ノグルミ(野胡桃)は松毬のよう

ビーグル号の航海日誌 2013年12月03日 23:12

120504ノグルミ@エコカフェ.JPG小石川植物園内の森からノグルミを紹介します。果実は見た目が棘状の松毬のようですが、食用にならないという。今回は季節的に果実を確認することはできませんでしたが。[2012年5月4日撮影:小石川植物園@山崎]

ノグルミ(野胡桃、学名:Platycarya strobilacea Sieb. et Zucc.)はクルミ科クルミ属の落葉高木。分布は本州神奈川県以西、四国、九州、南西諸島、国外では台湾、中国、朝鮮半島に及び、山地の日当たりのよい場所に自生。120504ノグルミ樹皮@エコカフェ.JPG樹高は5mから10m、時に30mほど、樹皮は灰褐色で縦裂、若枝に軟毛が密生するがやがて脱落。葉は互生し、奇数羽状複葉で葉柄と葉軸に軟毛が生え、小葉は5対から7対。小葉はほぼ無柄、葉身5pから10pほどの披針形で葉縁に尖鋭鋸歯、葉先は鋭尖。葉裏は脈上に軟毛が散生し、油点が散在。花期は6月から7月頃、雌雄異花、本年枝先に穂状花序を数本直立、頂生の1個が雌花序、周囲は雄花序。雌花序の先端につく雄花序は脱落。雄花は苞長役2.5oの卵状披針形で雄蕊9本前後、雌花は苞長役3oの卵形で先が尾状に尖り、子房が苞下部と合着、子房周囲に小苞がつき、花柱は太く2裂

果実は松毬のように苞の間に1個ずつでき、径約5oの扁平な広倒卵形で先が尖り、小苞が発達した翼をもち、熟すと落下します。典型亭な風散布のようです。果穂は松毬に似て、長さ2、3pの卵状楕円形、苞が密に重なり棘状になります。不思議ですね。


関連記事(オニグルミ(鬼胡桃)も実りの季節に)⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ


posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※エコ・カフェ事務局が承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/81885806
※エコ・カフェ事務局が承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲このページのトップへ