オクマワラビ(雄熊蕨)も毛むくじゃら

ビーグル号の航海日誌 2013年12月10日 23:34

120922オクマワラビ@エコカフェ.JPG小石川植物園のシダ植物コレクションからクマワラビの近縁種であるオクマワラビを紹介します。名前の由来にもあるように、こちらも葉茎は毛むくじゃらのようです。[2012年9月22日撮影:小石川植物園@阿部]

オクマワラビ(雄熊蕨、学名:Dryopteris uniformis (Makino) Makino)はオシダ科オシダ属の常緑性シダ植物。分布は北海道奥尻島、本州、四国、九州、国外では朝鮮半島、中国東部に及び、丘陵や山地の林縁や林床などに自生。草丈は50pから80pほど、根茎は太く直立か斜上、葉は束生し、葉茎に黒褐色の広披針形から線形の鱗片が密生。葉は長楕円状披針形の1回羽状複葉(時に下部は2回羽状深裂)で光沢のない革質、葉身30pから60pほどで葉先は鋭く尖ります。羽片は線状長楕円形で尾状に尖ります。さらに羽状深裂する裂片は長楕円形で鈍頭、上部に微鋸歯がつきます。胞子嚢群(ソーラス)は腎円形の苞膜に包まれ、葉身上部の羽片主脈両側に1個ずつつきます。

本種はクマワラビに似るが胞子嚢群がついた羽片が縮れることがないので区別は容易なようです。縮れることがなく立派だから「雄」としたのでしょう。


関連記事(クマワラビ(熊蕨)は毛むくじゃら)⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ


◎甲斐国にある岩殿山(標高634m)登山口近くでみたオクマワラビ[2013年12月7日撮影:第18回自然観察会@山崎]
131207オクマワラビ@エコカフェ.JPG131207オクマワラビ胞子のう群@エコカフェ.JPG
 2014.9.8追記
posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※エコ・カフェ事務局が承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/82314969
※エコ・カフェ事務局が承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲このページのトップへ