鞍馬寺は春爛漫でパワー全開

ビーグル号の航海日誌 2014年04月12日 22:41

140412鞍馬寺金堂@青柳.jpg足を伸ばして鞍馬寺。京都市左京区、京都盆地の北に位置する鞍馬山の南斜面にあります。山麓の仁王門から本殿金堂までは標高差160mもあるため、途中の多宝塔(標高差120m)までをケーブルカーが通じています。そのため仁王門近くでは葉桜、金堂のある所では満開といった具合だそうです。[2014年4月12日撮影:京都市左京区@青柳]

鞍馬寺は鞍馬弘教総本山。寺伝によると創建は770年(宝亀元年)、開基は鑑人和尚の高弟、鑑禎という。異なる伝承も存在する。本尊は毘沙門天、千手観音菩薩、護法魔王尊。古くは真言宗、12世紀には天台宗に改宗、1949年以降独立し現在に至ります。鞍馬寺も他の多くの寺と同様に1126年(大治元年)の火災をはじめ幾度となく焼失、仏像の多くは日を免れ守られてきたという。140412鞍馬寺@青柳_n.jpg140412鞍馬寺満開@青柳.jpg鞍馬山は山岳信仰、修験道が盛んで、天狗にとって最高位の山のひとつで、大天狗が住むと言われます。ちなみに護法魔王尊は天狗のような容姿であるそうです。

金堂に中央に安置される毘沙門天は四天王のうち北を守護する働きがあることから、平安京を守る意味合いがあった。寺説によると毘沙門天は「太陽」、右に祀られる千手観音は「月輪」、加えて、左に祀られる護法魔王尊は「地球」、の精霊、三身一体で「尊天」と称し「すべての生命を生かし存在させる宇宙エネルギー」とするようです。うっ。


関連記事(高尾山薬王院四天王門)⇒
posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※エコ・カフェ事務局が承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/92949640
※エコ・カフェ事務局が承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲このページのトップへ