真鶴港の長閑な風景

⇒自然観察会 2014年06月03日 07:46

140531石材所@エコカフェ.JPG140531魚網@エコカフェ.JPG真鶴港は真鶴半島の北側に位置し、半島陰の天然の良い港です。古くから近くに石切り場があって、積み出し港にもなっています。江戸城築城に大きく貢献したといいます。[2014年5月31日撮影:第20回自然観察会@阿部]

140531市場@エコカフェ.JPG140531市場風景@エコカフェ.JPG訪ねた時は昼過ぎでしたので、魚市場は閑散としていました。建屋内は薄暗いのですが、きれいに清掃してあり、魚の生臭いにおいもありませんでした。日当たりのよい場所には魚網が干してあって、漁港の風景を印象付けていました。

お昼ごはんは、昼過ぎになりましたが、キンメダイの煮付けやお刺身をたらふく食べました。散策後の至福の一時です。みなさんも、真鶴半島にお出かけください。


関連記事(初島の風景)⇒
関連記事(三宅島のゆっくり確実な植生回復は)⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ


posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※エコ・カフェ事務局が承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/98791304
※エコ・カフェ事務局が承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲このページのトップへ