エゾアワビ(蝦夷鮑)に舌鼓

ビーグル号の航海日誌 2014年01月12日 13:17

140111エゾアワビ@エコカフェ.JPG南三陸産アワビ、エゾアワビが届きました。アワビは高級食材のひとつでコリコリとした食感と栄養価も高く美味ですね。日本にはアワビの仲間は10種が知られています。エゾアワビはクロアワビの北方系亜種という。[2014年1月11日撮影:芳賀邸@山崎]

エゾアワビ(蝦夷鮑、学名:haliotis discus hannai Ino)はオキナエビス目(原始腹足目)ミミガイ科アワビ属の巻貝。分布は北海道日本海側、津軽海峡沿岸から東北地方沿岸に及び、潮間帯から水深10mほどの岩礁域に生息。殻は長楕円形、長さは20p、幅は17p、高さは7pほど、殻表に呼水孔が4、5個ほど並びます。殻表の波状の凹凸が基本亜種クロアワビより著しいという夜行性で食性は藻食性でコンブなど大型の褐藻類を好んで食します。殻の色はこの餌の種類によって暗緑色から茶褐色まで多様です。産卵期は9月から11月頃、呼水孔からオスは精子をメスは卵子を放出します。成長は遅いという。

日本人は縄文時代のころから食しており、特に真珠層に解熱作用があることから漢方薬「鮑玉」としても利用されてきたという。古く伊勢神宮では神事に熨斗鮑を縁起物として配ったことから一般に進物に熨斗鮑が添えられ、今日では簡略化された熨斗紙が代用されるに至っているそうです。


関連記事(秋刀魚の干物とは)⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ


posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※エコ・カフェ事務局が承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/85148694
※エコ・カフェ事務局が承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲このページのトップへ