モクタチバナ(木橘)は畑地跡に勢力拡大

⇒エコツアー 2014年05月06日 19:27

140428モクタチバナ@エコカフェ.JPG父島北袋沢から西海岸へのルート沿いにはムニンヒメツバキ、キバンジロウ(スウィートグァバ)、モクタチバナが密に自生している場所があります。松原さんの話ではかつて畑があった場所だそうです。戦争で放棄畑地となり、植生回復が進んでいるのだそうです。それは決して本来の原生の森ではないのです。畑地跡といってもモクタチバナはムニンヒメツバキよりもやや湿った場所を好むという。[2014年4月28日撮影:未開の森と南島をめぐる父島満喫の旅@山崎]

140428モクタチバナ林@エコカフェ.JPGモクタチバナ(木橘、学名;Ardisia sieboldii Miq.)はサクラソウ目ヤブコウジ科ヤブコウジ属の常緑小高木、高木。分布は四国南部、九州、南西諸島、小笠原諸島、国外では台湾、中国南部に及び、海岸風衝地から山地の常緑樹林内のやや湿った場所を好んで自生。樹高は3mから5m、時に10mほど、樹幹は真っすぐ伸び、樹皮は灰白色、枝は柔軟で付き方が幹に対して上側が膨らむのが特徴です。葉は互生(枝先に輪生)し厚く平滑で光沢、葉身3pから18cmほどの前広の狭倒楕円形から倒楕円形、全縁で葉先は尖ります。葉脈は目立たない。花期は4月から5月頃、葉腋から散房花序をだし、黄白色の小花をたくさん咲かせます。花径約5mm、花冠は5裂、雄蕊5本。果実は径約8mmの球形の液果、熟すと黒紫色になります。食することができるという。

南西諸島でよく見かける近縁のシシアクチは見た目そっくりですが、果実が扁球だそうですよ。ちなみに、アカギフカノキトベラショウベンノキとともに八重山群島に生息する日本最大の蛾であるナグニサンの食樹でもあります。


関連記事(シマモクセイ(島木犀)は堅い)⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ


◎沖縄本島北部の大石林山(標高240m)山中「亜熱帯自然林コース」で見たモクタチバナ[2015年6月27日撮影:沖縄本島中北部視察@阿部]
150627モクタチバナ@エコカフェ.JPG150627モクタチバナ樹幹@エコカフェ.JPG
 2015.7.31追記

posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※エコ・カフェ事務局が承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/95672111
※エコ・カフェ事務局が承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲このページのトップへ