古代植物、ミズスギ(水杉)は広域だが珍しい

ビーグル号の航海日誌 2014年01月28日 23:16

120526ミズスギ胞子蓑@エコカフェ.JPG火山の島、三宅島。昭和58年の噴火の直接的な被害を免れた山地の岩場や法面などはシダ植物やコケ植物がよく繁茂したりしています。ミズスギもそんな場所で命を繋いでいます。[2012年5月27日撮影:第4回エコカフェみんなの森づくり@阿部]

ミズスギ(水杉、学名:Lycopodium cernuum L.)はヒカゲノカズラ植物門ヒカゲノカズラ目ヒカゲノカズラ科ヒカゲノカズラ属のつる性常緑シダ植物。分布は本州東海地方以西、四国、九州、南西諸島、伊豆諸島、小笠原諸島、国外では亜熱帯、熱帯地域に広く、水田、湿地、山地の水条件の良い斜面、法面などに自生。120526ミズスギ@エコカフェ.JPG草丈は50pから60pほど、茎は主軸が地を這いよく分枝、直立茎の所々で側枝は立ち上がり、その先端に卵形の胞子嚢穂を1、2個下向きにつけます。葉は淡緑色、柔らかく、披針形で全縁、内向します。胞子葉は広卵形、辺縁に微突起、先は鋭く尖ります。

似たものに、長い柄を直立、分枝させ5、6個の胞子嚢穂をつけるヒカゲノカズラ、胞子嚢穂を単生するヤチスギラン、側枝が樹状に分枝し各小枝に胞子嚢穂を単生するマンネンスギなどが知られます。


関連記事(古代植物、ヒカゲノカズラ(日陰の葛))⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ



◎奄美大島の石原ヨシハラウエノ遺跡のある高台への階段脇の法面にしがみつくミズスギ[2013年4月12日撮影:奄美大島自然体験ツアー@阿部]
130411ミズスギ@エコカフェ奄美大島エコツアー_461s.jpg130411ミズスギ@エコカフェ奄美大島エコツアー_462s.jpg

 やや乾燥気味でした。

 2014.1.28追記



◎八重山群島石垣島にある沖縄県内最高峰の於茂登岳(標高525.5m)山中で見たミズスギ[2014年3月14日撮影:石垣島@山崎]
140315ミズスギ@エコカフェ.JPG140315ミズスギ@エコカフェ.JPG
 2014.5.18追記
posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※エコ・カフェ事務局が承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/86264611
※エコ・カフェ事務局が承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲このページのトップへ