カブ(蕪)は美味しい

⇒寄港地だより 2014年01月12日 21:29

131229かぶ@エコカフェ.JPG冬野菜にカブがあります。「すずな」と言ってダイコン(すずしろ)とともに春の七草のひとつでもあるのです。繊細な舌触りと上品な香りがいいですよね。日本には西日本には中国経由でアジア系のもの、東日本にはシベリア経由でヨーロッパ系のものが移入し定着しているという。[2013年12月29日・2014年1月11日撮影:エコカフェ・ミニ農園@山崎]

カブ(蕪、学名:Brassica rapa L. /Brassica rapa var. glabra)はフウチョウソウ目アブラナ科アブラナ属の越年草(ヨーロッパ系/アジア系)。140111かぶ@エコカフェ.JPG原産地はヨーロッパ系で中近東から地中海沿岸、アジア系でアフガニスタン、日本には古く縄文時代後期には移入と考えられています。現在では栽培品種が利用され、春まき、夏まき、秋まきがあります。

古く伝来したこともあり、各地で独自に品種改良が進んだことから、大豆ほどではありませんが、聖護院かぶ、天王寺かぶ、日野菜かぶ、などが伝統野菜として知られます。


関連記事(夏野菜の美味しい季節に)⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ



posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※エコ・カフェ事務局が承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/85186369
※エコ・カフェ事務局が承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲このページのトップへ