檀林寺は古の彼方に

ビーグル号の航海日誌 2013年12月18日 08:33

京都嵯峨野、祇王寺の参道途中にある檀林寺を紹介します。平安時代初期に遡る由緒ある寺だが、室町時代に廃寺となり、1964年(昭和39年)に浄土宗大覚寺派の寺として再興したとか。本尊は准胝観音菩薩。ところが、実際は骨董屋であって寺としての機能はないらしい。どうなっているのでしょう。[2013年11月24日撮影:京都嵯峨野@青柳]

檀林寺@青柳_n.jpg創建は815年(弘仁6年)、開基は嵯峨天皇の后橘嘉智子(檀林皇后)、開山は義空。臨済宗の寺であって京都尼五山第三位であった。盛時には塔頭・子院12坊がある平安初期の仏教文化の中心地、我が国で禅が初めて唱えられた寺とも伝えられる。応仁の乱後に衰退し後年廃寺。寺跡には足利尊氏により天龍寺が建てられています。

尼五山は室町時代に五山の制に倣い臨済宗の尼寺に導入。京都と鎌倉に定められた。京都尼五山は、景愛寺、護念寺、檀林寺、恵林寺、通玄寺をさすが往時の姿はない。


関連記事(宵闇に浮かぶ京都五山送り火)⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ


posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※エコ・カフェ事務局が承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/82740842
※エコ・カフェ事務局が承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲このページのトップへ