平等院鳳凰堂

ビーグル号の航海日誌 2009年05月15日 18:34

F@P.jpg宇治平等院は藤原頼通が父道長の別荘を寺に改めたものであって、
天喜元年(1053)建立された鳳凰堂(阿弥陀堂)は創建当時の面影を伝える唯一の建物です。
御堂には本尊阿弥陀如来さん(坐像:283.9cm)が祀られており、そのお顔の真正面は扉付きの格子窓になっており、池を隔てた対岸から阿弥陀さんを拝むことができます。
天喜元年(1053年)、仏師定朝がつくった藤原時代の代表作とされ、寄木造で、顔は円満となり胸が薄く、広く、その上に掛かる納衣には静かな衣紋が刻まれるなど、鎌倉時代に至るまで定朝様式として仏師の手本になったとされます。
また、阿弥陀さんを囲むように壁面には雲中供養仏と呼ばれる天人像52体がかけられています。飛雲上に座し、あるいは立ち上がり、楽を奏し、舞い、合掌する自由な姿態は、それぞれに違い、変化に富むが、優美な面相と軽やかな体躯です。これらは一部を除き創建当時のものであり藤原貴族の好みを十分に反映していると言えます。

時には時間の経つのを忘れお顔を拝みたいですね。

posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

いずこも右往左往

ビーグル号の航海日誌 2009年05月14日 21:30

large.jpgエコカフェの会員からのレポートです。
人口の20倍ものヒツジが棲むニュージーランドを旅行したそうです。
やはりヒツジの群れに遭遇したそうです。
そのまとまりのない姿がとても滑稽だったそうです。
もっともっと詳しいお話が聞きたいですね。

羊が一匹、羊が二匹、羊が三匹、羊が四匹、、、、ああ睡魔が!

ランキング参加中、ポチッと押してね↓
にほんブログ村 環境ブログへ
にほんブログ村

posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

ただぼーっと眺めていたい!

ビーグル号の航海日誌 2009年05月13日 21:28

P1000680.JPG京都洛翠は5月10日午後3時をもって閉館された。
その芸術性、精神性は他に類を見ない、惜しまれて已まない。

そもそも「洛翠」は元藤田家の本宅であって、一千坪の庭園は七代小川治兵衛(屋号「植治」)により明治42年に造園された。当主の藤田伝三郎は日本初の電気鉄道を敷設した実業家、植治は平安神宮や無鄰菴などを作庭した庭師として名高い。
お庭には琵琶湖を忠実に縮尺した池があり、琵琶湖から疏水を通じて、南禅寺境内の水路閣を走る水が滝を落とし、早瀬や止水を演出している。水面に映る景色は流れに動揺し、また水鏡に静止する。そこには季節ごとの顔がある。今日の大近大橋、琵琶湖大橋の位置に青石、手掘り一枚石の橋が、中央に臥龍橋が渡り、竹生島に見立てた島や長浜港あたりに舟泊まり石が見られるのが面白いP1000682.JPG
そもそも琵琶湖は世界有数の断層湖(約600万年前)で日本一の面積、ニゴロブナなど固有種が多く棲息しており、667年に天智天皇により飛鳥から近江(大津京)へ遷都があるなど、歴史的に自然との共生の中で「鮒ずし」などの伝統的な食文化も育んできた。

お庭の裏鬼門の位置にある「不明門(あかずもん)」は豊臣時代に伏見城にあった門で表には菊の御紋もあるが常に閉ざされていたためにそう呼ばれ、今日でも閉ざされている。P1000691.JPG風門(巽)の位置にある「画仙堂(がせんどう)」は詩仙堂、歌仙堂と並ぶ京都三仙堂のひとつで、約300年前に中国明から伝来したものである。商売繁盛、御もてなしが込められているのではないか。
表鬼門の位置にある「渓猿亭(けいえんてい)」は一部萱ぶきの数寄屋造りの御茶室で三方に水を巡らし、つくばい、にじり口、織部灯篭にも贅を尽くし、鬼門封じを兼ねているのだろう。

そこには日本人の精神性を極めた真善美の世界がしずかに広がっている。見る人が見れば分かる世界が。。。。
posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

ニシキギの愉しみは

ビーグル号の航海日誌 2009年05月12日 18:36

ニシキギ(錦木)はニシキギ科ニシキギ属の落葉低木である。
山野に自生するが紅葉がとても美しいため庭木にされることも多く、名前は紅葉を錦に例えたことによる。
精油成分(シトラール、シネオール、マグノサリシン、サフロール、オイゲノール、メチルチャビコール、アネトール、メチルオイゲノールなど)が含まれ、生薬として棘抜きや生理不順に効能があるとされていたらしい。果実にはアルカロイド成分が含まれシラミコロシ(虱殺し)とも呼ばれ利用された。
この果実を食べる鳥が摂食し、種子を散布することになる。
秋の紅葉が待ち遠しい!
04290002.jpg
学名: Euonymus alatus
別名:ヤハズニシキギ(矢筈錦木)、カミソリノキ(剃刀の木)
原産地:日本 、朝鮮半島、中国
花期:5〜6月
樹高:2m
特徴:
@ 葉は対生、葉身は倒卵形か長楕円形で、表裏面ともに無毛、縁に細かい鋸歯がある
A 花は葉腋から短柄の集散花序に淡緑色で数個付き、花弁は4弁、雄蕊は4本、萼は4裂する
B 果実は朔果で狭倒卵形、果皮が熟裂すると橙赤色の仮種皮につつまれた種子1個が露出する
C 枝は初め緑色で後に茶色になりコルク質の4翼が発達する(翼のないものをコマユミと言う)

ランキング参加中、ポチッと押してね↓
にほんブログ村 環境ブログへ
にほんブログ村

posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

富士は日本一の山

ビーグル号の航海日誌 2009年05月09日 08:58

05090001.jpg今日はお天気もよく爽やかですね!
新幹線で京都に向かっています。
第4回エコの寺子屋に参加します。
京都大学や関西事務所の皆さんとお会いするのも楽しみです。
富士山はすそのからだんだん初夏が山頂を目指します。
まだまだ中腹まで雪化粧ですね!

ランキング参加中、ポチッと押してね↓
にほんブログ村 環境ブログへ
にほんブログ村



posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

親不知子不知は古に

ビーグル号の航海日誌 2009年05月07日 23:43

IMGP6002.JPGIMGP6001.JPG燕(ツバメ)が飛び交う北陸道の思い出をひとつ伝えたい。
旧北陸道(越路)の越後国と越中国の間を往来する旅人は、新潟と富山の境界域の長さ15kmに渡る落差400mに達する断崖絶壁を海岸線に沿って進まねばならなかったようだ。
この場所を人びとは昔から「親不知子不知」と呼んでいる。
その由来は、断崖と波が険しいため、親は子を、子は親を省みることができない程に険しい道であるためとされている。
今回の城端訪問の帰路に北陸道を県境の親不知ICを通過し、名立谷浜SAで休憩したときのことである。
日本海を見渡す場所に波消ブロックが展示してあり、親不知子不知の荒波に洗われ小さくなった姿が凄かった。
今日では北陸道によりいとも簡単に交通が可能となり、「親不知子不知」の景勝は過去のものとなりつつあるようだ。
北陸道がこの地域の人びとの生活道になっているかは知る由もなかったが、「温故知新」のもと道路とは地域の人びとのためにあって欲しいもだと思った。
posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

富山分室の開設に寄せて

IMGP5992.JPG4月21日、富山分室が開設しました。
分室長は佐武さんで、ねっからの越中人です。
佐竹さんはお仕事の傍ら健康なお米作りにも精を出されています。
昨年7月12日、「立山雷鳥エコツアー」で立山三山(阿弥陀浄土)を縦走した時に、雄山神社前立社壇で休憩させて頂いた折に、分室を置こうと一緒に念願した。[ツアー報告書はこちら⇒]
次回の11号ニューズレターで寄稿して下さると聞きます。
富山は律令制下で「越中」と呼ばれ(福井は「越前」、新潟は「越後」)、大化改新以前は都から山を越え蝦夷世界の手前までを古事記で「高志(こし)」、日本書紀で「越(こし)」と呼んでいた。記紀の性格から「高志」と「越」の違いは前者が先住系、後者が渡来系の人たちの編纂と理解するのがよいのではないか。
古くから中国大陸や朝鮮半島、出雲、尾張などと交流もあり、地域文化や風習、伝統も北陸の豊かな自然の中で奥深いものがある。
曳山宵祭の余韻を脳裏に、城端別院善徳寺まえの露店で快活に言葉をかけてくれる若者たちの笑顔に、この地域の将来を託したいと思った。
夜は更けるが地域起こしに思いは募る!
posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

花からパワーをもらう

20090507115940.jpgナショナルランドさんよりお花が届きました!
元気をもらうビタミンカラーです♪
まだまだ片付かない事務所が華やかになりました。
ありがとうございます!

posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(2) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

南砺文化はなんと奥が深いことか

ビーグル号の航海日誌 2009年05月06日 19:44

IMGP5978.JPGIMGP5975.JPGIMGP5970.JPG南砺一帯の文化の奥の深さに驚く訪問となった!
今回の目的であった「城端曳山祭」のように400年に及ぶ時間の中で地域の伝統と文化が、まさにそこに暮らす人びとの手で育まれてきた。人びとの思いはその土地の自然やそれ以前の価値観、暮らし方に大きく左右されているようだ。
七福神でもない、仏教でもない、中国古伝説上の聖王、仙人や三国時代や武将を御神体としているのが面白い!IMGP5989.JPGIMGP5984.JPGIMGP5982.JPG
城端地区は馬の背のような土地に小さな町が築かれた。
そこで暮らしていた人びとの魂が祭りの中に生きている気がした!
・一番山:出丸町「唐子山(からこやま)」布袋
・二番山:西下町「諌鼓山(かんこやま)」堯王
・三番山:東上町「鶴舞山(つるまいやま)」寿老人
・四番山:大工町「千枚分銅山(せんまいぶんどうやま)」関羽・周倉
・五番山:西上町「竹田山(たけだやま)」恵比寿
・六番山:東下町「東耀山(とうようやま)」大黒天

南砺一体には多様な文化が息づいている。五箇山の菅沼(すがぬま)、真木(まき)、東赤尾(ひがしあかお)、新屋(あたらしや)、田下(たのした)の五集落の勇壮な獅子舞や井波八幡宮の春季例大祭「よいやさ祭り」の八基の神輿の躍動感溢れる巡行、など、、、、。
次回はもう少しゆっくりと触れ合えることを切望する!

posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

城端曳山祭はしっとり厳かだった

IMGP5946.JPG東京には順調な走りで昼頃に戻った。
城端曳山祭は「城端明神宮の曳山行事」として2002年に国の重要無形民俗文化財に指定されたそうだ。
この祭は、全てを男衆が担当するが、それは女衆に対する日頃の感謝し楽しませる意が込められているそうです。富山の女性は働き者という。
さて、時は永禄二年(1559年)城ヶ鼻城主荒木大膳の招きで浄土真宗福徳寺が来往したことで、門前に市が開かれ寺内町ができ、絹織物の生産が盛んになり、京都との経済交流が活発になり、元禄文化が花を開いたそうだ。IMGP5977.JPG
享保期に入ると、飢饉など生活不安が起こり、人びとは招福除災、町内繁栄を祈り、神輿を造り、獅子舞や傘鉾の行列行事を始め、享保4年(1719年)に曳山の原型ができたそうだ。
その後、文政年間(1818〜30)には城端絹が江戸へ移出されると、化政文化の影響を受け、庵唄や庵屋台がつくられ、現在の曳山祭に至ったそうです。幕末から明治にかけ一時中止されることはあったが、現在まで古い神迎え行列の形式をそのまま残していることが極めて特色なんだそうだ。IMGP5980.JPG
春日、石清水、神神宮の三基の神輿を先導して、獅子舞、剣鋒、8本の傘鉾や四神旗などが行列し、庵屋台と曳山が神輿の渡御にお供して巡航する姿はしっとり厳かであった。
特に、宵に聞く「庵唄」は囃子とともにしの笛と三味線、太鼓の掛け合い旋律が流れるようにたいへん美しい。 
posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

関越道の塩沢石打を

05060005.jpg車は長岡から関越道に入った。
ただただひた走る。
風景も随分と変わった。
近い山は新緑に萌えているが遠くの山々は残雪の化粧をしている。
この地も田んぼが広がっているが、まだ田植え前でた田おこしやしろかきを終えたばかりのものが目に付く。
河畔のハンノキの若葉が取り分け柔らかく美しい!
車はひた走る!!

ランキング参加中、ポチッと押してね↓
にほんブログ村 環境ブログへ
にほんブログ村

posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

東海北陸自動車道に福光から

05060003.jpgおはよーです!
昨夜は何とか天気が持ちました。今朝はわずかにパラついています。
これから東京に帰ります。
車窓からの景色は田植えの終わった田が整然と続きます。
その中に暴風林を従えた立派な農家が点在します。
曳山祭は後でレポートします。

ランキング参加中、ポチッと押してね↓
にほんブログ村 環境ブログへ
にほんブログ村


posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

端午の節句に

ビーグル号の航海日誌 2009年05月05日 22:18

IMGP5962.JPGIMGP5958.JPG長い道のりになりました!
漸く三時半に城端曳山祭の地である南砺市に着きました。
今日は端午の節句でもあります。
曳山祭りや端午の節句の風習も日本各地で随分違うようです!

関連記事(桃の節句)⇒
ランキング参加中、ポチッと押してね↓にほんブログ村 環境ブログへ
にほんブログ村



posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

上信越道をひた走るよ

05050001.jpg妙高SAを過ぎる。
途中更埴と野尻湖付近で渋滞に巻き込まれる。
曇り空だが左手には北アルプスの山々が残雪を纏っている。
どんどん走るよドコマデモ!

ランキング参加中、ポチッと押してね↓
にほんブログ村 環境ブログへ
にほんブログ村


posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

春ふたたび

ビーグル号の航海日誌 2009年05月04日 15:37

20090504132741.jpg20090504132647.jpgもう東京では、サクラの花が見られなくなりましたが、東北では、サトザクラや桃の花などいっせいに咲いていた。
北の春は、勢い良くやってくるのを思い出した。


ランキング参加中、ポチッと押してね↓
にほんブログ村 環境ブログへ
にほんブログ村

posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(1) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

シランはよく見かけるけれど

ビーグル号の航海日誌 2009年05月03日 19:30

シラン(紫蘭)はラン科シラン属の宿根草で花は今が見ごろである。
ランの仲間では珍しく、日当りの好い崖や湿地、草原などに自生するが、開発のため環境省レッドデータブックでは準絶滅危惧種に登録されている。
他のランとは異なり栽培が容易なため古くから人びとに親しまれ、現在では公園や庭によく植えられる。
名前は紫紅色の花を咲かせるランであるからだそうだ。実際は白やピンク、斑入りのものがある。
偽球茎には、止血作用、痛抑効能などの成分が含まれるとされ、昔から生薬として白及(びゃくきゅう)と呼ばれ、止血や痛み止めのほか慢性胃炎に用いられてきたそうだ。
ランの仲間の花は、シランに見られる基本構造を保っているが、花被片や蕊柱の形が種類によって大きく異なることが知られている。
このことはランの仲間が分化・進化の過程で、競争条件として特定の昆虫との共生の道を追求してきたからであろう。昆虫の種類も多いがランの多様性が高いのも面白いと思う。IMGP5931.JPG

学名:Bletilla striata
別名:ベニラン(紅蘭)
原産地:日本、中国、台湾
花期:4下旬〜6月中旬
草丈:30〜70cm
特徴:
@ 地下に扁平な形をした偽球茎があり毎年1球ずつ増え、その茎から根を伸ばし増殖する。
A 花は茎頂に6〜7個が総状花序を形成し、花径は3cmm程度。構造的には、狭楕円形の外花被片3枚、内花被片3枚が半開。内花被片のうち下側のものは唇弁といって、浅く3裂し、中央部は5条ほどの溝を刻み、両側部はめくれ上がり、この唇弁の真上に雄蕊と雌蕊が合体した蕊柱(ずいちゅう))があり、唇弁と蕊柱でできたトンネルの中に昆虫を誘導し、受粉を促す。
B 葉は4〜5枚、長さ20〜30cm、基部が鞘状で茎に巻き付くように根生し、葉形は広披針形で幅3〜5cm、平行脈があり、葉縁が全緑、先端が尖っている。
C 株分けで増えるが種子は発芽しやすく直播きでも増える。

ランキング参加中、ポチッと押してね↓
にほんブログ村 環境ブログへ
にほんブログ村

posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

ゴンズイは役立たずではない

ゴンズイ(権萃)はミツバウツギ(三葉空木)科ゴンズイ属の落葉小高木である。
日本では関東以西の山地に自生するが、長野県で絶滅危惧種TA、山梨県でTBに登録されるなど懸念されている。
和名の由来ははっきりしないが、幹が柔らいため折れやすく薪以外に使いようがないことから、同様に役立たない魚とされるゴンズイ(権瑞)になぞらえたとする説があるらしい。
しかし、中国では若芽や葉は食用にもされ、特に花は鎮痛効果、根は悪寒治癒、滋養強壮、炎症抑制など多くの効能があることから薬用とされている。
秋には茶の湯の世界では臭気があるが花卉とすることもあるようだ。IMGP5925.JPG

学名:Euscaphis japonica
別名:キツネノチャブクロ(狐の茶袋)、クロクサギ(黒臭木)
原産地:日本 、中国、朝鮮半島南部、台湾
花期:5〜6月
樹高:3〜6m
特徴:
@ 葉は長さ10cm〜30cmの奇数羽状複葉で、鋸葉でやや分厚く表面に光沢がある。
A 花は20cm程の円錐花序に沢山の淡黄緑色の小さな離弁花をつけ、萼片5枚、花弁5枚、雄蕊5本、雌蕊3本からなる。
B 果実は袋果で、秋に紅色の袋に黒い種子を1〜3個入れ、臭気を伴う。
C 樹皮は縦に不規則な白い模様が入る。

ランキング参加中、ポチッと押してね↓
にほんブログ村 環境ブログへ
にほんブログ村

posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

ハンカチノキのふしぎ

第30回草花教室で気になっていたハンカチノキ(ダヴディア)を訪ねて新宿御苑に行ってみた。IMGP5788.JPG
4月11日は、ハンカチノキは若葉を吹きはじめたところであったが、今日は、花は最後で、すでに地面には白いハンカチが何枚も落ちていた。
ハンカチノキは中国雲南省・四川省の標高約2000mの山地に自生するダヴディア科ダヴディア属、1科1属1種の珍しい落葉高木樹である。なお、分類体系ではミズキ科とするなど異論がある。この木は1867年にジャイアントパンダ、キンシコウの発見で知られるフランス人の生物学者でもあるアルマン・ダヴィド神父が四川省の山地で発見したそうだ。
和名の由来は花がハンカチに似ていることに由来するが、中国名では「鳩子樹」、英名でも「Dove tree」である。ハンカチのように見える白い部分は葉が変化した「苞葉(ほうよう)」と呼ばれるものである。
それにしてもどうして葉をそんなふうに変化させたのだろう?
IMGP5902.JPG
学名:Davidia involucrata
別名:幽霊の木
原産地:中国(四川省・雲南省の一部)
花期:4〜5月
樹高:3〜20m
特徴:
@ 花は頭状花序で多数の花が集合し、2枚の苞葉に囲まれる。上唇は小さく下唇は大きく、何れも葉脈の痕跡がある。花を咲かせるまでに15年とも20年とも年月を要するという。
A 果実は堅果で複合果となる。

ランキング参加中、ポチッと押してね↓
にほんブログ村 環境ブログへ
にほんブログ村

続きを読む
posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

タンポポの綿毛

ビーグル号の航海日誌 2009年05月02日 23:18

IMGP5896.JPGゴールデンウィークをどのようにお過ごしでしょうか?
都会のコンクリートの隙間、空地や線路脇、土手、里山、畦道、林縁などどこに行ってもタンポポに出逢うことができますよね。
カントウタンポポは今が花盛り。セイヨウタンポポは一年中、花を咲かせるそうだ(以前教えていただきました)が、この時期が多いような気もします。
カントウタンポポとセイヨウタンポポの区別は総包片の包み方の違いで分かりますよ。
今日のように気温が上昇し、上昇気流が起こりやすい日は、タンポポにとって勢力を拡大する絶好のチャンス到来となります。
綿毛と呼ばれる種子は軽く風に乗り、大空を舞い、遠いところへ運ばれるのです。
運が良ければ新天地で新たな命を育むことになります。次から次へと。
エコカフェの活動もそうなって欲しいものです!

ランキング参加中、ポチッと押してね↓
にほんブログ村 環境ブログへ
にほんブログ村

posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

風景も音も匂いも変わった!

05010003.jpgエコカフェの事務所が引越したのはお茶の水駅のすぐ近くだ。
まだNTT電話回線の申し入れをしているのに連休とあって接続が終わっていない。コールセンターの対応が冷たく呑気なのに驚く。
マニュアル型では守りの姿勢となり温かみがない。
ああ、NTTまでもが、乾いた社会になってしまったのだろうか。
社会が階層化し、会社の偉い人たちはこんなことは知りよう筈がないのだろう。すべて下の人たちが対応しているのだから。。。。
なんとなく四角四面の世の中になってしまったのではないだろうか。
風景も聞こえてくる音も匂いも元赤坂の街とは異なりまだ慣れない。
今日は引越しの御祝いに会員の方が訪問してくれた。
心から喜べる瞬間が嬉しいと思える。
皆様もぜひお立ち寄りください。

ランキング参加中、ポチッと押してね↓
にほんブログ村 環境ブログへ
にほんブログ村

posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ