リュウキュウガキ(琉球柿)は有毒だが有用

ビーグル号の航海日誌 2014年02月08日 21:19

120722リュウキュウガキ果実@エコカフェ(久高島).JPG久高島は琉球石灰岩でできた島です。降った雨は地下に浸透し、石灰岩の断崖の隙間から流れてしまします。それがガーといって、井戸として使われるのですね。土地が薄く植物にとっても過酷な環境であるようです。ここではリュウキュウガキを紹介します。別名にクサノガキ、クロボウという。[2012年7月22日撮影:沖縄視察@阿部]

リュウキュウガキ(琉球柿、学名:Diospyros maritima Blume.)はカキノキ科カキノキ属の常緑亜高木。分布は南西諸島徳之島以南、国外では台湾、東南アジア、ミクロネシア、オーストラリアと広く、熱帯・亜熱帯の海岸に自生。石灰岩地帯に多いという。120722リュウキュウガキ@エコカフェ(久高島).JPG樹高は5mから10mほど、樹皮は黒褐色で平滑、葉は互生し革質で光沢、葉身5cmから17cmほどの長楕円形、全縁でやや鈍頭。花期は6月から7月頃、雌雄異株、葉腋に雄花は数個、雌花は1個、萼片は反り返ります。花は乳白色、筒状で先が4裂。果実は液果、熟すと黄褐色なるが、毒成分(ナフトキノン誘導体)を多く含み食することはできません

心材が黒色であることから材を黒檀の代用とし、液汁を魚毒に使ってきたという。似ているものに本州中部地方(伊豆半島)以西の山地林内に自生し、萼片の反り返らないトキワガキ、本州関東地方以西から沖縄列島までの山地の湿潤地に自生し、葉裏脈上に毛の生える高木のリュウキュウマメガキ(シナノガキ)があり、観察には注意が必要です。


関連記事(カキノキ(柿の木)がたわわと)⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ



posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(1) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
小笠原諸島父島に外来種として上陸しているらしいです。どうなんでしょうね。
Posted by トノサマガエル at 2014年02月08日 23:01
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※エコ・カフェ事務局が承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/86882112
※エコ・カフェ事務局が承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲このページのトップへ