黒島では子牛飼育が盛ん

ビーグル号の航海日誌 2014年03月13日 20:00

140313出荷待ちの子牛たち@エコカフェ.JPG14031310か月の子牛@エコカフェ.JPG黒島は石垣島から南南西方向に15km、船で30分ほど。ハード形をしていることから「ハートアイランド」とも呼ばれています。小さな島で人口は200人とちょっと、子牛の飼育が盛んで人口の10倍以上も飼われているという。着いた日、ちょうど市場で競りがあったので、たくさんの子牛が出荷待ちのために集められていた。生後10カ月、体重は200kgほどだという。新しい地でさらに育てられ、ブランド牛としての佐賀牛や松坂牛などに育てられるのだという。この時期、島では牛の話ばかりだそうだ。今年の競りはまずまずだったという。
posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※エコ・カフェ事務局が承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/91094260
※エコ・カフェ事務局が承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲このページのトップへ