第19回自然観察会を終えて

⇒自然観察会 2014年03月17日 00:15

140316雪被害の説明@エコカフェ.JPG暑くもなく寒くもない一日、自然観察会(リーダー:寺中)には絶好の日和となりました。今回は千葉市主催の観察会に参加する形式で実施しました。指導員の山岸さんは里地植物に詳しく、テンポよく説明をしてくださりました。

ご説明いただいた植物は、ヤナギ、ノビルキヅタツワブキアオキ、マダケ、ナガバジャノヒゲ、ヤブラン、ムラサキケマンナンテンヤツデスギスイバヨモギ、カントウタンポポ、センニンソウ、ハハコグサ、ニワトコなどです。140316ハハコグサを観察風景@エコカフェ(寺中、玉木).JPGなお、イラガ、ルリタテハ、アカタテハ、ニホンアカガエル(卵とおたまじゃくし)、ウスタビガ(繭)、シュレーゲルガエルについても観察をしました。観察会終了後には、実際にノビル、ヨモギなどの試食もしました。個別の成果については各植物のコーナーで追記していきます。

エコカフェでも私たちの暮らしに役にたつものをテーマに「森の教室」を開催したりしています。私たちの祖先は自然の植物を食べられるもの、薬として役にたつもの、危険なもの、に選別して暮しに役立ててきたのです。深い知恵が隠されています。


関連記事(日本植物分類学の父)⇒人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ


posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※エコ・カフェ事務局が承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/90601255
※エコ・カフェ事務局が承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲このページのトップへ