キャベツ(玉菜、甘藍)も美味しい

⇒寄港地だより 2014年01月13日 15:43

131229キャベツ@エコカフェ.JPG冷え込みが厳しくなるこの時期、キャベツの甘さはぐんと増します。白菜は鍋に良いですが、キャベツは炒めものや煮ものにもよくあいます。茹でてポン酢で食べるのも美味しいですよね。無農薬で栽培していますが、実際は葉が堅いためか白菜ほど虫はついていないようです。安心して生食できますね。[2013年12月29日撮影:エコカフェ・ミニ農園@山崎]

キャベツ(学名:Brassica oleracea L. var. capitata)はフウチョウソウ目アブラナ科アブラナ属の多年草で野菜。原種は非結球タイプで地中海沿岸に自生、紀元前6世紀頃にケルト人が栽培化、ヨーロッパに伝搬する中で結球タイプに品種改良。日本には9世紀頃に移入し普及、今日のものは12、13世紀頃にイタリアで品種改良したものが期限とされているそうです。ヤセイカンランの変種とされます。

コマツナがビタミンAを多く踏むのに対してビタミンCや塩化メチルメチオニンスルホニウム(別名:ビタミンU)を多く含むとされます。ビタミンUは胃酸分泌を抑え胃粘膜の修復を助ける働きがあることから、胃腸薬の成分(キャベジン)になります。


関連記事(無施肥無農薬の冬野菜を)⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ


◎しっかり結球が育っているキャベツ[2013年1月13日撮影:エコカフェ・ミニ農園@山崎]130113きゃべつ@エコカフェ.JPG

 2014.1.13追記
タグ:野菜
posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※エコ・カフェ事務局が承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/85235861
※エコ・カフェ事務局が承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲このページのトップへ