シュレーゲルアオガエルの目覚め

⇒自然観察会 2014年04月01日 22:30

140316シュレーゲルガエル@エコカフェ(大草谷津田).JPG冬眠から目覚めたばかりのシュレーゲルアオガエル。すっかり痩せ細ってしまっていて動きもまだまだ緩慢だ。ここは大草谷津田、つい1週間前までは春雪が所々残っていた。ようやく遅い春が来た。田んぼの水たまりにはニホンアカガエルのオタマジャクシが一杯、これからが蛙たちの季節なのです。[2014年3月16日撮影:第19回自然観察会@山崎]

シュレーゲルアオガエル(学名:Rhacophorus schlegelii (Günther))はアオガエル科アオガエル属の蛙。日本固有種、IUCNレッドリストで経度懸念(LC)に指定。140316シュレーゲルガエル@エコカフェ.JPG分布は本州、四国、九州、五島列島に及び、水田や森林に生息。体長は雄では3pから4p、雌では4pから5.5pほど、体色は腹側で白っぽく、背中側で黄緑色、時に褐色化(保護色)。光彩は黄色。繁殖期(4月から6月頃)には、水田や湖沼に集結、水辺や土中に産卵。卵塊は泡で包まれ3pから10pほど、中には200個から300個ほどの卵が産みつけられます。食性は肉食性、昆虫類や節足動物などを食します。

名前の由来は、オランダのライデン王立自然史博物館長だったヘルマン・シュレーゲルにちなんだという。鳴き声が最も美しい蛙と言われています。


関連記事(オットンガエルとは是不思議)⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ


posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※エコ・カフェ事務局が承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/92229632
※エコ・カフェ事務局が承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲このページのトップへ