ツルアダンは支配的な植物とも

ビーグル号の航海日誌 2014年05月18日 15:42

140315ツルアダン@エコカフェ.JPG八重山諸島の亜熱帯照葉樹林の森に入ると、アダンによく似たつる性の植物を見かけます。樹木を這い上がっています。ツルアダンです。頼られた樹木は樹幹まですっぽりと覆い尽くされて枯死してしまうこともあると言います。八重山諸島では生存競争が厳しいようです。[2014年3月15日撮影:石垣島於茂登岳@山崎]

ツルアダン(学名:Freycinetia formosana Hemsley)はタコノキ科ツルアダン属のつる性常緑低木。分布は八重山群島(石垣島・西表島)、国外では台湾、フィリピンなどに及び、低地から山地までの森林内に自生。樹高は10m以上、幹径2、3pほど、幹はよく分枝し、多数の気根をだしながら樹木や岩に張り付きながら登拳、先端部は樹木から離れ空中に突き出ます。葉は茎先端部に集生し柔らかく光沢、基部は鞘状、葉身40pから60pほどの細長線形、葉縁に鋸状の棘がつき葉先は尖ります。葉裏主脈上にも棘がつきます。花期は5月から7月頃、雌雄異株、枝先端に数個の長さ8p前後の肉穂花序を傘状に束生、多数の雄花又は雌花を密生。花序の花軸には葉状の黄白色の苞がつきます。果実は長さ8pから13pほどの円筒形の集合果、赤く熟します。

小笠原諸島父島を先日訪ねたときに、森の案内人の松原さんからの説明で、小笠原固有種とされる近縁のタコヅルは頼った樹木の半ばほどまでしか攀じ登ることはないそうです。小笠原に固有の植物たちは共に不思議なことに生きる戦略を取っているのだそうですよ


関連記事(タコヅル(蛸蔓)は東南アジア系)⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ


posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※エコ・カフェ事務局が承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/96836425
※エコ・カフェ事務局が承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲このページのトップへ