事務局の臨時休業のお知らせ

船長からのお知らせ 2011年03月19日 00:12

フクジュソウ.JPGNPO法人エコロジー・カフェからのお知らせです。
3月11日14時46分頃に発生した三陸沖を震源とする東北地方太平洋沖地震(M9.0)とそれにともなう大津波により、三陸地方をはじめ東日本太平洋沿岸地域に未曽有の被害をもたらしました。ここに亡くなられた多くの方々に深く哀悼の意を表するとともに被災された多くの方々に心よりお見舞いを申し上げます。
エコカフェでは南三陸町、気仙沼市を活動拠点としてきましたので、多くの関係者が被災しました。つきましては、16日から事務局の業務を臨時休止しております。急な用務は緊急連絡先までお願いすることとし、何とぞご理解のほどよろしくお願い申し上げます。

緊急連絡先:ビーグル号副船長 奥村、一等航海士 雨宮・川合・山崎、二等航海士 森本

理事長 山科 誠
posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(1) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

高校生諸君が集まるJSBN PRESS

船長からのお知らせ 2011年03月05日 00:08

2011年1月@エコカフェ.JPG2011年1月号です。エコカフェでは、全国の高生諸君に向けたフリーペーパー『JSBN(Japan School Broadcasting Network)PRESS』に記事を連載中。「なるほど☆エコゼミナール(第9回)」のコーナーを読んで欲しい。

この号では「COP10の成果〜名古屋議定書とは〜」を取り上げています。このテーマは第7回エコカフェ・シンポジウムでもプレゼンがありました。レッドデータブック【009】ではエコカフェ絶滅危惧種保護センターで保護飼育している「サイイグアナ」を紹介。カリブ海の小さな島の乾燥した森林や岩場などに生息し、全種がIUCNレッドリストで絶滅危惧U類(VU)に分類。『絶滅危惧U類』とは「絶滅の危険が増大している種。現在の状態をもたらした圧迫要因が引き続いて作用する場合、近い将来「絶滅危惧I類」のランクに移行することが確実と考えられるもの」とされています。
基礎エコ用語集では、ラムサール条約、リタナーブル瓶、レアアースなどを解説しています。

絶滅危惧種保護センターでは、2月13日と3月2日にコキサカオウムの赤ちゃんが誕生しました。とってもかわいいですね!

関連記事(心機一転のJSBN PRESS)⇒
posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

訂正とお詫び

船長からのお知らせ 2011年02月23日 18:34

第7回エコカフェシンポジウムでは、坂戸あずま幼稚園園児の皆さんの夢いっぱいの報告でした。
21日の掲載記事は、外来生物についての指摘がありまして書きましたが、タイトル、記事内容ともに誤認がありましたので22日に削除いたしました。
この間、関係者の皆様にご迷惑をお掛けしましたことをお詫び申し上げます。
園児の皆様が愛情いっぱいで育てら種はムラサキインゲンといって日本でも販売されておるもので問
題はありません。エコカフェとしてはこの点をしっかり確認しておくべきでした。猛省です。

posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

エコカフェのUSTREAMチャンネル

船長からのお知らせ 2011年02月20日 18:51

昨日の第7回エコカフェシンポジウムは「エコカフェのUSTREAMチャンネル」で生中継しました。今回
の生中継は「USTREAM」システムの利用評価を実証的に行うもので、エコカフェ公式HPの編集担当の中田さんが担当し、全体を次のようにまとめてくださいました。写真は会場風景。

IMGP0219.JPGエコカフェのUSTREAMチャンネル

〇昨日の録画と(Twitterまとめ)
第1部:録画⇒      Twitterまとめ⇒
第2部:録画⇒      Twitterまとめ⇒
第3部:録画⇒      Twitterまとめ⇒

Twitterまとめ(シンポジウム全体)⇒

このようなシンポジウムにおける講演やパネルディスカッションを生中継することは、Twitterで参加者同士が議論することも期待ができ、多面的な効果が見込まれると推察された。Twitterでの参加者の確保や幾つかの技術的な課題もあるように思われた。
posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

深い森に足を踏み入れてみませんか

船長からのお知らせ 2011年02月19日 10:06

IMGP0058.JPGさあ、今日は午後から「第7回エコカフェシンポジウム」を開催いたします。[生中継番組はこちら⇒]

今回のテーマは「気候変動と生物多様性の関係を探る」としました。事前に何人の方からマスコミなどで日頃から耳にしている言葉ですが、正直言ってよく分かっていないのです、挑戦的なテーマですね、などの声が寄せられています。

写真は典型的な照葉樹林の森です。手つかずのスダジイ、カシを中心とする原生の森です。伊豆大島で撮影しました。[鬱蒼とした森を歩く⇒]
この森は鬱蒼としていて外からは分かりませんが、多くの多様な生き物が生活をしています。食べたり、食べられたり、新しい生命が生まれたり、そこで暮らす生き物たちの物語があります。
一生をこの森で暮らす者たち、季節ごとにこの森を訪れる者たち、森の上のほうで暮らす者も、林床で暮らす者も、木の幹に隠れて暮らす者も、みんな節度をもって暮らしています。

皆様も、エコカフェの森にぜひ足を踏み入れてみましょう。
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ


タグ:伊豆大島
posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

優しさと厳しさ

船長からのお知らせ 2011年02月17日 23:46

110217_2224~01.jpg大切なものは何か?

今日はゆっくりとお話ができました。

優しくなければ生きる資格はない
厳しくなければ生きてゆけない

太田さんも、真保さんも

ながーい、ながーい、お付き合いです。

人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ


posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(1) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

「フード・アクション・ニッポン アワード2010」入賞!

船長からのお知らせ 2011年02月12日 11:26

IMGP6151.JPG去る2月1日、「フード・アクション・ニッポン アワード2010」の授賞発表があったそうです。エコカフェ法人会員の潟Kイアプロロモーションの綾城将紘さんから、このアワードのコミュニケーション・啓発部門入賞の連絡がありました。とても嬉しい報告です。

受賞者株式会社 ガイアプロモーション株式会社 クラブファーム特定非営利団体エコロジー・カフェ
プロジェクト:『稲作体験遠足〜お米から「食」の興味を高める1年間のプログラム〜』

ちなみに大賞は『タイスブレッドクッカー「GOPAN」を活用した啓発活動』です。このアワードは、食料需給率向上に向けた活動を広く社会に浸透させ、私たちや未来の子供たちが、安心しておいしく食べていける社会の実現を目指すものだそうです。写真は賞とは関係ありません、念のため。

エコカフェとしても、これからも、子どもたち、お子さんを持つおやごさんたちのために継続できる農業体験や身近な自然観察などのプログラム開発に尽力していきたいと思います!!

関連記事(第35回定例理事会開催・速報)⇒人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ


posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(1) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

第22回NL&RDB編集委員会の開催(速報)

船長からのお知らせ 2011年02月01日 20:47

IMGP0018.JPG先月末の日曜日、第22回NL&RDB編集委員会を開催しました。日頃はメール利用での意見交換や情報共有が中心であるが、こうして皆で集まると深い話し合いができます。

まずは、NL16号の反省として、文責表示形式の統一、編集用aiファイルのクリーンナップ、メーリングリストへのコンテンツ(写真、文章)のアップ・ルール、インデントの使用ルール、インタビューの音声データのアップ・ルールなど編集上の技術ルールについて整理しました。
次に、NL17号の編集方針、スケジュール、担当等について決めました。
編集委員の取材見学として株式会社日活の撮影所を候補に挙がっていることを報告しました。
続いて、編集作業が進んでいなかったRDB(レッド・データ・ブック)の具体的な作業目標、スケジュールと担当を決めました。
最後に、編集委員会の開催日などの運営について決めました。

編集委員募集中!!

関連記事(久しぶりの委員会)⇒人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ


posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

出逢いと可能性、夢

船長からのお知らせ 2011年01月29日 11:40

110128ベレーザ後援会.jpg昨夜は、野田朱美(日本サッカー協会理事)さんが日テレ・ベレーザ監督に就任したことを踏まえ、みんなでしっかり応援していこうということで「ベレーザ応援団御茶ノ水支部」設立のキック・オフとなりました。社会人と学生からなる若いエネルギーを知恵もって応援していきます。
応援団長は丸山博史、事務局は松坂浩明。エコカフェ会員でもあります。したがって、応援団には奥村さん、山崎さんをはじめエコカフェ会員の方がたも参加しています。今回は郵政サッカー部の皆さんの顔がないのが残念でした。
鈴木良平さんや横浜・Fマリノスの飯塚さんらとサッカーというスポーツを新たな社会づくりに活かそうということで盛り上がりました。飽きない仕組みづくり、輪がひろがる仕組みづくり、....。

ということで、エコカフェとしても「日テレ・ベレーザ」の活動を新たな可能性、夢の追求ということでお手伝いしていきます。応援団への入会希望の方は事務局松坂までご一報ください!

関連記事(新しい土地で新たな出逢いを)⇒人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ


posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(2) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

第86回定例事務局MTGを開催!

船長からのお知らせ 2011年01月14日 23:00

IMG_9491.JPG新年初めての事務局MTGを開催しました。
来年度の事業スケジュール、農林水産業に関するWS、第7回シンポジウム、草花教室、自然観察会などについて打合せや相談、また、農産業の現状についての情報交換等1時間半ほどをかけて行いました。
今年も継続するもの新しく始めるもの、見直しが必要なものとしっかりと地に足をつけて進めて生きたいと思います。
皆様のご参加とご協力を心よりお願い申し上げます!
posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

心機一転のJSBN PRESS

船長からのお知らせ 2011年01月02日 00:00

IMGP9862.JPG12月号です。エコカフェは、全国の中高生諸君に向けたフリーペーパー『JSBN(Japan School Broadcasting Network)PRESS』に連載中。「なるほど☆エコゼミナール(第8回)」のコーナーを読んで欲しい。

この号では「ゴミ問題〜処分場のゆくえ〜」を取り上げています。3R(リデュース、リサイクル、リユース)のすすめを説いています。レッドデータブック【008】ではエコカフェ絶滅危惧種保護センターで保護飼育している「オオアタマヘビクビガメ」を紹介。このカメは首が長く、南米の沼地や湿地に生息しています。IUCNレッドリストで準絶滅危惧(NT)に分類。『準絶滅危惧』とは「存続基盤が脆弱な種。現時点での絶滅危険度は小さいが、生息条件の変化によっては『絶滅危惧』として上位ランクに移行する要素を有するもの」とされています。どこの国でも人為的な開発が一番の原因となっているようですよ。
基礎用語特集では、マクロビオテック、緑のカーテン、容器包装リサイクル法などを解説しています。

「もったいない」ではないですが、日ごろから物を大事にする心がとっても大切ですよ。今年はあなたもぜひ3Rに挑戦してくださいね!

関連記事(急げ急げのJSBN PRESS)⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ

posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

謹賀新年・兎

船長からのお知らせ 2011年01月01日 00:06

R0010036.JPGあけましておめでとうございます。
初日の出に身が清められ一点の曇りもない清清しい朝をお迎えのことと思います。
今年は皆さまにとってどんな一年になりそうでしょうか?
エコカフェは今年も身近な自然から多くのことを気づき、学ぶための仕組みを提案していきたいと思います。

人類は太古より自然から多くのことを学んできました。
火の使用、石器から鉄器へ、狩猟採集・漁撈から牧畜・農耕へ、集落から都市国家へ、森林破壊と古代文明の衰退、食糧獲得と戦争、精神革命(宗教・哲学)から産業革命へ、緑の森からコンクリートのジャングルへ、移動時間を短縮し、ICT革命で活動範囲を一気に広げ、一方で地球資源が限りあることを知り、自然破壊と気候変動にあえぎ、...。ウサギ.JPG
太古から相変わらず、日光は温かく時に灼熱に、風は優しく時に暴風に、雨は大地を潤し時に破壊的洪水を、森川海は多くの生命を育むことを繰り返している。

自然は私たちに、優しさと厳しさ、繊細さと逞しさ、素直さと意外さ、多様な生き物の繋がりを教えてくれます。子どもたちに素晴らしき未来を紡ぐことがあなたとわたしの責務です!行動しましょう。

人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ

posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

急げ急げのJSBN PRESS

船長からのお知らせ 2010年12月26日 11:32

IMGP9863.JPG11月号です。エコカフェは、全国の中高生諸君に向けたフリーペーパー『JSBN(Japan School Broadcasting Network)PRESS』に記事を連載中。「なるほど☆エコゼミナール(第7回)」のコーナーがホームグランドになっている。

この号では「食の安全〜遺伝子組み換え食品とは何か〜」を取り上げています。近年、病害虫に強い品種改良を遺伝子レベルで作り出しています。この作られた遺伝子もウィルスなどの遺伝子に取り込まれ、つまりは病原菌などに取り込まれ、地域を超えて水平伝搬することがアメリカなどでは確認されているという。
レッドデータブック【007】では甲羅が「クモの巣」の幾何学的な模様でとても美しい「クモノスガメ」を紹介しました。マダガスカルの生息環境に適応分散したため3種の仲間がいます。エコカフェの絶滅危惧種保護センターでも保護飼育していますよ。詳細を知りたい方はこちら⇒
基礎エコ用語集(ナ行からマ行)では「燃料電池」「バイオ燃料」などについて分かりやすく解説しています。

高校生諸君の流行情報誌「JSBN PRESS」はおとなが手にとっても面白い!!!

関連記事(周回遅れのJSBN PRESS)⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ

posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

忘年交流会の神髄は

船長からのお知らせ 2010年12月24日 12:00

RIMG0567.JPGRIMG0559.JPG22日に開催したエコカフェの忘年交流会に参加された会員の皆さま方は、大いに楽しんでいただけたのではないでしょうか。いろんな分野で活躍されている方々であるからこそ多様な会話があり、新たな挑戦への扉が開くのではないでしょうか。
101222_204708_M.jpg
RIMG0549.JPG失敗談や苦労話、悩みや相談事まで兎に角明るく前向きに語り合った。こうしよう、ああしようと。初めて出逢う人も前から知り合いの者同士もすべてが一つに溶け込んでいく時間を楽しんでいただけたのではないでしょうか。希望や大きな夢をのせて....。

ビンゴゲームではサプライズの景品に大いに盛り上がっていただけたのではないでしょうか。山科理事長、仁藤副理事長、奥村専務、岡理事も盛り上げ役です。サンタクロースやトナカイに加えて、プレゼントナビゲーターに「河童」まで登場しました。景品をご寄付いただいた方々にはこの場をかりて御礼です。RIMG0557.JPGRIMG0564.JPG

遅れて参加の方、挨拶のみに駆けつけてくれた方、先に帰られた方、60名を超える笑いがありました。準備のお手伝いしてくれた川合さん、柴田さんの赤ちゃんも可愛かった。すくすく大きくなってね。残念ながら仕事都合で参加できなかった方にも感謝、感謝、感謝でした。

関連記事(昨年の忘年交流会の模様)⇒
posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(1) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

第35回定例理事会開催(速報)

船長からのお知らせ 2010年12月23日 22:18

IMGP9867.JPG昨夜は第35回定例理事会をデジタルハリウッド大学東京本校8階大会議室で開催しました。理事長の山科さん、副理事長の仁藤さん、専務理事の奥村さん、理事の岡さん、杉山さんが出席されました。また、監事の石橋さん、運営評価委員の山崎さん、高谷さん、関西事務所の石田さんが議案の関係で参加されました。以下の議案が議決されました。
〇議案1:関西事務所来年度の取り組みについて
〇議案2:第7回シンポジウムについて
〇議案3:湿生植物学習センターからの提案について
また、報告事項「エコカフェの活動と各企業との取り組み等について」に関し、事務局から報告があり、内容について意見交換を行いました。
〇東京タワーでの夏休みシーズンにおける企画イベントに伴う寄付報告
〇潟Kイアプロモーション様との幼稚園児向け生き物ストリー教材の共同製作
〇里山づくりプロジェクトの相談依頼の進め方
〇赤城自然園での子供環境教育プロジェクトの進め方
〇農林水産業を取り巻く現状と今後の展開に関するWS
〇事務局研修の実施報告(古民家再生と農業体験の新規プロジェクト化を含む) 等

園児向けの田んぼを舞台にした「わたしの名前はガーコ」などの生き物クイズをストーリー化した学習教材のクオリティーの高さに感心しました。デジタルハリウッド大学、同大学院の学生さんたちにも活躍したいと言われるくらいに、エコカフェとしても活動のコンテンツの多様性とクオリティを高めていきたいものである。

関連記事(第34回定例理事会)⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ

posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

周回遅れのJSBN PRESS

船長からのお知らせ 2010年12月21日 21:23

IMGP9861.JPG10月号です。エコカフェは、全国の中高生諸君に向けたフリーペーパー『JSBN(Japan School Broadcasting Network)PRESS』に記事を連載中だ。「なるほど☆エコゼミナール(第6回)」のコーナーがホームグランドでもある。
COP10で行われていることの紹介やレッドデータブック[006]のコーナーでは、エコカフェが保護飼育しているパキスタンやバングラディシュ、インド北部の大河流域に生息する「ハミルトンガメ」について解説しました。
また、基礎エコ用語集のコーナーでは「サーマル・リサイクル」「ソイシール」「太陽光発電」「都市鉱山」について分かりやすく紹介しました。
これからも若い学生諸君に自然や環境のことを紹介していこうと思う!!!!

関連記事(遅ればせながらのJSBN PRESS)⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ

posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

エコカフェ忘年交流会のご案内

船長からのお知らせ 2010年12月18日 14:04

101215_1700~01.jpgおお、ギリギリでメンゴです。年の瀬、クリスマス前で何かとお忙しいと存じます。さて、メルマガ65号で今年の忘年交流会をご案内したにもかかわらず、問い合わせが相次いでおりますので、急きょご案内掲載することとしました。
昨年も大いに盛り上がりましたが、今年もネタの仕込中です。これは会員の皆さまへの感謝の気持ちもあります。ご協力いただく方はよろしくお願いします。
〇日 時:12月22日(水) 午後7時より
〇会 場:プラザ・プラスワン(千代田区神田駿河台2-1-34 2階)
     地図はこちら⇒
〇会 費:会員3500円、一般4000円

なお、参加については事前登録が必要です。メルマガでは17日を締め切りとしておりましたが、できれば20日(月)中にお願いします。また、一般の方で参加希望の方は会員の方の紹介が必要となりますので、よろしくお願い致します。

関連記事(昨年の忘年交流会の様子)⇒    関連記事(冬至とクリスマスイブとサンタクロースと)⇒

人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ



posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(1) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

素敵な出逢いに

船長からのお知らせ 2010年12月15日 01:41

101214_2011~01.jpg昨日も朝から忙しい一日であった。大阪からエコカフェ運営評価委員の川合アユムさんらが上京し合流した。
川合さんの紹介で原宿「YM square HARAJUKU」にてユニット『花月』kagetsuのミニライブを聴きに行った。荒川由里子さんと始澤文美子さんのユニットです。最近では、ピアニストのMISAKIこと、島田美紗希さんとの共演をしている。

「私だけの王子様」「うつろい」「言霊」のほかクリスマスソングで癒しの一時を魅了してくれた。由里子さんの少し固めの緊張感のあるハスキーボイス、高音のアンニュイさが素敵だ。文美子さんの大人への脱皮するかのあどけなさも奇妙に魅惑する。美紗希さんのピアノはどこまでも軽快に響く。

新しい出逢いは新しい可能性へと扉を開いてくれたようだ。森の生き物たちの息づかいと溶け込むようなリズムとテンションが楽しい世界を広げてゆく。不思議と森の妖精と人びとの心を結びつけるイメージが湧き、新たな萌える芽生えに歓喜の波動が静かに押し寄せてくる。エコカフェの新たな1ページに。

人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ




posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

カレーライスの味は

船長からのお知らせ 2010年12月11日 22:45

101211_1209~01_0001.jpgエコカフェ事務局研修会の終了後に希望者のみで特製牛筋カレーライスを食べました。一部の若者らは波を求めて静岡に旅立ちました。
牛のコクと確かな筋の触感が何とも言えず、極上のまろやかな味わいを演出していました。

目の前にあるカレーライスも丹精を込めて料理したシェフや素材である葉山牛を愛情を注いで育て上げた農家さんの物語りが詰まっている。

自分目線で物事や事象の上っ面ばかりを勝手に理解したり、会得してはいませんか。今回の研修では目の前にあるもの奥だったり、先だったりあるものを見ようとすることの大切さもしっかり学んだのではないでしょうか。

posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

エコカフェ事務局研修会は

101211_1006~02_0001.jpg平成22年度エコロジー・カフェ事務局研修会が逗子で開催されました。今回で三回目。参加者は9名。

昨夜は山崎さんから「エコカフェが目指すもの」と題して、子どもたちが身近な自然から学びとる生きる力が国の未来を紡ぐことに繋がること、エコカフェが創意工夫すべきことなどについて講話があり、続いて楽しく意見交換をしました。本日はエコカフェの活動にどう関わるか、来年度に何に取り組むべきか、などについて各自から発表があり、発表内容の深堀りのための議論をし、一定の方向性を整理しました。

エコカフェにとっても参加者にとっても有意義な研修会だったと確信します!

posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(1) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ