カラクサゴケ(唐草苔)!?

ビーグル号の航海日誌 2014年02月15日 15:05

131207カラクサゴケ@エコカフェ.JPG山梨県にある岩殿山(標高634m)の山中で見たコナラの樹幹についたウメノキゴケの仲間。調べてみるとトゲウメノキモドキにも似ていますが、ひとまずカラクサゴケとしておきます。[2013年12月7日撮影:第18回自然観察会@山崎]

カラクサゴケ(唐草苔、学名:Parmelia squarrosa Hale)はウメノキゴケ科カラクサゴケ属の葉状地衣類。分布は低地から高山まで及び、樹皮や岩上に着生。地衣体は灰白色、径20pほどのほぼ円形(時として不正)に伸び、粉芽はなく円筒状の裂芽をつけます。裂片の背面には不整形の白紋が入ります。地衣体腹面は黒色で縁部では褐色。偽は黒色、スカロース形に分枝します

そもそも日本産ウメノキゴケ科には8属約130種が知られるそうです。この科に関する研究は進んでいるが、種の数が多く分類が難しいとされています。地衣体が葉状だけではなく鱗片状のものもあるんだそうです。


関連記事(ナメラカラクサゴケは地衣類)⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ



posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※エコ・カフェ事務局が承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/87302922
※エコ・カフェ事務局が承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲このページのトップへ