カキノキ(柿の木)がたわわと

ビーグル号の航海日誌 2014年01月24日 20:43

131207カキ@エコカフェ(岩殿山).JPG岩殿山の麓の民家に続く谷間の場所に柿の木がありました。近年、山間部などでは過疎化が進み、庭木や果樹として植栽していたものが放置木となり、実りの秋には柿の実を求めてニホンザルやニホンジカ、ツキノワグマなどが出没するといいます。[2013年12月7日撮影:第18回自然観察会@阿部]

カキノキ(柿の木、学名:Diospyros kaki Thunb.)はツツジ目カキノキ科の落葉高木。分布は中国長江流域に自生、日本には弥生時代以降に移入。現在は本州、四国、九州の各地で果樹として栽培。131207カキノキ@エコカフェ.JPG1000を超える品種が知られ、渋柿と甘柿に大別されます。樹高は3mから15mほど、葉は互生し有短柄、葉身は広楕円形で全縁、葉先は短く尖ります。花期は5月から6月頃、雌雄異花、葉腋から裏面側に花を咲かせます。雌花は点々と離れて1つずつ咲き、黄白色で径1pから1.6pほど、雌蕊柱頭は4裂、雄蕊は小さく退化。雄花は集まって咲き、白色で径約8o、筒状の先端が4裂し黄白色、雄蕊8本、雌蕊は退化。果実は液果、橙色に熟します。

柿の果実にはタンニンが含まれ、若い果実は堅くタンニンは水溶性、熟すと不溶性となり果肉に黒紫色のシミが点々と入ります。若い果実から採取したタンニを塗った紙「渋紙」は水に強いため唐傘張ったりします。


関連記事(岩殿山尾根筋の山躑躅は狂い咲き?)⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ



◎埼玉県深谷市にあるエコカフェ・ミニ農園の近くの民家の軒先でみた柿の若い果実〔2013年7月14日撮影:深谷市@山崎〕
130714柿の実@エコカフェ(埼玉ミニ農園_2.jpg
 2015.2.25追記
posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※エコ・カフェ事務局が承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/85916098
※エコ・カフェ事務局が承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲このページのトップへ