海浜植物、シロバナミヤコグサ(白花都草)

ビーグル号の航海日誌 2014年05月20日 22:50

140314シロバナミヤコグサ@エコカフェ.JPG八重山群島黒島の仲本海岸の琉球石灰岩地の砂浜でみた海浜植物にシロバナミヤコグサがあります。黄色い花をつける日本全国に自生するミヤコグサの仲間ですが、その白花品種ではなく別種とされています。[2014年3月14日撮影:八重山群島黒島@山崎]

シロバナミヤコグサ(白花都草、学名:Loutus australis Andr.))はマメ科ミヤコグサ属の多年草。分布は南西諸島喜界島以南、国外では熱帯アジアからオーストラリアに及び、海岸の砂浜に自生。140314シロバナミヤコグサ@エコカフェ.JPG草丈は20pから40pほど、茎は圧毛が生え、地表を匍匐します。葉は奇数羽状複葉、小葉は2対、葉身1.5pから2pほどの倒披針形、葉先はやや尖ります。花期は3月から4月頃、葉脇から散形花序をだし、長さ約1.2pの白色の花を4、5個咲かせます。果実は長さ4、5pほど、径約4oの円筒状の豆果です。

この仲間は根に共生根粒菌であるミヤコグサ根粒菌を共生させているため、厳しい環境下でも逞しく育つころができます。根粒菌に頼る植物のほとんどがフロンティア植物であるともされていますね。


関連記事(海浜植物、ノシラン(熨斗蘭))⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ



posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※エコ・カフェ事務局が承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/97200398
※エコ・カフェ事務局が承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲このページのトップへ