メヤブソテツ(女藪蘇鉄)は変わり者

ビーグル号の航海日誌 2013年12月06日 21:20

120922メヤブソテツのソーラス@エコカフェ.JPG120922メヤブソテツ@エコカフェ.JPG小石川植物園のシダコレクションからちょっと変わり者のメヤブソテツを紹介します。何が変わっているのかというと中央構造線の南側、栄養価の低い石灰岩質の土壌をあえて好むことです。[2012年9月22日撮影:小石川植物園@阿部]

メヤブソテツ(女藪蘇鉄、学名:Cyrtomium caryotideum (Wall. ex Hook. et Grev.) Prl.)はオシダ科ヤブソテツ属の南方系の常緑性シダ植物。分布は本州(関東地方、中部地方南東部、紀伊半島)、四国、九州、南西諸島、国外ではヒマラヤから台湾、フィリピン、ハワイに及び、山地林下の石灰岩質の岩場などに多く隔離して自生。草丈は40pから70pほど、根茎は短く斜上、数枚の葉を叢生、葉柄下部に鱗片がつき、1回羽状複葉で羽片は2対から6対ほど、羽片基部上側に鋭い耳片があり縁に先端がのぎ状の細鋸歯。胞子嚢群(ソーラス)は葉裏の中肋寄りに散在、包膜の縁にも細鋸歯があります。

似ている羽片の広いものには、耳垂のなく基部の丸いヒロハヤブソテツ、羽片が上に湾曲せず包膜中心が黒褐色のミヤコヤブソテツがあるが、よく見れば違いは分かるでしょう。


関連記事(最前線のヒメオニヤブソテツ(姫鬼藪蘇鉄))⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ


posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※エコ・カフェ事務局が承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/82015712
※エコ・カフェ事務局が承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲このページのトップへ