第2保護センターレポート@

ビーグル号の航海日誌 2014年01月31日 10:50

第二保護センターは絶滅危惧種の研究&保護、特に魚の保護を中心に活動しています!

特に緊急な課題としては、東南アジアに生息するダトニオと呼ばれる魚、その中でも急速に数を減らしているダトニオイデス・プルケールの保護をしたいと考えています。

写真1.JPG現在、このダトニオイデス・プルケールは、タイ、カンボジアの、チャオプラヤ川、メコン川に生息しているとされています。しかし、諸説あり、たびたび論争になっていることもありますので、この場では総称してダトニオということでレポートしていきます。体色から「シャムタイガー」とも言われていますが、これもまた、話しを複雑にしますので、統一してダトニオと呼び、その他の似て非なる魚との違いを明確にしたい場合は、説明を加えながらご報告して行きたいと考えています。

もちろん、最終的には、いまだ人工の繁殖例が無いとされるこの種の、水槽内繁殖を目標に活動を続けてまいります。
写真2.JPG

センター長:森田

posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※エコ・カフェ事務局が承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/87473916
※エコ・カフェ事務局が承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲このページのトップへ