最上川を往来する小鵜飼舟に

⇒寄港地だより 2013年12月20日 22:54

131203酒田丸@エコカフェ(森本).jpg最上川は稲作が盛んな米沢盆地、山形盆地、庄内平野を流れ、日本海に注ぐ。時は1759年(宝暦9年)、米沢藩は最上川上流の急流でも運航できる小型船として「小鵜飼舟」を建造したという。酒田市内の山居倉庫脇に船大工の木村成男氏の造った「酒田丸」が復元展示されています。[2013年12月3日撮影:山形酒田@森本]

酒田市並木@エコカフェ(森本)_n.jpg小鵜飼船@エコカフェ(森本)n.jpg小鵜飼舟は、櫂や帆で進み、急流を上る時は綱で曳くというものです。人力と風力の組み合わせで長閑なものです。3人乗り、全長15m、全幅2m、米30表から50表、重量換算で2tから3tを運ぶことができたという。ディーゼルエンジンのない時代、河川の多い日本において舟運は重要な交通手段であったのです。内陸から年貢米、染料や食用油原料の紅花、繊維原料の青苧などの特産品、大豆、小豆、たばこ、蝋、漆、菜種などが運ばれ、酒田港から北前船で大阪、京都に送られ、上方からは塩、干魚、茶、繰綿、瀬戸物などが大量に運ばれたという。もちろん、京文化も伝搬し、新庄、大石田、谷地の祭は京都祇園祭の流れをくむそうです。
酒田市@エコカフェ(森本).jpg
江戸時代には左沢より上流のみで利用、明治時代になりひらた舟のみが航行していた下流域でも利用できるようになったといいます。皆さんもぜひお訪ね下さい。


関連記事(和舟漕ぎに挑戦!)⇒
posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※エコ・カフェ事務局が承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/82870372
※エコ・カフェ事務局が承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲このページのトップへ