冬至と柚子湯と南瓜と

ビーグル号の航海日誌 2009年12月26日 23:47

12250001.jpg今年の冬至は12月22日、エコカフェ忘年交流会の日であった。冬至に何で柚子湯に入ったり南瓜を食べるのか問われた。少し調べてみたのでそれを書こう。

冬至は昼間が一年で最も短い日である。この日は太陽の力が最も衰退し、この日を境に翌日から畳の目ほどに太陽は光を増す。木々は枯れ、熊は冬眠し、自然界は静まり返る。人びともエネルギーが下がり、災厄に掛りやすくなると信じられた。日本人はこの日を特別の日としてきたようだ。この日の朝に「復活」を祈願し、日の出を拝む神社も多いようだ。ゆず湯に入り、カボチャ(南瓜)を食べることで、俗に風邪をひかないと言われている。ゆずもカボチャもその色合いから太陽に見立てられ復活の象徴とすることができるのが面白い。この日を境に、太陽はゆっくり復活し、やがて春風が芽ぶきを運ぶ。

江戸時代に入り、銭湯が庶民に普及し、「冬至」と「湯治」を重ね合わせて、ゆず湯に入る風習ができたものだろう。その芳香は邪気を払うとされる。柚子は中国原産のミカン科の常緑小高木で、多くの精油成分を含み、今日、日本各地で栽培されている。ピネン、シトラール、リモネンなどは新陳代謝を活性化させ、全身の血行を促進させることから冷え症や風邪に効果がある。ノミリンには鎮痛作用などがあり、ビタミンCやリモネンには保湿効果がある。芳香にはアロマセラピー効果もある。なるほど、昔の人は偉い!

また、カボチャ(南瓜)はウリ科カボチャ属の緑黄色野菜で、16世紀中頃にポルトガル船によりカンボジアから移入、名前の由来もそこにある。こちらは、江戸時代中期頃から野菜の不足する冬場のビタミン補給する意味合いもあり、冬至にカボチャを食べる風習ができたとされる。カボチャに含まれるカロチンは体内でビタミンAに変わり、感染症などの抵抗力を促進するとされる。ほんとうに、昔の人は凄い!

自然の中で多くの生き物たちとともに生きてきた人びとは太陽の恵みに感謝し、自然のエネルギーの変化を自然に理解してきたのだろう。今日の私たちも何と学ぶべきことが多いことか。

posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(2) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

おがまる出航!

20091226093722.jpg今日からエコカフェ特派員の澤さんが先陣で小笠原に行きます!
あいにくの曇り空ですが、穏やかな出航となりそうです。
30日には、第二陣の出発です。

posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

ちょっと休憩!?

ビーグル号の航海日誌 2009年12月25日 17:48

20091205150842.jpg宮古島は、犬もノビノビ!

posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

脳ミソを裸にする瞬間に

ビーグル号の航海日誌 2009年12月21日 23:58

IMGP7068.JPG師走とはよく言ったもんだ。
現代は一年中脳ミソはフル回転だ。
生きる不安、孤独死の不安、
職場での不安、家族に見捨てられる不安、
同僚の裏切りや見えぬいじめ、何もできないと勝手に決めるける自分、
この百円で何が買えるか、明日はどう生活をしたらよいのか、
今を生き、明日を生きるために脳ミソはフル回転だ。
自己防衛本能ばかりが空回りする社会が無情に横たわっている。
脳ミソを裸にし空っぽにする瞬間、新しい世界の扉が開こうか。

エコカフェは新しいタイプのコミュニティだ。自分を愛し、他人を愛し、自然を愛する。好きな時に参加し、好きなことを提案し、休憩もOKだし、一人でない世界観、身近な自然との対話は安らぎと可能性の扉を用意してくれるに違いない。
 
posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(1) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

豊臣秀吉とねねの寺を

ビーグル号の航海日誌 2009年12月19日 12:30

IMGP7062.JPG時計台集会までに少し時間があったので高台寺を訪ねてみた。
高台寺は東山の霊山山麓に位置する臨済宗建仁寺派の寺院で、豊臣秀吉死後その菩提を弔うため、1606(慶長11)年に正室である北政所(ねね、高台院湖月尼)が開基、本尊は釈迦如来である。
創建当時の建物は、開山堂、秀吉と北政所を祀る霊屋、伏見城から移築した千利休作の茶室「傘亭」と「時雨亭」、観月台などだそうだ。茶室の趣も絶句である。霊屋の厨子内左右に秀吉と北政所の木造が安置され、その下にねねは眠っているそうだ。
IMGP7060.JPG方丈前庭も単純で美しく、開山堂と霊屋を結ぶ階段は龍の背のようで「臥龍廊」と呼ばれているのが面白い。
掌美術館所蔵の秋草蒔絵歌書箪笥などの蒔絵は桃山文化の粋を結集していると言えよう。

将軍徳川家康がこの寺の建造に際して、政治的配慮からねねに財政的援助を行ったというのも神様の思し召しだったのではないだろうか。

関連記事(日没前の猿沢池)⇒
posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

日没前の猿沢池

ビーグル号の航海日誌 2009年12月18日 16:35

IMGP7047.JPG本当に寒いです。
猿沢池の水面が冷風に震えています。
この池は749(天平21)年に造られた人工池で、元は興福寺の「放生会」のための放生池だったそうです。
放生会とは万物の生命を慈しみ、捕らえられた生き物を野に放つ宗教儀式のことで、今でも毎年4月17日に鯉を放っているそうです。
この池には放たれたカメや淡水魚が棲息しているが中には外来種も多くいるようです。
そしてこの池には「澄まず濁らず、出ず入らず、蛙湧かず藻が生えず、魚七分に水三分」の七不思議があるそうです。
へーとしながらも本当に寒いです。

関連記事(元興寺にどうしても)⇒
posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

元興寺にどうしても

IMGP7043.JPG南都七大寺のひとつ元興寺を訪問したかったのは、この寺の縁起によると日本伝来は538(宣化天皇3)年とされるとあるからです。
そもそもこの寺は蘇我馬子が593(推古天皇元)年に建立の日本最古の本格仏教寺院とされる法興寺が前身であるとされます。710(和銅3)年の藤原京から平城京へ遷都に伴って、法興寺も飛鳥から新都に移転し元興寺(本尊:智光曼荼羅)とし、元の法興寺は飛鳥寺として残されました。
この寺の屋根瓦や柱材などの一部には法興寺当時のものが使われているのもうなづけます。
IMGP7044.JPG奈良時代には東大寺、興福寺ととに隆盛を極めていたが中世以降衰退し、小寺に分裂し、今は東大寺末寺で華厳宗の元興寺と西大寺末寺で真言律宗の元興寺(極楽坊)がわずかに残っています。

元興寺は日本仏教深化の中で土着宗教である古神道の神様に如来・菩薩などの仏様が融合して行くのをもその盛衰とともに見守ってきたのではないでしょうか。極楽坊には重要有形民俗文化財である中世庶民信仰資料や仏頭などが展示されていて興味深いものがあります。寒さが身を切るほどでしたが訪ねてよかったです。

関連記事(天平の甍を平成から)⇒

続きを読む
posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

天平の甍を平成から

12180003.jpg井上靖作「天平の甍」を今日的にどのように理解すべきか。唐招提寺を訪ねてみた。こんな季節にこの寺を訪れる人は少ないようだ。

仏教伝来し日の浅い日本国に仏教を正しく広めるため、仏教者に戒律を授ける伝師たる高僧を唐から招きたいとする仏教界と聖武天皇。733(天平5)年、第九遣唐使とともに渡航した留学僧の普照、栄叡は、742年に揚州(江蘇省)の大明寺で鑑真と出逢う。IMGP7035.JPGその後、鑑真は11年の歳月と6回の航海を経て来日する。754年、東大寺大仏殿前で聖武天皇ら400名に菩薩戒を授けた。759年に唐招提寺を建立、律宗総本山で本尊は廬舎那仏である。鑑真は761年に日本の東西に戒壇を開設するとともに、僧侶を指導する高僧の教育制度づくりを目指すほか、薬草を日本に初めて移入し、貧民救済にも尽力したとされる。鑑真自身も時の政治に翻弄され苦労も多かったとされる。

当時は聖武天皇の詔により一国一寺、国分寺・国分尼寺の建立が督促されるなど建立費用確保で地方経済は疲弊し、多くの庶民が一番の犠牲者になったようです。平成の国づくりはこれからどうなるのでしょうか。

関連記事(法隆寺五重塔を)⇒
posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

法隆寺五重塔を

12180002.jpg寒空のもと法隆寺五重塔に会いました。
この塔は世界最古の木造建築だそうです。木造建築は日本の気候風土にとても合っています。湿気を吸ったり吐いたりと。
この塔の姿形は幾何学的に極めて美しいです。古に斑鳩の人びとは遠くから見渡せるこの塔を拝み願いを託したんですよ。


関連記事(二体のお地蔵さまに)⇒
posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

なつかしの

ビーグル号の航海日誌 2009年12月16日 18:08

090720FHcA[Qij 041.jpg

スカパー!社内報に今年の夏行われた日食のレポートが掲載されていました。
なかなか大作です!


posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(1) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

ゆめのはし

ビーグル号の航海日誌 2009年12月14日 20:08

IMG_7791.JPG
青い海のなか、一本の橋がつなぐのは島と島。
人や物ばかり運ぶのではなく夢や希望も。

posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

二体のお地蔵さまに

ビーグル号の航海日誌 2009年12月13日 23:42

DSC00185.JPG苔むした庭園に目をやると。
そこには二体のお地蔵さまが苔のお蒲団をまとい寄り添っている。そのお姿に心ひかれ、心洗われる。内面の美しさが静かに溢れている。「仲良きことは美しきかな」とは作家武者小路実篤氏の言葉でもあるが。

ここは京都大原にある三千院(三千院門跡)の庭園である。
三千院と言えば、青蓮院、妙法院とともに天台宗三門跡寺院のひとつで、創建は延暦年間(782年から806年)と最も古い。061105_0826~0001.jpg開基は最澄、別称に梶井門跡といい、本尊は薬師如来である。当初は比叡山内にあり、最終的に1871(明治4)年、現在の地に移転し、極楽院往生極楽院、写真参照)を取り込んだ。
往生極楽院阿弥陀堂は平安末期(12世紀)の創建で、内部は舟形天井をし、阿弥陀三尊坐像(阿弥陀如来、観音菩薩、勢至菩薩)を包むように安置している。両脇時とも和式正座から腰を幾分浮かしたポーズで、いつでも西方極楽浄土から舟に乗って亡くなった人を迎えに来る態勢でいらっしゃる。

お地蔵さまも阿弥陀三尊像も当時の人びとの深い信仰を今日に感じさせてやまない。

関連記事(清水寺の紅葉)⇒
posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

海岸線の鎮守の森

ビーグル号の航海日誌 2009年12月12日 09:41

12120001.jpg昨夜は嵐ぎみの天気でした。
一夜明けると晴れです。空には昨夜大暴れした残党の雲たちがいるようです。
左手遠方に「森戸大明神」の鎮守の森が鬱蒼としているのが見えます。
その右手さらに遠くに名島があり、微かに鳥居が確認できます。

posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

マングローブの境界林で

ビーグル号の航海日誌 2009年12月10日 18:35

IMGP7007.JPG宮古島の島尻マングローブ林を観察中のことです。
マングローブ林の背後林になっているオオハマボウの葉っぱに何やら真っ赤な蠢く幾つもの集団がいるではないですか。
ガイドの正坊こと奥浜正明さんに「カメムシですかね?」と聞いたがよく分からないようであった。
マングローブ林や汽水域に棲息する魚、沿岸の海洋の藻場との命のつながりのことは詳しいが、昆虫などには余り関心を持っていなかったようでもある。マングローブ林に棲息する生き物の多様性の大切さについて気づいていただき、嬉しくもあった。

葉っぱに群れる主を調べてみると、「クロジュウジホシガメ(黒十字星亀虫、学名:Dysdercus decussatus)」と分かった。九州南部から南西諸島、台湾などに分布し、集団で棲息しオオハマボウやフヨウの葉や実を吸汁するそうです。
成虫は頭が黒く、赤をベースに黒地に白い十文字模様が鮮やかで、幼虫は赤地に黒い点があったりし、格好は巨大なアブラムシのようです。あまり気持ちのよいものではありませんでした。なんとも。。。。

関連情報(マングローブ林は)⇒     関連記事(里山の生き物A)⇒   
関連記事(田んぼの生き物F)⇒    関連情報(森の忍者たち)⇒
posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

宮古島といえば・・・

ビーグル号の航海日誌 2009年12月08日 20:00

IMG_8024.JPG
宮古そば。
地域や島ごとにスープや麺の歯ごたえが違い、とてもおもしろい。
しかもどこもおいしい!
それを目当てに、いろいろと島めぐりをしながら試してみるのも楽しいかも。

posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(1) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

池間湿原は静寂

ビーグル号の航海日誌 2009年12月06日 14:25

091206rA.JPG昭和初期に漁港建設のために海との間が閉ざされた。
言わば半ば人工的な湿原で淡水化が年々進んでいるという。
ここはアマサギ、コサギ、ダイサギ、マガモ、オナガカモ、カイツブリ、コガモ、サシバ、ミサゴなど野鳥の宝庫である。

ぜひとも次代に残したい湿原のひとつである。

写真をクリックしてね!
posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

大神島遠見台にて

12060006.jpg12060002.jpgここは神様の島です。
うーん!

posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(1) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

島尻マングローブ林は

091206}O[u.jpg島尻のマングローブ林は生き物たちの小さな楽園のようだ。
正ぼうこと奥浜正明さんが案内してくれた。このマングローブの原生林はヤエヤマヒルギが旺盛のようだ。成長の遅いオヒルギ、ヒルギダマシ、メヒルギは守勢に回っている。しかし遷移は確実であろう。20年前頃まで繁茂していたヒルギモドキは絶滅してしまったとのことだ。
マングローブの入江は地下からの湧水で維持され、干潟の生き物の多様性を維持し、入江の水が海に流れ沿岸の藻場を守ってもいる。
生命の循環が成立している。凄いことだ!


続きを読む
posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

宮古島パワースポットに

ビーグル号の航海日誌 2009年12月05日 18:00

091205p[X|bg.JPG荷川取牧場で宮古馬との別れを惜しみつつパワースポットへ。
別名「宮古島のへそ」とも。
「天体と人間才能は無限である 1981年5月8日」とある。
深い瞑想に体が引っ張られ大地に溶け込むような不思議な感覚が支配する。
ここは圧倒的だ。不浄のものをすべて浄化させるかのようだ。

エコカフェらしいご褒美を頂いたような気がした。感謝、感謝!!

posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

宮古島馬との触れ合い

12050006.jpg在来馬の宮古島馬は天然記念物である。
エコカフェでは宮古島分室の村上さんが子どもたちの乗馬体験に取り組んだりしている。
荷川取牧場を視察させていただきました。
16頭の馬が自然に近いかたちで保護飼育されていました。
4頭のお母さんがおなかに子どもを宿しているそうです。誕生が楽しみですね。また、来ますとお約束をしました。

関連記事(特派員澤さんからの報告)⇒ 

posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ