シュウカイドウ(秋海棠)は恋の悩み

ビーグル号の航海日誌 2014年04月11日 23:49

090926シュウカイドウ@エコカフェ.JPG奥武蔵にある伊豆ヶ岳(標高:851m)の登山道入口近くでみた人為的な植物をもう一つ紹介します。シュウカイドウです。ヨウラクソウ(瓔珞草)ともいいます。付近には民家があり、前栽畑も広がっています。誰か植えたものでしょう。[2009年9月26日撮影:第5回自然観察会@阿部]

シュウカイドウ(秋海棠、学名:Begonia grandis)はシュウカイドウ科シュウカイドウ属(ベゴニア属)の宿根草。原産地は中国山東省以南、マレー半島、日本には江戸時代初期に移入。草丈は70pほど、葉は互生し、葉身20pほどの左右非対称の扁心形。花期は8月から10月頃、雌雄異花、茎頂から花序を伸ばし、径2、3pほどの淡紅色の花を下向きに咲かせます。雄花は小さな花弁2枚、大きな萼片2枚、球状に集合した雄蕊が目立ち、雌花は大きな萼片2枚、花弁を欠きます。果実は楕円形で羽が3枚付きます。花後に葉脇に珠芽零余子とも)を付け、無性生殖します。

日本には八重山諸島に自生するコウトウシュウカイドウやマルヤマシュウカイドウが知られます。花言葉は「自然を愛す」「恋の悩み」「片思い」「未熟」などがあるようです。


関連記事(神代植物園でベゴニアを)⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ

posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※エコ・カフェ事務局が承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/92908507
※エコ・カフェ事務局が承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲このページのトップへ