鳥インフルエンザを巡る情報

⇒農林水産業・・・ 2011年01月22日 22:00

鳥インフルエンザ発生状況@韓国.JPG鳥インフルエンザ発生マップ 001.JPG報道によると「22日、農林水産省は宮崎市佐土原町の養鶏場で死んだ鶏について、高病原性鳥インフルエンザへの感染が確認されたと発表。遺伝子検査でH5亜型と判明。同日、崎県はこの養鶏場で飼育する約1万羽すべての殺処分を終了するとともに、家畜伝染病予防法に基づき、半径10キロ圏内の養鶏場46カ所の計約150万羽と卵の移動を禁止し、立ち入り検査を進めて鶏の健康状態や防疫措置の実施状況を確認」とあります。家禽に感染するA型インフルエンザのうちH5、H7亜型によるものを高病原性鳥インフルエンザといい社会的に問題になっています。

WHO(世界保健機関)は鶏など家禽類にH5N1亜型が集団発生している地域(東南アジア等)では、鶏肉や鶏卵など家禽類由来食品について、食中毒予防の観点から十分な加熱処理と適切な取扱いを求めている。なお、これらの国での死亡原因は、家禽と接触した人への感染によると考えられているが、報道では感染ルートなど詳細が明確にされているわけではないそうです。これから大変な時代がやってきます。



posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※エコ・カフェ事務局が承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/93068292
※エコ・カフェ事務局が承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲このページのトップへ