五台山清凉寺の由緒は

ビーグル号の航海日誌 2013年12月18日 23:33

五台山清涼寺(嵯峨野釈迦堂)@青柳n.jpgひとつの寺院も創建から今日までひとつ道を真っ直ぐに辿ってきたとは限らない。何度も戦乱にあったり、大火に見舞われたり、大地震にあったり、宗派の交代があったり、事情はそれぞれ異なるようだ。京都奥嵯峨野にある五台山清凉寺、「嵯峨釈迦堂」もそんな寺院のひとつであろう。[2013年11月24日撮影:京都嵯峨野@青柳]

元々この地には、源融公の山荘があって、没後896年(寛平8年)、子息が阿弥陀三尊像を造って阿弥陀堂に祀り、棲霞寺(せいかじ)とし、釈迦堂も建てられた。平安中期になり、「然(ちょうねん)上人が宋より持ち帰った釈迦如来像「三国伝来の釈迦像」を、弟子の盛算がそそ釈迦堂に奉り本尊とし、清凉寺としたという。当時、比叡山延暦寺に対応する南都系旧仏教の中心としようとの意図があったとも言われています。

中世以降には「融通念仏の道場」としても知られるようになり、1530年(享禄3年)に華厳宗から浄土宗に改宗し、今日に至るのですね。


関連記事(小倉山二尊院に古の栄華を)⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ


posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※エコ・カフェ事務局が承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/82775801
※エコ・カフェ事務局が承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲このページのトップへ