アオウミガメ(青海亀)に魅せられて

ビーグル号の航海日誌 2014年05月09日 07:36

080221保育園代理30頭放流@エコカフェ.jpg小笠原諸島はアオウミガメの一大上陸・産卵地のひとつです。小笠原海洋センターは戦争と米軍統治下を除き、戦前から一貫してアオウミガメの産卵調査、保護飼育を続けています。エコカフェでは10年前から協働して小笠原小学校5年生の総合学習をサポートしています。[2007年3月1日撮影:父島宮之浜@山崎]

アオウミガメ(青海亀、学名:Chelonia mydas (Linnaeus))はカメ目ウミガメ科アオウミガメ属のカメ。IUCNレッドリストで絶滅危惧TA類、ワシントン条約附属書Tに記載。分布はインド洋、大西洋、太平洋に及び、日本では小笠原諸島、南西諸島が主な産卵地。甲長は80pから100p、体重は70sから230s、甲羅はつるつる、椎甲板5枚、肋甲板左右各4枚です。食性は草食性であるため、頭部は小型(前額板2枚)で吻端はあまり突出せず、咬合面は鋸状。産卵期は小笠原諸島では5月から9月頃、この間に4、5回、各80個から150個ほどの産卵を繰り返す。卵は径5p前後の球形、孵化直後の幼体は甲長5p足らずです。小笠原諸島で誕生したものが成熟し来島するまでに約30年と考えられています。

採食地と産卵地を回遊し、小笠原諸島を産卵地とするものは日本太平洋側近海を採食地としているという。名前の由来は体脂肪が緑色であることにあります。これは海草や藻類の色素が沈着したものだそうです。


関連記事(絵本「たたちゃんのだいぼうけん」)⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ


posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※エコ・カフェ事務局が承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/96016010
※エコ・カフェ事務局が承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲このページのトップへ