岩殿山尾根筋の山躑躅は狂い咲き?

⇒自然観察会 2013年12月08日 17:42

131207ヤマツツジ花@エコカフェ.JPG山梨大月の岩殿山(標高634m)から稚児落としへの尾根筋でヤマツツジ(山躑躅)がたくさんの花を咲かせているのに出会いました。地球温暖化だからといって、春咲くはずの花がこの寒空の下で咲いているとは何事が起こっているのでしょうか。花は2カ所、3株が枯葉をつけたまま、または、葉を全て落としたまま、花を満開に咲かせていたのでした。[2013年12月7日撮影:第18回自然観察会@阿部]

調べてみるとツツジの仲間には春と秋との二季咲きのものもあるようです。ただし、岩殿山のヤマツツジが毎年のように春、晩秋または初冬に咲くものかは確認しておりませんが。131207ヤマツツジ花@エコカフェ.JPG

枯葉と花、落葉と花、とは何故かと好奇心を誘われます。花言葉に「燃える思い」とあるように、時間をかけてなぜこの時期に花を咲かせるのかしっかり調査していきたいと思います。


関連記事(ヤマツツジ(山躑躅)は鮮やか)⇒
posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※エコ・カフェ事務局が承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/82116578
※エコ・カフェ事務局が承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲このページのトップへ