五島半生手延べうどんの地獄だきを

船長からのお知らせ 2013年02月24日 21:30

五島うどん@エコカフェ.JPGエコカフェとJSBNのコラボは腰の強いうどんに例えられるなあ、と先日の意見交換の際に話をしていたら、一昨日、突然に「五島半生手延べうどん」が事務職に届いた。五島列島にJSBN取材班が訪ねた時に、竹酔亭で「地獄だき」を食べたらすごく美味しかったということで、ぜひ食して欲しいと送られたものだ。

ちょうど週末土曜日に「QUEST CUP 2013」で日経新聞が無料配布され、「プラス1」を開いたら「温泉食紀行」のページに「花咲く歴史と信仰の島」として五島列島が紹介されていた。もちろん、記事の中で上五島の郷土料理「五島手延べうどん」はかつて島ではハレの日にしか食べられなかったそうです。貴重な食べ物だったということになります。鉄鍋でゆがいて火を止め麺すくいですくって、焼きあごの出汁か、溶いた卵に生醤油を垂らした出汁のいずれかで食べるそうです。うどんには椿油が使われているという。

来年度はエコカフェとしても離島の自然と歴史に触れることのできるプロジェクトを企画したいと思う。企画案は募集します!


関連記事(はいからうどんの食文化)⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ




posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

人は成長するんです

船長からのお知らせ 2013年01月30日 23:10

うだつの食材@エコカフェ.jpgうだつをあげてます@エコカフェ.jpg今宵はエコカフェの活動のコアに関わる省庁OBチームとのミニ懇親交流会がありました。佐々木さんも深山さん、河村さんもいい感じで年輪を重ねていらっしゃるようです。

現役時代以上に幅広く関心を持ち、幅広く活動をされています。エコカフェの活動はその中でも中心的な位置を占めさせていただいているとんことです。

昨年末の忘年交流会に参加できなかったこともあり、人生を楽しく全うするには、ということでお話が止まらないのですね。勢い、日本の国づくりのために政治、行政が何をすべきか、といった大きな話になってしまう。エコカフェも何をすべきかと、....。

途中、愛媛の地から電話参加の森賀さん。とにかく、皆さん、柔軟な思考で前向き、しかもやたらに元気。事務局にとって問題意識をもって豊富な経験をされてきた方がたは知恵者として強力なサポーターでもあるのです。

今宵、お料理も新鮮な食材を大切にした美味しいものでした。お店の名前が「うだつ」というのもよい。どんどん、うだつを上げていこうと、合唱。感謝、感謝です!!


関連記事(事務局阿部さんを囲む)⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ



posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

テレビでないテレビ、nottv

船長からのお知らせ 2013年01月26日 17:11

notv@エコカフェ.jpgnotv2@エコカフェ.jpgテレビでないテレビ、nottv。昨年末で50万加入を突破したそうです。携帯電話でスパホがここまで普及すると無関係ではいられないですね。何ができるか知恵袋を中心に思案中です!もちろんアイデア募集!!

notv3@エコカフェ.jpg石川県では、「いしかわ子ども総合条例」を制定し、少子化対策をより実効性のあるものとし、県民挙げて強力に推進していくため、その拠り所として、子育て支援、子どもの健全育成、子どもの権利擁護といった幅広い分野を包含し規定を整備している。この条例には罰則はないものの「小中学生に対して防災、防犯など特別な場合を除いて携帯電話を持たせないよう努める」という努力規定があるという。

携帯電話を巡るスマホ化は確かに新たな社会問題を惹起させています。スマホがPCと同様の機能をもってしまったがためにあらゆる情報にアクセスすることが可能となってしまったうえ、FBやラインなどの個人情報を開示してのやり取りするサービスが普及しています。ともすれば、匿名性と非匿名性(オープン性)のコミュニケーションが成立しかねず、あらゆるところで落とし穴(ピットホール)が待ち構えているかに思える。新たなコミュニケーションのツールに新たなルールが必要であることも疑いもないだろう。
posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(1) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

第1回江戸下町探訪レポート

130125魚直暖簾@エコカフェ.JPG江戸下町探訪WSリーダーは芝さんと岩本さんです。下町出身の岩本さん、川向うの平澤さんが地元代表。他は地方出身地ということになる。初回探訪は、「恐れ入谷の鬼子母神」と称される法華経の守護神で有名な真源寺のある入谷。江戸時代末期(文化・文政の頃)、御徒町の下級武士らが盛んに変わり朝顔の栽培を楽しんだ。粋な江戸の風情は明治時代になって入谷の植木職人に引き継がれたが、大正2年に植木屋廃業とともに消えてしまったそうだ。今宵、暖簾をかいくぐって入ったふぐ料理老舗「魚直」は、まさにその年に創業。奇偶とも必然か、かくして摩訶不思議な江戸下町探訪の旅が始まったのである。

130125ふぐ刺し@エコカフェ.JPG130125ふぐちり鍋@エコカフェ.JPG30年ぶりに暖簾をくぐったという岩本さん。一行は、今宵の江戸下町談義に、とらふぐ刺し、とらふぎちり、とらふぐ唐揚げ、とらふぐ白子焼き、とり貝、エゾバフンウニ、鰻くりから焼き、ほやとこのわたの塩辛、お漬物、べったら漬け、とらふぐ雑炊、ひれ酒少々をお伴に大輪の花を咲かせました。魚直さんのふぐ鍋は昆布を少々入れただけのいたってシンプルな出汁、ポン酢もダイダイ(橙)を絞って醤油を入れ自分好みに、白ネギの刻み、もみじおろしだけを加えるだけ。ふぐ(河豚)の美味しさを大切にしている。一人前にしては量が多い、けちけちしない江戸下町の粋なふるまいということらしい。ほお。

今に賑わいをみせ有名な「入谷の朝顔市」は戦後の昭和23年に世の中を明るくしよう、地域をにぎやかにしようということで、朝顔の種子のことを中国で「牽牛子(ケンゴシ)」と呼ぶことから牽牛花として七夕の牽牛・淑女に託けて七夕前後3日間に市を立てることにしたんだとか。世の中に意味のないことはない、ということです。


関連記事(アサガオ(朝顔)の思い出)⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ


続きを読む
posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

わたしたちのeco ACTION!!! 黒糖をもっと知ろう!

船長からのお知らせ 2013年01月22日 07:39

11月号記事@エコカフェ.bmp2012年11月号表紙@エコカフェ.bmp全国の高校生諸君に向けたフリーペーパー『JSBN PRESS』に記事掲載。現在、約2000校に配信中。エコカフェでは、編集部と共同して24年度は「日本の伝統食文化」を取り上げています。11月号では伝統食材である黒糖を取上げ、クリスマススイーツ・レシピを紹介しています。

2号にわたる「沖縄の食文化」を学うんできましたが、私たちの食生活にすぐに活用できそうな「黒糖」はミネラルやアミノ酸が豊富!!栄養たっぷりの黒糖を使って「黒糖スイーツ」に挑戦です。黒糖で絶品ティラミス、黒糖でクリスマスホットケーキを紹介しています。

「黒糖はサトウキビの汁を煮詰めたもので、天然の成分が凝縮されています。細胞内のミネラルバランスの維持に欠かせないカリウムが特に多く、その他カルシウム、リン、鉄分が含まれています。また、脳と体の疲労回復に効果のあるビタミンB群(Bl,B2.ナイアシン)も豊富です。ビタミンB群は、不足すると日常生活の中で疲れを感じやすく、また肌荒れしやくなります。黒糖の主成分であるショ糖が、脳の唯一のエネルギー源ともなりますので、疲れを感じる時には積極的に摂りたいですね。黒糖は私たちの健康を増進する生活活性物質が含まれ、予防医学の面からもたいへん貴重なアルカリ性健康食品だと言えます。」(JSBN記事抜粋)

関連記事(わたしたちのeco ACTION!!!〜沖縄の食文化について学ぶ〜(後編) )⇒

人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ



posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

わたしたちのeco ACTION!!!〜沖縄の食文化について学ぶ〜(後編)

船長からのお知らせ 2013年01月17日 00:01

10月号記事@エコカフェ.bmp2012年10月号表紙@エコカフェ.bmp全国の高校生諸君に向けたフリーペーパー『JSBN PRESS』に記事掲載。現在、約2000校に配信中。エコカフェでは、編集部と共同して24年度は「日本の伝統食文化」を取り上げています。遅ればせながら2012年10月号の記事から紹介です。

先月号で葉、沖縄の食文化のイメージや疑問点を取り上げましたが、今月号では、より沖縄の食文化を深めるべく、沖縄の職を見つめてきた栄養学の草分けである尚弘子先生(学校法人科学技術大学院大学学園 理事)にお話を伺いました。長寿の国とも言われている沖縄の食文化の実慮奥に迫ってみましょう!!ということで、ゴーヤ、黒糖(黒砂糖)、ブタについて、深く本質を取り上げています。

番外編!神の島・久高島レポート!!では、複数の聖地、様々なストーリーを持つ「神の島、久高島」に上陸!本島では味わえないゆっくりとした時間の流れを体験してきました!国建ての神アマミキヨの降臨物語りも紹介しています。


関連記事(パワースポット、斎場御嶽)⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ


posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

八ヶ岳山麓の清里で厳冬を満喫

船長からのお知らせ 2013年01月12日 12:43

雲の中の八ヶ岳@エコカフェ.JPG寒い日が続きます。この冬は例年になく積雪も多いようで、スノボーやスキー、スケートなどウインタースポーツを楽しむ機会も多いのではないでしょうか。一昨日、大阪から黒木さんが上京され、急きょ霞ヶ関村の会員を中心にプチ新年会となりました。スノートレッキング、スノーシュ―などで厳冬の森(疎林)や雪原を体感しよう、などと話が大いに盛り上がりました。[2010年2月27日撮影:八ヶ岳山麓@阿部]

突然の吹雪@エコカフェ(八ヶ岳山麓).JPG061209雪上の脚跡@エコカフェ企業環境研修(裏磐梯) 029.jpgエコカフェでも「森の教室」や「自然体験健康プログラム」を実施し、自然との触れ合いのあり方や理解の仕方などについてフィールド実証したことがあります。春、夏、秋の季節には多くの人が山や森を訪れ、それぞれ自然を楽しんでいます。冬の森となるとなかなかそうはいきませんよね。光が少なくもの悲しさが支配します。鳥の声は消え、小さな沢の流れも雪下に埋もれてしまっています。やたらに静かなのですよ。

森ではリスたちが、雪原ではウサギがえさを求め、ホンドキツネや猛禽類のタカがさらにそれらを狙っています。ホンドタヌキやイノシシまでもが森で生活をしているのです。雪上にはいろんな動物たちの足跡があり、食べカスや糞など生活の痕跡があったりします。真っ直ぐに伸びていたり、忽然と向きを変えていたり、恐れ逃げまどったり、親子だったり、……。


関連報告(森の教室)⇒
関連報告(自然体験健康プログラム 〜身体と自然の調和〜)⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ



posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

自然豊かな京丹後の魅力は

船長からのお知らせ 2013年01月09日 17:04

070617京丹後シンポジウム@エコカフェ (2).jpg昨日は京丹後市長の中山泰さんと意見交換の場を得ました。2007年に「〜環境大臣賞受賞記念〜京丹後市環境シンポジウム」に参加し、アベサンショウウオの生息地である善王寺長岡の保護地区や琴引浜の鳴き砂、袖志の棚田、ブナの自然林を視察した時の思い出話に大いに花が咲きました。

昨年は野生誕生のコウノトリのつがいが市内久美浜に定住し、5月下旬に3羽のヒナが誕生したそうです。コウノトリのつがいは「コウちゃん」「八べえ」と名付けられており、名誉市民としたそうです。070617京丹後シンポジウム@エコカフェ.jpg地域では大いに盛り上がっているようです。昨年8月にエコカフェでも佐渡島のトキ保護センターを訪問したのでタイミングのよい話題でもありました。

市長はエコカフェの活動にも至極感心された上で、「日本という国は素晴らしい。みんなで助け合って暮らしている。水も美味しく、自然が素晴らしい。子どもたちもみんないい子ばかりだ。いつも感謝の気持ちでいっぱいなんです。」と自らにも言い聞かせるように力説されていました。京丹後に再訪する約束をして分かれました。各地の取り組みを紹介するのもエコカフェの大切な役割ですね。


関連記事(祇園祭や京の暮らしを支えてきた里)⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ



posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(1) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

壊れることのない友情とは!

船長からのお知らせ 2012年12月26日 00:19

121225友情@エコカフェ.JPG今宵はエコカフェ事務局をゆるやかに育み支える勝手連の忘年会がありました。
集まったメンバーは事務局の日頃の苦労を心底理解し、陰ながら支えている面々です。
ボランティア活動の表でなく縁の下でしっかり支えてくださっている仲間がいることは素晴らしいことだといつもながら感謝しています。
当たり前になったら終わりになります。
当たり前のこと、目立たないことを淡々とやってくださる。
何一つ文句は聞いたこともなく、いつも笑顔で気持ちよく引き受けてくださる仲間に心より感謝です。
121225誓い@エコカフェ.JPG不思議ですよね。何らの報酬はないのに楽しそうに支えてくださっているんです。
経済合理性の世界を超えた世界をどのように理解しますか?
エコカフェにはそんな不思議な人間くささがただよっているのです。
あっちにも、こっちにも、気づけばいつでもそんな空気が支配しています。
壊れることのない友情は壊れることのない価値観に支えられているようです!!


関連記事(てしごとやで原点を)⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ


posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

大切な皆様のために!

船長からのお知らせ 2012年12月20日 00:48

121219エコカフェ忘年交流会風景@エコカフェ.jpg今夜はエコカフェの忘年交流会が開催されました。
97名、たくさんの方々に参加をしていただきました。
恒例のくじ引きプレゼント会を盛り上げるため仮装を決め込み会場に乗り込みました。
プレゼントの品は会員の皆さまからのご厚意によります。
とにかく楽しく喜んでいただけることが大切です。
新しい年に向け多様なメンバーが集い大いに盛り上がることができました。
皆さまの新たなチャレンジに乾杯して盛大な交流会を終えることができました。

とにかく感謝、感謝です!!



関連記事(エコカフェ忘年交流会のご案内)⇒

人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ


posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(1) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

第39回定例理事会開催(速報)

船長からのお知らせ 2012年12月19日 20:00

121219第39回理事会@エコカフェ.JPG本日は第39回定例理事会をデジタルハリウッド東京本校会議室にて開催しました。エコカフェ忘年交流会の日程合わせての開催です。
次の議案について審議しました。
議案1:今後の運営について
議案2:第8回シンポジウムについて
議案3:その他について
議案1については、法人会員をはじめ課員の皆さまへの遡及プログラムの在り方等について検討の方向性を整理しました。
議案2については、2013年2月9日(土)13:30から第8回シンポジウムを開催することとし、「身近な自然の生き物たち・子どもたちの目をとおして〜ウミガメからハッチョウトンボまで〜」をテーマに選定しました。

シンポジウムについては、多くの皆さまにエコカフェの活動理念を御理解いただけるような工夫をいたしますので、スケジュールに日程を確保いただけますようお願い申し上げます。おって、詳細のご案内をさせていただきます。



人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ


posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

祝結婚・星野瑞生さん&京さん

船長からのお知らせ 2012年12月02日 19:09

本日午後に星野瑞生さんと立澤京さんの結婚の儀、披露宴がありました。星野くんはエコカフェ機関誌の編集に当初より携わるなどエコカフェ事務局ボランティアとして、その活動をいろいろと支えて下さっています。古式にこだわりながらもウェディングドレス姿のお披露目もあり、そもそも披露宴会場を「金鶏の間」とするところなど、星野くんの計算された強い意志と柔軟な気配りがよく伝わってくる演出であったと思う。

冒頭挨拶で、なぜ「金鶏の間」を選択したか説明があった。明治14年に赤坂仮御所のご会食所として建造され、明治憲法の草案審議の御前会議に当てられた由緒ある会場なのです。四方の壁画は「牡丹」と「金鶏」をあしらった伝統的な工法によるものだそうです。牡丹も金鶏も中国が原産です。牡丹は8世紀には移入され、古くから樹皮を漢方薬としても利用してきました。 金鶏は江戸時代に移入され、縁起の良い慶鳥として珍重されたといいます。

星野くんの御礼挨拶に「他者との関係性の構築こそが大切であると考え、大切にしていきたいと思います。」との言葉があったのが印象的でした。エコカフェは多様性の価値観を前提に活動をしていますが、まさに、真理を貫く考え方でもあり行動哲学でもあると思います。忘年交流会でも祝福したいですね。心よりおめでとう!!

by トノサマガエル

関連記事(祝結婚・常盤健人さん&裕貴さん)⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ


posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(1) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

それいけ!アンパンマン

船長からのお知らせ 2012年11月25日 08:17

121124アンパンマンショップ@エコカフェ.JPG昨日は新宿でオフ会を行いました。スペインの話や農業体験などよろず談義を楽しみました。
帰り道、アンパンマンショップを見つけました。店内にはちらほらと親子連れの姿が見受けられました。
子どもたちに大人気の「アンパンマン」、漫画家やなせたかしさんは1919年(大正8年)生まれだと言います。現在でも現役で活躍されているそうです。
いまでこそ、テレビ、アニメと絶大な人気のアンパンマンも初期のものは普通のキャラクター、1973年にあんぱんを頭部にもったキャラクターが誕生したという。テーマも貧しい人々を助けるというものだったが、大人たちからは不評、そかしながらキャラクターを幼児向けに3頭身にし、敵のキャラクターを増やすなどして、徐々に子どもたちの間に浸透していったそうです。
121124オフ会@エコカフェ.JPG御苦労もあったのです。マンガであっても、正義、良心、悪を倒す、というテーマは私たちにとって普遍な価値観ですよね。どのように表現し、どのように伝えるかは作者の腕ということなのでしょう。

継続すること、真理を貫くこと、の大切さを改めて知らされた気がしました。老いてますます、東日本大震災を機に子どもたちを支え、子どもたちに支えられている人生のようです。よい午後のオフ会でした。


関連記事(急なお誘いオフ会で知恵比べを)⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ



posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(1) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

急なお誘いオフ会で知恵比べを

船長からのお知らせ 2012年11月20日 23:14

121120オフ会@エコカフェ.jpg121120GANZ模型@エコカフェ.jpg急なエコカフェ会員有志によるオフ会が開かれました。
ネット社会の映像現場におけるグローバルな技術革新の最先端を学び、考えよう、との趣旨であった。
日本で一番古い映画会社である「日活」は今年で100周年を迎えるそうです。
昭和初期を演出するための小道具、変幻自在に演出をする大道具、撮影するためのスタジオなど見学させていただいた。
121120第5回日本アカデミー賞優秀賞「遠雷』@エコカフェ.jpg121120第7回日本アカデミー賞優秀賞「家族ゲーム」@エコカフェ.jpgもちろん、日本アカデミー賞優秀賞を受賞した『家族ゲーム』」や「『遠雷』などいっぱいトロフィーがあって・・・・。
そして究極は最先端技術「auro11.1」による3Dサウンドによる上映デモンストレーションである。
半端でない音による臨場感、コンサートやスポーツ観戦、森の気配など・・・・。
Auro5.1や7.1から11.1の音響効果は言葉は必要ない。国内ではこれから普及が期待される。
エコカフェとしても森や自然の織りなす音響を全身で体感できるのが嬉しい!
知恵はこんこんと湧いてくる。あとは緻密な行動力ですね。監事の石橋さん、ありがとう!!


関連記事(日活撮影所見学を終えて)⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ


続きを読む
posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

エコカフェ忘年交流会のご案内

船長からのお知らせ 2012年11月14日 00:14

上高地@エコカフェ.JPG一年は長いようで短い!今年もエコカフェ恒例の忘年交流会を開催いたします。と、ご案内を送る季節になりました。すでにメルマガでご案内を申し上げました。
お忙しい皆様ですので、早めに日程の確保をお願いいたします。
今回も、仮装?やくじ引きなども予定しておりますので、お誘い合わせの上ご参加お待ちしております!
 
日 時:平成24年12月19日(水) 午後7時〜
場 所:プラザ・プラスワン(千代田区神田駿河台2-1-34/03-3295-4133)
会 費:エコカフェ会員3500円、一般4000円

   ※ご参加の方は、事前に事務局までご連絡ください。

今年のテーマは「自分らしくみんなと生きる」にしようと思います。エコカフェらしいでしょう!!


関連記事(感謝の忘年交流会)⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ



posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(6) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

てしごとやで原点を

船長からのお知らせ 2012年11月13日 23:33

121113てしごとや@エコカフェ.jpg121113希望の星@エコカフェ1.jpg何事にも始まりがあり、終りがあるという。
終りは始まりでありもあり、継続か断絶かいろいろあるようだ。
全ては時間軸の中に飲込まれてゆく。
森林の再生は500年から1000年の歳月が費やされ、地盤や気象条件に依存するようだ。
所詮、この世に生きる私たちの肉体(物質)を超えた世界感である。
なぜに、私たちは精神性(精神的価値観)を持続させようとするのか。
なぜに、種を残すことにこだわるのか。
国家の社会経済活動を維持するためには種の存続を超えて種(人口)を増やそうとするが何の意味があるというのか。
121113大きな夢@エコカフェ.jpg所詮、地球という星のキャパシティは限られていることに気づくべきなのに。
なぜに、赤城の森という人工の森を残そうとするのか。
なぜに、エコカフェは子どもたちの気づきと学びのフィールドとしてこだわるのか。そこには作者の意思がある。
経済的価値観を超えることができなければその存続意味は見出し得ないとするのはいかがなものか。
今宵、今週末に出現する「しし座流星群」を語ろうにも刹那の喜びや関心は本質的な不変の価値観を考えさせる機会を与えることになろうか。
刹那に不変の価値観を見いだせなければ浮世の浮かれた価値観に埋没するだけなのだろうか。
なぜに、流星群は現れては消えるのか。
なぜに、私たちはこの地球に生きるのか。
今宵がいくらあっても足らないと思う私たちが愚かであるというのか。
今宵の友は永遠の友でありたいと思うのは自然の感情であるというのか。


関連記事(南天の星空の憧れ)⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ



posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

小笠原エコツアーWS打合せ(結果)

船長からのお知らせ 2012年10月22日 00:13

120102三日月山から眼下を@エコカフェ.JPG15日に小笠原エコツアーws打合せを個別に開催しました。
世界自然遺産登録後、観光客も増加し、小笠原は活気づいているようです。[2012年1月2日撮影:三日月山から眼下を@山崎]
ガイドさんも増えたし、受入体制も増強されているそうです。
ただ大型客船の入港数は限界に近いようにも思えました。
打合せの結果、ナショナルランドさんの「第36回お正月の旅 小笠原」の船内イベントについてはエコカフェとしてのイベントは見送ることにしました。
エコカフェのこれまでの小笠原エコツアーや調査実績を体系的に整理することも決めました。
松崎さんから来年6月に向けた企画づくりの話もあり、エコカフェの小笠原での活動はそこに照準を合わせることになりました。
エコカフェの運営方針、体制のあり方や小笠原における生物多様性のリサーチセンターの必要性、子どもたちの学びとどう連携させるかなどについても意見交換がなされました。
今川さんからも貴重な意見をいただきました。

エコカフェとしてはこれからも進化し続ける小笠原の生態系と私たちの関わりをしっかり探求していきたいと思います。


関連記事(往路「きそ」船内での講演(速報))⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ



posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

他分野交流のための勉強会を!

船長からのお知らせ 2012年10月09日 20:13

121009ゆかいな仲間たち@エコカフェ.jpg121009愉快な仲間たち2@エコカフェ.jpg今宵はエコカフェ初めてのチャレンジです。
エコカフェが得意とする自然環境生態の分野ではなく労働雇用問題の分野の勉強会を行いました。
講師は厚生労働省の小林洋司さんです。
我が国が抱えているこの分野の課題と政府の取り組みについて分かりやすく説明していただきました。
エコカフェも80歳を超えた会員の方もいらっしゃって積極的に参加してくださっています。
生涯を通じて社会に貢献することの大切さについても学びました。
エコカフェのようなNPO活動に携わるスタッフと雇用問題は密接に関係していることも痛感しました。
ニート問題や障害をもった人たちの社会参加の問題など幅広く、簡潔にして核心部分までも学ぶことができたことに感謝です。

恒例の懇親交流会でも外交政策などこの国のあり方を大いに語りながら笑顔にして盛り上がりました。
17日は小笠原関係の打ち合わせ会を開催します。


関連記事(くじけないおおらかさに乾杯!)⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ



posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

お母さん、ありがとう!

船長からのお知らせ 2012年09月22日 07:00

120921お誕生ケーキ@エコカフェ.JPGお母さん、お誕生日おめでとう!

溝井さんはエコカフェスタッフのお母さんである。

いつも国のことを考え私たちのことを気遣ってくれている。

語り出すと熱く舌鋒鋭く世相を斬り私たち一人ひとりを鼓舞してやまない。

未来を見据えた眼光は一条の輝きをもって人を動かそう。

時折見せる笑顔は深い愛情に満ち緊張感を解きほぐそう。

120921プレゼント@エコカフェ.JPG緊張の落差の中で一人ひとりが何かに目覚める、心地良い何かに。

昨日があって今日があるように今日があって明日がある。

一人ひとりが夢と希望をもつときそれぞれの人生が切り開かれよう。

それぞれの人生が重なり合って国の未来が拓かれてゆく。

悔いの無い一度きりの人生のために。

お母さん、ありだとう。


by トノサマガエル
posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

くじけないおおらかさに乾杯!

船長からのお知らせ 2012年08月29日 01:57

120821_2048~01.jpg先日、エコカフェ霞が関村おじさんの会が開かれました。
紅一点がまぶしいが....
この人たちは日本という国が大好きなようだ。
この人たちは日本人であることを誇りに思っているようだ。
この人たちは何かを成し遂げる人たちであるようだ。
この人たちはくじけずいつも前向きだ。
この人たちはいつもおおらかで笑いが絶えない。
この人たちは自分のことより他人にことを大切に生きている。
120821_2116~01.jpg120821_2047~01.jpg
エコカフェはいつも子供たちに幸せを届けたい!



関連記事(人生の節目に大切な時間を)⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ



posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ