イワガネソウ(岩ヶ根草)は似て非なるもの

ビーグル号の航海日誌 2014年02月10日 21:38

100619イワガネソウ@エコカフェ.JPG奥多摩にある川苔山の車道沿い法面は多様なシダ植物や蘚苔類が覆っています。漸く調べることに、側羽片の数が少ないことからイワガネソウとしてよさそうだ。[2010年6月19日撮影:川苔山@阿部]

イワガネソウ(岩ヶ根草、学名:Coniogramme japonica (Thunb.) Diels)はホウライシダ科イワガネゼンマイ属の大型の常緑性シダ植物。分布は北海道南西部、本州、四国、九州、南西諸島、国外では台湾、朝鮮半島、中国、インドシナに及び、丘陵地から山地の湿った林下などに自生。草丈は90cmから110cmほど、根茎は葡匐し、疎らな葉柄は50pから60cmほど、淡褐色の麟片を密生。葉は1、2回羽状複葉、淡緑色で硬く無毛平滑、葉身40cmから50pほど、側羽片は3対から5対、各羽片は狭長楕円形で全縁か葉縁に細鋸歯、羽先が次第に細くなります。

分布域がイワガネゼンマイと重なる地域では、イワガネソウとイワガネゼンマイの自然交雑が起こり、交雑雑種としてイヌイワガネソウが知られ、中間的な特徴を示すそうです。


関連記事(オキナワウラボシ(沖縄裏星)は日向っ子)⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ



◎屋久島の屋久杉から白谷雲水峡に向かう林道の法面でみたイワガネソウ[2008年11月9日撮影:屋久島エコツアー@阿部]081110イワガネソウ@エコカフェ(屋久島) .JPG

 2014.2.13追記

posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※エコ・カフェ事務局が承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/86993604
※エコ・カフェ事務局が承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲このページのトップへ