子どもたちはアオウミガメの行動観察を

⇒こどもたちと 2014年04月08日 06:55

IMGP0701.JPG2013年度12月のアオウミガメレポートです。小笠原諸島父島での小笠原海洋センターとの協働の小笠原小学校の5年生の総合学習も9年目。子どもたちはアオウミガメのお世話の名人です。水槽清掃したり成長の様子を知るために計測しながらしっかり行動観察をしています。ついに解剖見学も。[12月詳細レポートはこちら⇒

・11月31日:定期測定&エサやり
・12月7日:給餌&アオウミガメの水槽清掃
141214解剖観察@エコカフェ.JPG・12月14日:解剖見学

子ガメの成長も個体によってまちまち。小さい子もちゃんと餌を食べられるようにエサやりも工夫をしないといけません。甲羅は藻がつきやすくしっかり磨かないとキュキュ。細かなところまで観察しながら総合学習は進みます。死亡した2頭の子ガメの解剖では内臓の様子をしっかり観察しました。


関連記事(天然浜ではカニの食害が多い!)⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ

posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※エコ・カフェ事務局が承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/92713149
※エコ・カフェ事務局が承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲このページのトップへ