テンノウメ(天の梅)は紫外線対策を

ビーグル号の航海日誌 2014年04月13日 16:51

130411テンノウメ@エコカフェ奄美大島エコツアー_2s.jpg奄美大島の空港前の植栽コーナーで見たテンノウメ、別名にイソザンショウ。昨年に訪れた時、ちょうど梅の花に似た花を咲かせていました。[2013年4月11日撮影:奄美大島自然体験ツアー@阿部]

テンノウメ(天の梅、学名:Osteomeles anthyllidifolia (Smith) Lindl.)は バラ科テンノウメ属の常緑小低木。環境省レッドリストで絶滅危惧U類(VU)。分布は南西諸島、国外では台湾南部、中国広東省に及び、海岸の隆起珊瑚礁上などに自生。樹高は30pから50pほど、樹幹は岩上を1mから3mほども葡匐、樹皮は紫褐色で無毛、若枝は白い軟毛が密に生えます。葉は互生し革質、葉身3pから4pほどの奇数羽状複葉、楕円形で長さ5mm超の小葉が5対から8対つく。花期は3月から4月頃、枝先に白色の径約1pの花が数個咲きます。花弁5枚、雄蕊20本超、萼に白い軟毛。白い毛は紫外線除け。果実は球形の偽果、紫黒色に熟します。

近縁種に小笠原固有種のタチテンノウメシラゲテンノウメが知られます。両者には氷河期以前に古小笠原諸島に到達し、それぞれ棲み分けしながら独自に進化し今日に至ると考えられます。


関連記事(シラゲテンノウメ(白毛天の梅)の不思議)⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ




posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※エコ・カフェ事務局が承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/93028892
※エコ・カフェ事務局が承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲このページのトップへ