大本山相国寺は禅宗起源の一派

ビーグル号の航海日誌 2014年01月19日 21:20

121127大本山相国寺@青柳.jpg121127大本山相国寺@青柳_n.jpg京都上京区にある相国寺は臨済宗相国寺派大本山の寺院、全国に末寺約100ヵ寺を擁す。創建は室町時代、1382年(永徳2年)、山号を萬年山、開基は足利義満、開山は夢想疎石。本尊は釈迦如来という。京都五山の第2位、五山文学のメッカであったそうです。[2012年11月27日撮影:京都上京区@青柳]

創建は義満が祖父尊氏の天竜寺建立にならったとし、往時には50余りの塔頭寺院を構えるほどであったが、戦火、大火により何度となく消失、復興を繰り返したという。明治初期の廃仏毀釈は威勢を削ぐには決定的でもあったとも。現存する法堂は1605年(慶長10年)に豊臣秀頼の寄進で再建、日本最古のもの。堂内天井には狩野光信による見事な「鳴き龍」が描かれています。鹿苑寺(金閣寺)慈照寺(銀閣寺)は、相国寺山外塔頭でもあります。

臨済宗は、中国禅宗五家(臨済、潙仰、曹洞、雲門、法眼)のひとつであって、宋時代の中国に渡り学んだ栄西らにより、鎌倉時代に日本に伝えられ、曹洞宗が豪商や民衆に広まったのに対して、武家政権に支持されていったそうです。相国寺派はその一派です。


関連記事(檀林寺は古の彼方に)⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ



posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※エコ・カフェ事務局が承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/85625131
※エコ・カフェ事務局が承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲このページのトップへ