封印された太古の足跡が波浪に洗われ

ビーグル号の航海日誌 2014年01月05日 19:18

2006珊瑚礁の島@エコカフェ小笠原データ 126.jpg小笠原諸島父島列島南島沈水カルスト地形からなる珍しい景観を見せてくれています。第3紀頃(260万年前頃)にもっと南の海で成長した珊瑚礁が起源とされます。一度、隆起し雨水に溶解した石灰岩が沈降してできたものです。
この南島は、最終氷期(ヴィルム氷期:7万年前頃から1万年前頃)には、兄島や弟島などの属島とともに巨大な一つの父島をつくっていたと考えられています。この頃、南島の向かい側にある父島の南端のジョンビーチやジニービーチ、南崎の周辺は広大なカルスト台地を形成。2006南島@エコカフェ小笠原データ 107.jpgカルスト台地は雨水、地下川の浸食を受けて地上にドリーネや地下に鍾乳洞をつくっていたはずです。今は海面下です。
最終氷期後に海水面が最寒冷期に比べて130mも上昇すると、両地の間には現在のような浅い珊瑚礁からなる瀬が広がることになりました。南島では、白い砂浜の上に1万年前頃から1千年前頃まで生きていたとされるヒロベソカタマイマイの半化石が大量に散乱しています。もちろん他にも両地に共通のニュウドウカタマイマイなどの化石も見られます。
ただただ美しい造形美を見せてくれるだけではなく、そこには深く思いも及ばぬ地球のドラマが隠されているようです。宮古島の下地島にも素晴らしい沈水カルストがあります。ぜひに。


関連記事(半化石のヒロベソカタマイマイ)⇒
関連記事(江ノ島の形成史)⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ


posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※エコ・カフェ事務局が承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/84568576
※エコ・カフェ事務局が承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲このページのトップへ