ミヤマスナゴケ(深山砂苔)の凾フ嘴は超長い

ビーグル号の航海日誌 2014年02月23日 23:57

131006ミヤマスナゴケ@エコカフェ.JPG裏磐梯高原(標高約800m)には五色沼をはじめ大小500もの湖沼群が点在するという。青沼の近くの散策路脇でミヤマスナゴケがパッチをつくっていました。[2013年10月6日撮影:第17回自然観察会@阿部]

ミヤマスナゴケ(深山砂苔、学名:Racomitrium fasciculare(Hedw.)Brid.)はギボウシゴケ科シモフリゴケ属の鮮類。分布は日本を含む北半球に広く、山地や高地の日陰や比較的湿った岩上に自生。131006ミヤマスナゴケ胞子体@エコカフェ.JPG草丈は5pから6cmほどとやや大きく、葉は1細胞の厚さで薄く、基部が卵形で披針状に伸び、全縁で先は鈍頭か短く尖ります。葉身細胞は波状に肥厚し、葉先には透明尖が見られない。雌雄異株。胞子体は直立し先につく凾ノは長い嘴がつくのが特徴です

この仲間も葉身細胞の構造を顕微鏡やルーペで確認しながら同定する必要があるが、ここでは凾フ嘴が長いこと、比較的湿った岩上を好むことから、仮にミヤマスナゴケとした。


関連記事(エゾスナゴケ(蝦夷砂苔)が足元に)⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ


posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※エコ・カフェ事務局が承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/88229338
※エコ・カフェ事務局が承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲このページのトップへ