門口は中原海道の起点であったとされる。
現虎ノ門交差点の北西角地にある文部科学省庁舎建て替え工事に伴う調査で江戸城の外堀の石垣(高さ8.6m、長さ25m)が発見された。
寛永13年(1636年)、三代将軍徳川家光の時に「天下普請」で諸大名に建築させたものである。
石垣の組石には矢筈の文様が確認でき、工事を分担したのが佐伯藩毛利家(現大分県佐伯市:家紋は丸に矢筈)と分かる。写真を拡大してね!
この石垣は地下鉄銀座線虎ノ門駅から地上にでる場所から確認できる。
また、城外にあたる現虎ノ門交差点の南西側には金毘羅大権現が祭られているなど歴史が残っている。

posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ