ナンブアザミ(南部薊)は多雪地帯に

ビーグル号の航海日誌 2014年04月13日 23:28

130908ナンブアザミ@エコカフェ (2).JPG桧枝岐ロッジから尾瀬ヶ原に向かう登山道脇で見かけたアザミ。調べるとナンブアザミというらしいです。名前の由来は東北の南部地方に産するアザミということです。ナンブアザミは地域変種が多く、関東地方・中部地方南部ではトネアザミ(タイアザミ)や中国・近畿地方ではヨシノアザミ、佐渡島のサドアザミが知られています。[2013年9月8日撮影:檜枝岐歌舞伎視察@山崎]

ナンブアザミ(南部薊、学名:Cirsium nipponicum (Maxim.) Makino)はキク科アザミ属の多年草。日本固有種。130908ナンブアザ@エコカフェ.JPG分布は北海道、本州中部地方以北に限り、山地の林縁や草原、人里などに自生。日本海側の多雪地帯に多いという。草丈は1mから2mほどで、茎は直立しやや分枝、くも毛が生えます。茎葉は互生し茎を抱かず、葉身20pから30pほどの披針状楕円形で茎上部では葉縁が浅裂し、茎下部ほど大きく葉縁は中裂します。根生葉は花期には消えます。花期は8月から10月頃で、葉腋から花枝をだし幾つかに分枝し、先に径約2.5pから3pほどの頭状花を横向きに咲かせます。花冠は淡紫紅色、総苞片は7裂、披針形で長く、粘らず反り返ります。果実は痩果で風散布します。

アザミの仲間は全世界で約300種、うち日本は約100種が分布し、地域変異が極めて大きいことが知られています。キク科の植物は植物界の中では最も高度に進化したといわれるが、アザミの仲間はとりわけ環境感応度が大きいと言えそうです。きっとゲノムの中にそのような機能が埋め込まれているのでしょう


関連記事(高山植物の魅力(117)/エチゼンオニアザミ(越前鬼薊))⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ




posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※エコ・カフェ事務局が承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/93077585
※エコ・カフェ事務局が承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲このページのトップへ