シマツユクサ(島露草)は南方系

ビーグル号の航海日誌 2014年05月17日 19:17

120722シマツユクサ@エコカフェ.JPG琉球王国最高の聖地である久高島のヤグルガーへ向かう断崖途中、アダンモクビャッコウウコンハイマツクサトベラツワブキソナレムグラなどの海浜植物群の中で撮影した一輪のシマツユクサ。ピンボケでしたので仕舞い込んだままでしたが、どうも気になるので紹介します。[2012年7月20日撮影:久高島@山崎]

シマツユクサ(島露草、学名:Commelina diffusa Burm. fil.)はツユクサ科ツユクサ属の多年草。分布は九州南部、南西諸島、国外では熱帯・亜熱帯アジアに広く、日当たりの良い湿り気のある草地や水田の畔などに自生。愛知県、徳島県、静岡県でも自生の情報あり。草丈は20pから50pほど、茎基部でよく分枝し、地面を這って斜上。茎には節があり、節のある所から根を出します。葉は互生し茎を抱き、葉身5pから8pほどの披針形から卵状披針形、葉縁はやや波打ち、先は尖ります。平行脈が目立つ。花期は3月から8月頃、苞葉から1p突き出して淡青色の花を咲かせます。花径10oから15oほど、花弁3枚は同じ大きさです。また、地中に無開の「閉鎖花」つけ、自家受粉し、結実します。

ツユクサ(露草)との違いは、花が小ぶりだが花弁3枚とも同じ大きさであること、苞葉がツユクサよりやや大きく尖ること、果実は3室(ツユクサは2室)あること、で見分けるのは容易そうですね。


関連記事(三宅島山中でツユクサ(露草)を)⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ


posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(1) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
ホソバツユクサという似た種があるそうです。花の形がちがうそうです。残念ながら写真がピンボケなので何とも言えませんね。
Posted by クロツグ at 2014年05月18日 16:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※エコ・カフェ事務局が承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/96722270
※エコ・カフェ事務局が承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲このページのトップへ