ココヤシはたくさんの果実を

⇒エコツアー 2014年05月04日 22:14

140427ココヤシ@エコカフェ.JPG小笠原諸島父島の製氷海岸にある小笠原海洋センター敷地内に立派なココヤシが1本ある。父島では戦前に南洋群島から種子を移入したことがあるという。このココヤシがその当時の子孫なのか、漂着した種子が発芽したものかは定かではないようだ。[2014年4月27日撮影:未開の森と南島をめぐる父島満喫の旅@山崎]

ココヤシ(ココ椰子、学名:Cocos nucifera L.)はヤシ目ヤシ科ココヤシ属の常緑高木。原産地はメラネシア、ヤシ科の中では最も利用価値が高く世界中の熱帯地域で栽培。140427製氷海岸@エコカフェ.JPG樹高は10mから30mほど、幹はやや斜上し(しばし途中で屈曲)、幹は平滑、葉は幹の先端に集生、単羽状複葉、葉身5m。花期は周年、葉腋から円錐花序をだし、雌雄異花で黄色、先端部に雄花、基部に雌花をつける。果実は緑色で長径約30pの楕円形、外側は繊維質の分厚い層、内側に堅い殻の種子(核果)があり、内部に固形胚乳層と液状胚乳が入っています。果実は海水に浮き海流散布します。

ココヤシの固形胚乳は生食することができるほか、ココナッツミルクなどに加工したり、油脂(ココナッツオイル)を採取することもできます。液状胚乳はココナッツジュースとして貴重な飲料になります。10年前に初めて訪問した時に美味しく飲んだのを覚えています。


関連記事(クジャクヤシ(孔雀椰子))⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ



posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※エコ・カフェ事務局が承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/95348285
※エコ・カフェ事務局が承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲このページのトップへ