フタリシズカ(二人静)の花は

ビーグル号の航海日誌 2010年09月18日 23:03

IMG_9097.JPG今日は先に「字書き虫」のことを紹介しました。日中のんびりと写真整理をしていたら、薄暗い林床で穂状花序を伸ばし始めたフタリシズカの写真がありました。今年6月5日、赤城自然園で実施した「第39回草花教室」の際に撮影したものです。

フタリシズカ(学名:Chloranthus serratus (Thunb.) Roem. & Schult.)はセンリョウ科チャラン属の多年草。北海道、本州、四国、九州の山地の林床や林縁の薄暗い場所に自生。朝鮮半島、中国にも分布。花期は4月から6月頃、茎の先端に二本以上の穂状花序を伸ばし、小さな白色の無数の小花を列する。小花には萼も花弁もなく3個の雄蕊が子房を抱くように取り付きます。

和名の由来は、2本の穂状花序を、能楽「二人静」の静御前とその亡霊の舞姿に例えたことにあるといいます。薄暗い林床でひっそりと咲く姿は可憐にして刹那な妖艶さを伴っているようにも見えるのが不思議です。皆さんも春になったらのんびりと林床の花々散策をしてみてくださいね!


関連記事(フタリシズカ?と字書き虫)⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ


続きを読む
posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

フタリシズカ?と字書き虫

IMGP6523.JPG湿度が少なく少し暑くともやはり爽やかな一日となりそうです。
こんな日は初秋の低山を散策するのもよいでしょう。

高尾山の散策道脇の林縁や林床にはヒトリスズカ(一人静)やフタリシズカ(二人静)をよく見かけます。春になると輪生状の4枚の葉の中心からブラシ状の白色の小花からなる穂状花序をつけます。ヒトリシズカでは一本、フタリシズカでは二本以上となります。

この季節、花のない株の葉っぱに何やら白い曲がりくねった筋があるではないですか。これは「字書き虫」と呼ばれるハモグリガやハモグリバエの幼虫が葉の中を食べた痕なのです。筋は幼虫の成長に従って少しずつ太くなり最後に穴を空け飛び立っていくのです。

皆さんも気軽にトレッキングできる低山に出掛けてみてはいかがですか?新たな気づきに挑戦しましょう!

関連記事(フィールド学習の成果)⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ

posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

フヨウの小さな世界

ビーグル号の航海日誌 2010年09月07日 08:41

IMGP9037.JPG昨夜から少し風が吹き夏の暑さが一時飛んでいったような朝である。いつも通う道すがら帰化植物のフヨウ(芙蓉)の薄ピンクの色の花が咲いている。8月中ずーっとアスファルトの割れ目から茎を伸ばし葉を繁らせ、代り番こに花を咲かせている。生命力の強い植物らしい。

花の中央には雄蕊が放射状にブラシを作りその中央をつんと雌蕊が伸び5裂。カメラを構えると蜜をなめに来ていた蟻んこたちが花弁の後ろに隠れてしまった。花粉を雄蕊から雌蕊へと運んでもいる。一匹がわずかに身をすくめている。こんなとことにも小さな共生の世界があるようだ。



posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

浦内川岸辺でリュウキュウイノシシ

ビーグル号の航海日誌 2010年09月06日 01:56

P1100329.JPG八重山諸島最大の島、西表島は熱帯雨林気候に属し、約90%が熱帯や亜熱帯の植物が生茂る原生林が占有。平地は少なく最高峰の古見岳(469.5m)をはじめ急峻な地形を多くの大小の河川が渓流をなし、海に注ぐ。森が深く固有生物も多く、「東洋のアマゾン」とも言うらしい。

桑木山(標高312m)を水源とする浦内川をボートでクルージングしているときに、背後のブッシュから河畔に飛び出してきた「リュウキュウイノシシ」の子どもを発見した。思わずシャッターを切った。ボートからの距離が遠いため小さくしか写らない。リュウキュウイノシシは島では貴重な御馳走で、運が良いと見られると言われていたので大喜びだった。

100812ELECmVVq@Y.JPG リュウキュウイノシシ(琉球猪、学名:Sus scrofa riukiuanus Kuroda)は琉球列島に分布する固有亜種。生態的にはニホンイノシシに近いが、体型は小さく、春と秋の2回繁殖期があり、幼少期の縞模様は見られないなどの特徴があるという。ニホンイノシシの島嶼化現象による小型化と考えられているが、頭蓋骨の形状が異なることから原始的な別種とする説もあるらしい。ちなみに、沖縄県版RDBでは情報不足(DD)だが、環境省RDBでは地域レベルで絶滅の恐れが高い種として徳之島地域個体群(LP)に登録されている。いずれにしても大切に守りたい野生動物には違いないと思う。

posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

アブラゼミさんさようなら

ビーグル号の航海日誌 2010年09月05日 18:32

IMGP9038.JPG夏が終わるのかしら。
あれほど夜中まで鳴いていたアブラゼミの声は少なくなっている。
早朝の乾いたアスファルト上に一匹のアブラゼミの死骸が。
昨夜のうちに墜落したのだろうか。
何だか夏の終わりを告げているようだ。

今日も日中は真夏のような暑さになった。
朝歩いた路地裏を夕方歩いたらその死骸は消えていた。
夏の終わりを感じさせる風が吹いている。
誰か子供が持ち去ったのだろうか。
それとも風の悪戯だろうか。

その魂は虫たちの天国にのぼってしまったのだろうか。
夏の暑さを一緒に持って行ってくれたのだろうか。
秋はもうそこまで来ている予感がしてならなかった。
夏は終わるのだと。
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ





posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

雲上の御来光

100905_052605.jpg100905_052054 (2).jpgエコカフェのサポーターから一報がありました。
4日(土)朝からゆっくり登山し、7合目で宿泊、今朝日の出前に富士山山頂を制覇したそうです。
写真2枚が送られてきました。左が5時20分、右が5時26分に撮影。
雲海の遥か東方から一条の光が広がりゆく圧倒的な世界観は生きる喜びそのもののような気がしますね。


関連記事(ご来光に出会い)⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ


posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(2) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

ブラシノキなんだって

IMGP8133.JPG伊豆大島の東海岸沿いを走っているときに撮った一枚の写真。季節は6月中旬、初夏の気配。撮影した時には花が小笠原固有種のムニンフトモモに似ているが花先から茎がのび葉が付いているので変だなと思った。

草花教室のついで調べてみると「ブラシノキ」だと分かった。ブラシノキ(学名:Callistemon speciosus)はフトモモ科ブラシノキ属に分類される常緑小高木。オーストラリア原産で日本には明治中期に移入。ブラシの毛のように見えるのは雄蕊の花糸、名前の由来はここから来る。花弁や額は小さく目立たない。
写真にはこの花が咲いたあとにできる丸い粒々の果実が確認できる。この実は森が火災に遭った時に割れて種子を散布するのだそうだ。その先には茎が伸び、花が咲き、実が出来るといった繰り返しが分かるのも面白い。これがこの仲間の競争戦略・差別化戦略ということになる。日本ではまったく無用な気がするが....。

関連記事(伊豆大島三原山のニオイウツギ)⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ


posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

生命の泉という名のビーチに

ビーグル号の航海日誌 2010年08月31日 04:56

IMG_1165.JPGハプナビーチの「ハプナ」はハワイ語で「生命の泉」という意味だそうです。
夜光虫の死骸や砕けた珊瑚からなる白砂のビーチは海水に濡れると乳白色となりしっとりと落ち着いた感じです。
そしてどこまでも果てしなく濃さを増していくブルーのグラデーションの海の広さが圧倒します。
この白砂の海岸線付近の海底からは清らかな泉が湧いているとの言い伝えがあるそうです。泉は神聖なものとして考えられ、海底から湧いている泉は海の生き物を育んでいると人びとは信じたのでしょう。
この白砂のビーチにはアカウミガメのお母さんたちが産卵のため上陸するのではないでしょうか。
かくも美しい白砂のビーチを海の生き物たちと分かち合っているなんて素敵ですね。

関連記事(そーっと贅沢な時間を)⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ


posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

ハプナビーチの黄昏は

ビーグル号の航海日誌 2010年08月30日 23:30

IMG_1223.JPGアメリカLAに赴任したサポーターからのレポートです。
渡米して一カ月が経ち漸く車の運転にも慣れ、ハワイ島まで遊びに行ったそうです。ハワイ島ハプナビーチの黄昏はとっても美しいそうです。

風が波浪を走る音が幾重にも重なって聞こえます。
風は海から少しばかりの肌寒さを伴ってやってきます。
ゆっくりと倒れる時間の中でオレンジ色のグラデーションが景色を染めていきます。オレンジ色の美の光景に無が支配し全てが受け入れられそうだと勇気づけられます。
ああ、おぼろげに全てが崩れていき脳裏は冴えわたるばかりです。不思議と可能性への挑戦の勇気が湧いてくるのです。

ハワイ諸島の島々は北西に長く連なりプレートテクトニクスの生き証人でもあります。島ごとに自然の特徴も異なり、固有種も多いですよ。
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ


posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

帰化植物ヘラバヒメジョオン(箆葉姫女苑)が

ビーグル号の航海日誌 2010年08月29日 23:03

IMGP9023.JPGびっくりです。富士桜高原の別荘地には多くの帰化植物が侵入しているらしい。

庭先の林内けもの道脇に何と1株のヘラバヒメジョオン(箆葉姫女苑)が花を咲かせていました。
ヘラバヒメジョオン(学名:Erigeron strigosus Muhl. ex Willd.)はキク科ヨモギ属で北アメリカが原産ですが、大正時代に移入し、今日では国内に広く分布しているようです。
それにしても帰化植物、凄しです。

@河口湖富士桜高原
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ


タグ:外来種
posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

ヌスビトハギの告げるもの

08150013.jpgヌスビトハギ(盗人萩)の花は、昔から夏が終わりに近づき風は初秋を感じる頃に咲く花とされているようだ。なかなか風流ではないか。
花は小さなピンクの蝶形花が総状花序となり、葉は三出葉で互生。この仲間は国内に9種。変異も多いという。マルバヌスビトハギは葉の幅が広く、ヤブハギ(藪萩)とケヤブハギ(毛藪萩)は茎の下部に葉が集中し、ケヤブハギは茎・柄に毛が密集し葉の幅が広い。フジカンゾウ(藤甘草)は花がやや大きい。写真は「ヤブハギ」かもしれない。
名前は花が萩の花に似ることと実の形状が「盗人の忍び足」の跡に似ていることに由来するらしい。

IMGP9025.JPGヌスビトハギ(学名:Desmodium podocarpum DC. subsp. oxyphyllum (DC.) H.Ohashi)は、マメ科ヒトツギハギ属の多年草。北海道から琉球列島までの低地から山間部のの草原や林縁、人里にも自生。種子の表面に沢山の小さな鉤(かぎ)が並びマジックテープのように衣服や動物の皮膚にくっ付いて散布するため、「ひっつき虫」の一つとされている。

@河口湖富士桜高原
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ


posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

薪の火炎の静まりとともに

ビーグル号の航海日誌 2010年08月28日 22:30

IMGP9031.JPG今宵の宴も終わりが近づいてきたようです。庭先の薪の火炎は日暮れとともに熱気という存在を高め再び静まってゆきます。
自己主張していたアカマツの枝の一本一本は灰と化し大地に戻っていくのです。アカマツのセルロースの組織体は炎と引き換えに主張をやめてしまったのです。
大地に還り、大地を潤すのです。多くの生き物のために....。

IMGP9033.JPGこれから富士桜高原に宵の帳が下りると、この庭先にも彼らけものたちの世界がやってくるのです。
静寂な闇に彼らの息づかい、気配を感じることは、何とも言えぬ恐怖感が走り、同時にとある種の安堵感が交錯するんですよ。生きているということの証のために....。

関連記事(河口湖富士桜高原で涼む)⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ


posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

河口湖富士桜高原で涼む

100828_1522~01.jpg100828_1333~01.jpg白山先生のお誘いで河口湖富士桜高原に出掛けた。
昨年訪問しているので自力で辿りつけると思いきや、残念。
自動車博物館のところまで迎えに来てもらうことになってしまった。
木陰に入ると涼しいが日向は日差しが強く暑いほどだ。

午後のひと時を白山先生のご家族と一緒にゆっくりと食事をしながら会話を楽しんだ。豚軟骨と野菜の煮込み、サクラチップを使ってのポークバラ肉の手作り燻製はとっても美味しかった!IMGP9030.JPG先生の腕の確かさは研究だけではないようだ。

スズメバチやカメムシの来訪はたまらないが、薪火のはじける音、時折風が木々を走る音、遠くの鳥の囀りは心底心地がよい。森の中にいる実感が何とも言えませんでした。

関連記事(森林浴とBBQ)⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ


posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

フジサン特急で河口湖に避暑へ

IMGP9021.JPG
新宿発10時30分、特急かいじ103号に乗り込む。大月駅で富士急行フジサン3号に乗り換え、12時35分に河口湖駅に到着。
JRと富士急行の乗り継ぎシステムは不便極まりない。JR側がSUICAで自動化されているのに富士急行側は人海戦術となっている。昨年の光景と何も変わっていない。

我慢強い乗客ばかりなのだろうか。それとも嫌なお客さんは乗らなくてよい、中央高速でどうぞ、ということが定着しているのだろうか。ローカル線は経営が厳しいのだろうが、いつになったら改善されるのだろうか、と呆れるばかりだ。駅前でタクシーを待つこと30分。まあ、急ぐ旅でもない、予想の範囲でもある。

ところで、フジサン特急の車窓から霊峰富士を望むことはできなかった。富士山を真っ白な雲が覆っていたからである。同乗のお客さんには登山の格好の人たちも多くいた。富士山登山は平成ブームで湧いているらしいが、山頂で御来光を見れることはそう多くはないと聞くが。エコカフェの富士登山はラッキーだったということらしい。

関連記事(富士山登山を終えて)⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ


posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

キャロル山崎さんに

100827_2039~01.jpgこれだけ暑い日が続くとちょっぴり涼が欲しくなる。
昨夜は誘われるままに芝パークホテル、バーフィフティーンでジャズを聞きながら束の間の涼を求めた。
キャロル山崎のボーカル(Vocal)はハートに響く魅力的なものだった。グレッグマッケンジーのピアノも優れていた。山村隆一のベース、宇山満隆のドラムも十分に楽しめた。

洗練されたジャズライブを静かな森の中で聴くことができないものか、とほくそ笑んでしまいました(笑)。キャロルと挨拶し、少しお話できたのもよかった。エコカフェの輪に感謝です。

人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ


posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

秋田竿灯祭りは

ビーグル号の航海日誌 2010年08月20日 23:58

FH010039.JPGFH010037.JPG秋田竿灯祭りは仙台七夕祭り、青森ねぶた祭りとともに東北三大祭りのひとつとされる。報道では8月3日から4日間で135万人、過去3番目の人出があったとされる。

暗闇に浮き上がる竿灯はお囃子や太鼓の音とともに人びとの魂を揺さぶり起こすかのようである。人びとは夏の暑さの疲れを忘却し、無心の境地に至ることができそうだ。闇と竿灯の二律対立が、時間と空間を一気に凝縮し、過去・現在・未来のつながりが明らかにする。親の親、そのまた親の親と祖霊が連なり、子、孫と未来が開かれる。そんな不思議な感覚が。。。。

竿灯祭りの起源は、古来より行われていた田の神を祀り五穀豊穣を祈願し、技芸上達を祈願する七夕行事や睡魔や穢れ、災厄を払い、悪霊から身を守るといったお盆行事が習合したとする説が有力ではないだろうか。江戸時代中期1751から63年(宝暦年間)に、「ねぶり流し」として、旧暦7月6日の夜に灯籠を付けた竹竿を手や肩、額に乗せる原型が出来上がっていたという。

253本の竹竿に総数1万個の米俵に見立てた提灯、稲穂を表現しているという竿灯のしなり具合もお見事である。人びとはどんな気持ちで竿灯祭りを見入っているのだろうか。竿灯祭りの未来はどんなだろうか。

関連記事(仙台七夕祭りは)⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ


posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

ホトトギスにたとえて三者三様というが?

ビーグル号の航海日誌 2010年08月18日 01:01

081106vGRcA[P 019.jpg世間では戦国の名武将である織田信長、豊臣秀吉、徳川家康の性格をたとえて次のようにいわれている。

織田信長:鳴かずんば殺してしまえホトトギス
豊臣秀吉:鳴かずんば鳴かしてみせようホトトギス
徳川家康:鳴かずんば鳴くまでまとうホトトギス

三武将とも時の世を治める政治家であり、経営者としてみることができる。そこで、松下幸之助はこの三者の比較について、次のように説いたという。
「三人ともホトトギスが鳴くということを期待している。つまり、鳴くということにこだわっていることを意味している」「私は、何事も何かにこだわっていたらうまくいかないと思っている。そこで、私はどういう態度で臨むかというと、“鳴かずんばそれもよろしいホトトギス”といったところだ」

ホトトギスは人のために鳴いているのではない、彼らの必要に応じて鳴いているのだ。それを人は鳴き声が美しいとか、心地よい、とか勝手なことを言っているだけなのである。何事も真理を見抜くことが大切で、何事にもこだわり過ぎない、行きすぎない、それこそ素直な心に通じるものであり、素直な心は全体の幸せ(成功)に通じるものであり、松下幸之助の生き方であったといえるようだ。

人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ


posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(2) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

国宝犬山城の佇まい

ビーグル号の航海日誌 2010年08月17日 23:38

RIMG2767R.JPG15日、愛知県犬山市にある犬山城(通称を白帝城)を訪ねてみた。
この城は木曽川沿いの高さ約90mの丘上に築かれている。訪ねたのはお昼前であったが川面を一面に靄(もや)が覆って不思議な光景であった。気温、湿度とも高く水温が極度に低いための現象なのだろうか。

この城は豊臣秀吉が生まれた1537(天文6)年に織田信長の叔父である織田信康が創建。尾張と美濃の国境の要所に位置するため戦国時代を通じて国盗りの主戦場となり、城主がめまぐるしく変わったという。
1617(元和3)年に尾張藩付家老成瀬正成が城主となり、天守に唐破風出窓が増築。天守は日本最古の様式で国宝指定。以来、明治維新の廃藩置県から尾張地震のあった1891(明治24)年まで県所有となったが、何と平成16年まで成瀬家13代が城を継ぎ守り、現在は財団に移管。全くの快挙といってよい。

寡黙な天守閣からの眺望は絶景かな、絶景かな。この夏、戦国の乱世に思いを馳せるのもよいのでは!

関連情報(鶴ヶ城)⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ


posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(1) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

終戦の日を想う

ビーグル号の航海日誌 2010年08月15日 22:19

DSC06996.JPG今日は終戦の日とおなじように蒸し暑い一日であった。天皇・皇后両陛下をお招きし、6000人が参列するなか、日本武道館(千代田区)で「戦没者追悼式」がとり行われたという。今から65年前の1945(昭和20)年8月15日正午、昭和天皇による終戦の詔書の玉音放送がラジオから流された。

第二次世界大戦(太平洋戦争)では日本人約310万人の戦死と犠牲が払われたとされる。枢軸国、連合国の全体の犠牲は資料により異なるが2000万人超になるのではないか。
P5050079.JPG12日放送のNHKスペシャル『玉砕 隠された真実』ではアッツ島守備隊の玉砕の真実が明らかになるなど、硫黄島守備隊の玉砕と同じように大本営は嘘が当たり前のようだ。私たちはこの戦争について知らないこと、知らされていないこと、が多いように思う。そもそも戦争経験者が減り、教科書などの外に子どもたちが知る機会が少なくないのも事実である。

1945年3月26日、小笠原諸島硫黄島が陥落し、B29による本土直接攻撃が可能となった。小笠原諸島父島、母島には本土空爆に向かうB29の監視台、塹壕跡(ざんごうあと)など多くの戦跡を確認できる。皆さまもエコカフェの小笠原エコツアーに参加してみてください。きっと何か違う自分を発見するでしょう!

人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ




posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

銀鮭一匹を料理する

100814_1730~01.jpgエコカフェに鮮度の高い銀鮭が一匹届いたので「玉海力」で鮭ずくしに挑戦した。

お刺身は軽く火であぶったものや皮を湯引きしたものなど美味であった。マリネはトマトとあえてバルサミコ酢で整えた絶品であった。軽く塩を振った焼鮭、一口サイズの唐揚げは口の中で旨みが広がり、中骨の唐揚げは香ばしさが際立った。と、次々と胃袋へ。。。。

舌鼓を打ちつつエコカフェの今後の取組みに大輪を咲かせました。
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ


posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ