雨と雲に包まれる花崗岩の山と森

ビーグル号の航海日誌 2014年01月03日 20:00

081106山中@エコカフェ屋久島エコツアー 042.jpg屋久島の生命エネルギーは日本一でしょう。ひと月に35日も雨が降るといわれるくらいよく雨が降ります。南からの暖流黒潮が屋久島にぶつかり湿った空気が、太陽に暖められた屋久島の大地に上昇気流に乗って上空高くに立ち昇り、冷やされて雲が湧き雨粒となるのです。
この雨が屋久島の森を潤し、生命を育むのです。1000年を超える屋久杉だけではなく、ヒメシャラなども巨木化します。森には草木から放出される活性化物質が満ちています。
130411屋久島@エコカフェ奄美大島エコツアーs_578.jpg081106雲霧@エコカフェ屋久島エコツアー2 048.jpgエコカフェで訪ねた森の中で私たちに一番エネルギーを与えてくれた、要は生理的に身体を元気にしてくれた森と言えます。歩いていて余り疲れを感じないのです。
上空から見た屋久島は、中心を山々が織りなし、深い森と豊潤な水を抱える島であることがよくわかります。屋久島のことを識ったからには、もう一度、ぜひ訪ねてみたいと思います。


関連記事(屋久杉の巨木化の謎に)⇒
関連記事(豊かな水に支えられ)⇒
関連記事(屋久島エコツアー報告書 [特別企画])⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ


posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※エコ・カフェ事務局が承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/84407448
※エコ・カフェ事務局が承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲このページのトップへ