ウスバゼニゴケ(薄葉錢苔)は1属1種

ビーグル号の航海日誌 2014年02月17日 23:17

130720ウスバゼニゴケ@エコカフェ.JPG秩父山海の東南の端にある棒ノ折山(標高969m)白谷コース、モスグリーンに包まれる渓流沿いの登山道です。崖土壌でみたゼニ苔の仲間、葉状体の形態からウスバゼニゴケとシャクシゴケが候補に、ここでは葉状体の色と大きさからウスバゼニゴケとしておきます。[2013年7月20日撮影:棒ノ折山視察@山崎]

ウスバゼニゴケ(薄葉錢苔、学名:Blasia pusilla L.)はウスバゼニゴケ目ウスバゼニゴケ科ウスバザニゴケ属の苔類。1属1種。分布は日本を含む北半球に広く、日当たりから半日陰の湿った土壌や崖土壌に自生。葉状体は薄く長さ1pから3pほど、幅3oから5oほど、二股に分枝し、裂片は浅く切れ込み半月型。葉状体の表面は淡緑色で暗緑色の小点があります。この小点にはネンジュモの1種である藍藻(Nostoc sphaericum Vauchi.)が共生しています。どのような過程を経て共生関係になっているかは不明。葉状体に生じる無性芽は、葉状体の先に生じるとっくり型の構造内にできるもの、葉状体の背面から生じる星型のもの、の2タイプあります。胞子体(朔)は卵形で4裂し、黄緑色の胞子を散布します。

ウスバゼニゴケ科にはもう1属1種で日本固有種のシャクシゴケ属のシャクシゴケが知られます。こちらの葉状体は長さ3pから10pほどで不透明な暗緑色だそうです。


関連記事(ジャゴケ(蛇苔)の小さな協奏曲)⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ



posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※エコ・カフェ事務局が承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/87507179
※エコ・カフェ事務局が承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲このページのトップへ