ホウレンソウ(菠薐草)も優れもの

⇒寄港地だより 2014年01月13日 23:35

120113ほうれん草@エコカフェ.JPG白菜小松菜などとともに冬野菜を代表するものにホウレンソウがあります。エコカフェ・ミニ農園でも毎年、葉に切れ込みのあり根元が赤い東洋種と葉の丸い西洋種を栽培しています。種子は一代雑種のため購入しています。[2013年1月13日撮影:エコカフェ・ミニ農園@山崎]

ホウレンソウ(菠薐草、学名:Spinacia oleracea L.)はネデシコ目アカザ科ホウレンソウ属の野菜。雌雄異株。原産地は中央アジアから西アジア、東アジアにはシルクロードを経由して広まり、中国に7世紀頃、日本には江戸時代初期に移入。120113ほうれん草(西洋種)@エコカフェ.JPGちなみにヨーロッパにはアラブ経由で中世末期に広まったとされます。ほうれん草は気温が5℃を下回ると成長が停まり、低温ストレスで糖度が上昇し、ビタミンC、ビタミンE、β-カロチンの濃度が増すことが知られています。また、葉酸やシュウ酸が多く含まれます。

ほうれん草が貧血予防によいとされるのは、葉酸が鉄分の体内吸収を促進する働きがあるからです。小松菜に比べて含有鉄分は少ないにもかかわらず効果は大きいのですね。一方、シュウ酸の過剰摂取は結石(シュウ酸カルシウム)生成誘因となるため、削り節などカルシウムを多く含む食品と食べ合わせ、体内吸収を抑えるとよいそうです。ほうれん草のお浸しに鰹節をかけるのは単に美味しいからだけではないのです。


関連記事(風評被害に負けるな)⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ


タグ:野菜
posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※エコ・カフェ事務局が承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/85267199
※エコ・カフェ事務局が承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲このページのトップへ